写真とPhotoshopと私

こんにちは、kotsumeです!

久しぶりにちょっとゆるゆるお話ししてみようかと、画面に向かっております。私が写真と出会い、Photoshopと出会い、レタッチャーになるまでのお話。

というのも先日、昔の写真を眺めていてとても懐かしい写真を発掘しました。
それは、2015年、Photoshop25thのイベントに参加した時のもの。


Photoshop創始者、開発者であるトーマス・ノール氏。
( とっても気さくな方!右下は、私です笑
 )

 そして、こちらが歴代のPhotoshopパッケージと、

バージョン1のPhotoshop画面。

(スタンプ機能を始め、今でも変わらず並んでいるツールアイコンばかり!バージョン1で既に現在のPhotoshopの原型が出来ていたことがわかります)

 


 
カメラ・写真との出会い

私がカメラを持つようになったのは、うろ覚えですがおそらく中学生のころ。当時はまだデジタル写真は出始め、修学旅行などに行くとなれば [ 写るんです ]が主流の時代です。

デジタルカメラがまだ珍しかったころ、PCを組み立てたりすることが趣味だった父が意気揚々とデジタルカメラを購入し、何枚でも撮れる!、と面白がって半ば奪って遊び始めたのがきっかけでした。

その後、写真を「撮る」ことに夢中に。家にあったデジタルカメラを何度か壊し笑、飽き笑、フィルムカメラにハマり…大学生ぐらいからまたデジタル一眼を使うようになっていきました。

そこからは写真学校へ通ったり、アシスタントについたりと写真の世界にどっぷりハマり、巡り巡ってレタッチャーへ転身、今に至ります。

 

  
Photoshopとの出会い

私がデジタルカメラに出会う少し前のこと、あれはおそらく小学校高学年?ぐらいかな?当時家にあった父のMacの中に入っていたお絵かきソフトにハマった時期がありました。そのもっと前にはワープロで遊んでいたりもしましたが、色を塗ったり、ぐるぐると線を書いたり、スタンプで遊んでいた記憶があります。

そんななかでPhotoshopがリリース。こちらもやはり、父が興味津々手に入れ、我が家のパソコンにも導入されました。

と言っても、周りには父含め誰も満足に使える人はいなかったので、何もわからないままお絵かきしたり、トーンカーブをいじって遊んだり、というのを繰り返していたと思います。

自分で使わないのになぜ買ったのか謎ですが、この出会いこそ、今、全てに繋がっているので感謝ですね。

 

HP作成をきっかけに写真加工を始める

高校生になると、撮影した写真を誰かに見せたい、共有したい!とHTTPの勉強をして、簡単なものでしたがHPを作成するように。そこから、Photoshopを利用した写真加工をスタート。相変わらず訳がわからないトーンカーブをいじったりして、適当なものでした笑

 

「撮る」より「レタッチ」へ

ターニングポイントとなったのが、カメラマンのアシスタントになったこと。ここでプロの現場を目の当たりにした私は、「撮る」ことでは食べていけないと直感的に確信。撮ることと同じくらい好きだった「レタッチ」の勉強を改めてすることを決意しました。学校に通い、レタッチ専門の会社に勤め、今に繋がっています。アシスタント〜レタッチの会社勤めをしていた数年間は、とにかく大変だった!

私の苦労話をするつもりはありませんが笑、この時の経験があってこそ、フリーランス・講師としての今があるので、とても濃い数年間でした。

 


 

冒頭で紹介したイベントの写真、開発者のトーマス氏の写真を久しぶりに見て、なんだか身の引き締まる思いでした。小さい頃からPhotoshopで遊んでいました!と確かお話ししたような。。

しかも、2015年は私がフリーランスになったばかりの年。色々な思い出が蘇りました。udemyで講師を始めたのはこれから2年後のこと。

 

私にとってPhotoshopは小さな頃からとても身近なもので、Photoshop歴20数年、と言っても最初の頃は私にとっては遊び相手のような存在だったなと思います。そして、そんな環境においてくれた両親に感謝。。

 

というわけで、突然昔話に花を咲かせてしまいましたが笑
Photoshopや写真・カメラとの出会いについてちょっとお話してみました。

 
それでは今日はこの辺で。
 
  
  
kotsume 🙂
   


▼Udemyにて、新コース公開!よければぜひ、チェックしてみてくださいね▼

[ Photoshop プロが現場で使うショートカットキー75種類+ 作業効率を3倍に!実践しながら50分で速習する講座 ]


>> 
kotsumeのインスタはこちら 🙂


Photoshop 2021新機能!肌をスムーズに / ニューラルフィルター

今回は、ニューラルフィルターの注目機能の1つ、「肌をスムーズに」という機能についてご紹介していきたいと思います!

