写真とPhotoshopと私

こんにちは、kotsumeです!

久しぶりにちょっとゆるゆるお話ししてみようかと、画面に向かっております。私が写真と出会い、Photoshopと出会い、レタッチャーになるまでのお話。

というのも先日、昔の写真を眺めていてとても懐かしい写真を発掘しました。
それは、2015年、Photoshop25thのイベントに参加した時のもの。


Photoshop創始者、開発者であるトーマス・ノール氏。
( とっても気さくな方!右下は、私です笑
 )

 そして、こちらが歴代のPhotoshopパッケージと、

バージョン1のPhotoshop画面。

(スタンプ機能を始め、今でも変わらず並んでいるツールアイコンばかり!バージョン1で既に現在のPhotoshopの原型が出来ていたことがわかります)

 


 
カメラ・写真との出会い

私がカメラを持つようになったのは、うろ覚えですがおそらく中学生のころ。当時はまだデジタル写真は出始め、修学旅行などに行くとなれば [ 写るんです ]が主流の時代です。

デジタルカメラがまだ珍しかったころ、PCを組み立てたりすることが趣味だった父が意気揚々とデジタルカメラを購入し、何枚でも撮れる!、と面白がって半ば奪って遊び始めたのがきっかけでした。

その後、写真を「撮る」ことに夢中に。家にあったデジタルカメラを何度か壊し笑、飽き笑、フィルムカメラにハマり…大学生ぐらいからまたデジタル一眼を使うようになっていきました。

そこからは写真学校へ通ったり、アシスタントについたりと写真の世界にどっぷりハマり、巡り巡ってレタッチャーへ転身、今に至ります。

 

  
Photoshopとの出会い

私がデジタルカメラに出会う少し前のこと、あれはおそらく小学校高学年?ぐらいかな?当時家にあった父のMacの中に入っていたお絵かきソフトにハマった時期がありました。そのもっと前にはワープロで遊んでいたりもしましたが、色を塗ったり、ぐるぐると線を書いたり、スタンプで遊んでいた記憶があります。

そんななかでPhotoshopがリリース。こちらもやはり、父が興味津々手に入れ、我が家のパソコンにも導入されました。

と言っても、周りには父含め誰も満足に使える人はいなかったので、何もわからないままお絵かきしたり、トーンカーブをいじって遊んだり、というのを繰り返していたと思います。

自分で使わないのになぜ買ったのか謎ですが、この出会いこそ、今、全てに繋がっているので感謝ですね。

 

HP作成をきっかけに写真加工を始める

高校生になると、撮影した写真を誰かに見せたい、共有したい!とHTTPの勉強をして、簡単なものでしたがHPを作成するように。そこから、Photoshopを利用した写真加工をスタート。相変わらず訳がわからないトーンカーブをいじったりして、適当なものでした笑

 

「撮る」より「レタッチ」へ

ターニングポイントとなったのが、カメラマンのアシスタントになったこと。ここでプロの現場を目の当たりにした私は、「撮る」ことでは食べていけないと直感的に確信。撮ることと同じくらい好きだった「レタッチ」の勉強を改めてすることを決意しました。学校に通い、レタッチ専門の会社に勤め、今に繋がっています。アシスタント〜レタッチの会社勤めをしていた数年間は、とにかく大変だった!

私の苦労話をするつもりはありませんが笑、この時の経験があってこそ、フリーランス・講師としての今があるので、とても濃い数年間でした。

 


 

冒頭で紹介したイベントの写真、開発者のトーマス氏の写真を久しぶりに見て、なんだか身の引き締まる思いでした。小さい頃からPhotoshopで遊んでいました!と確かお話ししたような。。

しかも、2015年は私がフリーランスになったばかりの年。色々な思い出が蘇りました。udemyで講師を始めたのはこれから2年後のこと。

 

私にとってPhotoshopは小さな頃からとても身近なもので、Photoshop歴20数年、と言っても最初の頃は私にとっては遊び相手のような存在だったなと思います。そして、そんな環境においてくれた両親に感謝。。

 

というわけで、突然昔話に花を咲かせてしまいましたが笑
Photoshopや写真・カメラとの出会いについてちょっとお話してみました。

 
それでは今日はこの辺で。
 
  
  
kotsume 🙂
   


▼Udemyにて、新コース公開!よければぜひ、チェックしてみてくださいね▼

[ Photoshop プロが現場で使うショートカットキー75種類+ 作業効率を3倍に!実践しながら50分で速習する講座 ]


>> 
kotsumeのインスタはこちら 🙂


Photoshop 2021新機能!Neural Filter/ニューラルフィルターとは!?

先日、世界同時開催で行われたAdobeのオンラインイベント、Adobe MAX。もちろん私も参加して、Photoshopの最新バージョン、Photoshop2021に搭載された新機能に関するセッションをいくつか視聴しました!

世界同時なので2日間24時間、とにかくたくさんのセッションが行われてなかなかヘビーでしたが。。英語圏のセッションもたくさん見ることができ、とても面白かったです。そしてAdobeの進化に驚くばかり。。。

というわけでこんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

今回は、、2020年10月現在で最新バージョンのPhotoshop2021に搭載された新機能の中から、ニューラルフィルターの概要をまとめてみようと思います!


 

[  ニューラルフィルターとは?]  

ニューラルフィルターで出来ること

ニューラルフィルターでは、AdobeのAIシステム、「Adobe sensei」を駆使して画像に様々な特殊効果をかけることが出来る機能になります。

2020年10月末現在、ニューラルフィルターで出来ることは以下の通り。

  1. 肌をスムーズに:顔のニキビやシミ、肌荒れ等を改善
  2. スタイルの適用:絵画等の色彩やタッチを元に印象的な効果を加える
  3. スマートポートレート:顔の表情を変える、人物の年齢層を変える
  4. メイクアップを適用:サンプル画像を元に顔写真にメイクを施す
  5. 深度に応じたかすみ:画像のもつ被写界深度を元にかすみを加えて印象的にする
  6. カラー化:モノクロ写真をカラーに変換する
  7. スーパーズーム:画像の一部分を切り取り、低解像度の画質を向上させる
  8. JPEGのノイズを削除:JPEG画像のノイズを削除

 

 いかがでしょう?かなり魅力的なキーワードばかり!!

上記の中で3〜8はまだベータ版で使用可能な状態。つまり、まだまだ開発途中ですね。さらに上記に加えて、まだ使用はできませんが現在開発が進んでいる(or 開発を検討している?)項目もいくつか見られるようになっています。

現時点でもかなり素晴らしく、面白い機能ばかりなんですが、全体的にユーザーからのフィードバックを募っているようで、まだまだ進化の余地あり、といった印象です。
 


まずはフィルターをダウンロード

ニューラルフィルター、実はクラウドを使用した機能になるので、Photshopを開けば出来る、というわけではないんです。

Photoshopメニューバーのフィルター/ニューラルフィルターを開きます。

▼新しいウィンドウが出てきて、フィルターが並んだウィンドウを見てみると。。

まだダウンロードされていないフィルターには雲に矢印のマークが。ここをクリックして自分のPhotoshopにクラウド上からダウンロードすることで初めて、フィルターを使えるようになります。

   
※ダウンロードすると、上記画像の「肌をスムーズに」という文字横にあるように、スイッチのアイコンに変わります画像はONの状態。ONにする = フィルターがかかります。
 

▼他のフィルターも同様です。

▼クラウドからダウンロードするため、まずはインターネット環境が必須!

 


 
ネット環境が必要なフィルター

Photoshopにダウンロードして初めて様々なフィルターが使用できるようになるニューラルフィルターですが、ダウンロード