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

前回の投稿ではニューラルフィルターの概要についてお伝えしましたが、今回はいよいよ!実際に新しい機能がどんなものなのか、どれだけ便利なのか、その使用感をお伝えしていこうと思います。

というか・・・更新頻度が遅すぎて最新機能感が薄れつつありますね(泣)

 

[肌をスムーズにしてみました]
  


 
「肌をスムーズに」機能とは?

ニューラルフィルターを開くとまず最初に目に飛び込んでくる「肌をスムーズに」というフィルター名。

説明するまでもなく、文字通り肌をスムーズにする機能になります。実際に、こちらの女性で試してみましょう。この画像に「肌をスムーズに」フィルターをかけてみると。。。

 

なんと、ちょっとした操作でここまで肌を綺麗にしてくれます!
拡大してみると…

 

 

 

シミなどは消えているにも関わらず、拡大してよーく見てみると、きちんと肌のキメが残っているのがわかるでしょうか?肌を綺麗にする機能やアプリってよく見かけますが、その殆どがただ肌をぼかしてヌルッとツルッとするだけなのに対し、

この、処理をしても

肌のキメが残っているのはすごいこと!

毛穴をもっと消したい、という場合にはその一歩手前でとどまる印象なので物足りない結果になるかもしれませんが。私個人的には、“レタッチャー的には” 逆にそこが素晴らしいと思いました。本当、もう一度言いますね。

 

サクッと肌をスムーズにしてもなお、肌のキメが残っているのはすごい!!

なぜキメが残っているのが良いか、というのは長くなるので(笑)別の記事でまとめたいと思います^^;


  
使い方は簡単!

さて、どれくらいサクッとこの処理をしているのか?というと。
使い方はとてもシンプル。

①フィルター/ニューラルフィルターを起動

②肌をスムーズにのフィルターをON

③「ぼかし」スライドと「滑らかさ」スライドを調整する

 
以上です!

 

本当に簡単です笑

たった2つのスライドを調整するだけで、これまで何分もかけて綺麗にしてきた作業をやってくれるなんて、一昔前では信じられません。(会社員時代にあればよかったのにと心底思います…)

 

ちなみに、ニューラルフィルターウィンドウの下部にある、このアイコン。

クリック(ON/OFF)すると、Before / Afterを確認できます。
▼▼

 


 
「ぼかし」と「滑らかさ」 

さて、この「肌をスムーズに」機能には2つの調整スライドが用意されています「ぼかし」と「滑らかさ」、この2つのスライドでどのような効果が得られるのか、少しご紹介したいと思います。

 

【 ぼかしのスライドで調整できること
「ぼかし」のスライドは、初期設定では真ん中の50
、一番右が100 、一番左が0、という設定になっています。

ぼかしスライドを右に、数値を高くしていくと、肌全体にぼかしを入れるような印象に。反対に数値を低くしていくと、肌のキメが細かくなっていき、オリジナルの画像よりもかなりシャープな印象に仕上がります。


【 滑らかさのスライドで調整できること
 】
「滑らかさ」のスライドは、初期設定では真ん中の0、一番右が50、一番左が-50という設定になっています。


滑らかさのスライドを右に、数値を高くしていくと、光の当たり方、陰影を弱めて肌をスムーズに、滑らかにする印象です。反対に左、マイナス方向へ持っていくと、少し陰影が強くなるような印象になります。

 

それぞれ画像によって調整度合いが変わってくると思いますが、肌をスムーズに機能をONにしただけで、スライドを調整しなくても肌はある程度綺麗に整いますので、この2つのスライド調整は絶対必要というわけでもないかなと、個人的には思います。

画像に合わせて、結果に合わせて、適宜調整してみてくださいね。

 


今回は、肌をスムーズに機能の具体的な使い方についてご紹介しました!この機能、レタッチャーの私から見てもかなり使える機能だなーと、感じます。その理由についても、また別の記事でそのうちお伝えできたらと思います。

 

そして、この「肌をスムーズに」機能の詳しい使い方も含めた、肌レタッチのオンラインコースをudemyにて販売しています。肌のレタッチについてもっと詳しく、レタッチ方法を知りたい!という方は、udemyのコースもぜひチェックして頂けたらと思います^^

 

▼オンライン(udemy)で肌のレタッチ方法を学べます!
Photoshop2021対応!上級者への90分!広告業界で通用する美肌を作る〜シミの除去から仕上げのコツまで〜

 

それでは今日はこの辺で。
 
  
  
kotsume 🙂


▼ニューラルフィルター全体の概要についてはこちら▼
Photoshop2021新機能!Neural Filter / ニューラルフィルターとは!?
 

>> kotsumeのインスタはこちら 🙂

Photoshop 2021新機能!Neural Filter/ニューラルフィルターとは!?

先日、世界同時開催で行われたAdobeのオンラインイベント、Adobe MAX。もちろん私も参加して、Photoshopの最新バージョン、Photoshop2021に搭載された新機能に関するセッションをいくつか視聴しました!

世界同時なので2日間24時間、とにかくたくさんのセッションが行われてなかなかヘビーでしたが。。英語圏のセッションもたくさん見ることができ、とても面白かったです。そしてAdobeの進化に驚くばかり。。。

というわけでこんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

今回は、、2020年10月現在で最新バージョンのPhotoshop2021に搭載された新機能の中から、ニューラルフィルターの概要をまとめてみようと思います!


 

[  ニューラルフィルターとは?]  

ニューラルフィルターで出来ること

ニューラルフィルターでは、AdobeのAIシステム、「Adobe sensei」を駆使して画像に様々な特殊効果をかけることが出来る機能になります。

2020年10月末現在、ニューラルフィルターで出来ることは以下の通り。

  1. 肌をスムーズに:顔のニキビやシミ、肌荒れ等を改善
  2. スタイルの適用:絵画等の色彩やタッチを元に印象的な効果を加える
  3. スマートポートレート:顔の表情を変える、人物の年齢層を変える
  4. メイクアップを適用:サンプル画像を元に顔写真にメイクを施す
  5. 深度に応じたかすみ:画像のもつ被写界深度を元にかすみを加えて印象的にする
  6. カラー化:モノクロ写真をカラーに変換する
  7. スーパーズーム:画像の一部分を切り取り、低解像度の画質を向上させる
  8. JPEGのノイズを削除:JPEG画像のノイズを削除

 

 いかがでしょう?かなり魅力的なキーワードばかり!!

上記の中で3〜8はまだベータ版で使用可能な状態。つまり、まだまだ開発途中ですね。さらに上記に加えて、まだ使用はできませんが現在開発が進んでいる(or 開発を検討している?)項目もいくつか見られるようになっています。

現時点でもかなり素晴らしく、面白い機能ばかりなんですが、全体的にユーザーからのフィードバックを募っているようで、まだまだ進化の余地あり、といった印象です。
 


まずはフィルターをダウンロード

ニューラルフィルター、実はクラウドを使用した機能になるので、Photshopを開けば出来る、というわけではないんです。

Photoshopメニューバーのフィルター/ニューラルフィルターを開きます。

▼新しいウィンドウが出てきて、フィルターが並んだウィンドウを見てみると。。

まだダウンロードされていないフィルターには雲に矢印のマークが。ここをクリックして自分のPhotoshopにクラウド上からダウンロードすることで初めて、フィルターを使えるようになります。

   
※ダウンロードすると、上記画像の「肌をスムーズに」という文字横にあるように、スイッチのアイコンに変わります画像はONの状態。ONにする = フィルターがかかります。
 

▼他のフィルターも同様です。

▼クラウドからダウンロードするため、まずはインターネット環境が必須!

 


 
ネット環境が必要なフィルター

Photoshopにダウンロードして初めて様々なフィルターが使用できるようになるニューラルフィルターですが、ダウンロード後も、引き続きインターネット環境が必要なフィルターもあるようです。

その場合は、下記画像のように注意書きが出てきますので、外出先で作業をする場合は気をつける必要がありそうです。

 


まだまだ進化するフィルター

ニューラルフィルター内のフィルターの多くがまだベータ版となっており、さらにAdobeへフィードバックを送る要素も多く含まれています。

きっとユーザーからのフィードバックを元にAdobe senseiを進化させ、さらにパワーアップしたツールになっていくんだと思います。

 

と同時に、現在開発中?なのか、項目はあるけどまだ使用できないフィルター、というのも含まれています

 


  
というわけで、記事一つにニューラルフィルターの全てを詰め込むのは難しく…^^;
今回は概要、ということでまずは概要についてお伝えしました。

項目を見てるだけでもワクワクしますね。。

ちなみにAdobe MAXのセッションを視聴して、さらに自分で色々と試してみて、私個人的には大興奮な機能でした!次回の投稿から少しずつ解説していけたらと思っております(なるべく早めに・・T-T)ので、楽しみにしていてください!

もちろん、そんなに難しいツールではないので、私なりの使い方の提案などもしていけたらと思います!

それでは今日はこの辺で。
 
  
  
kotsume 🙂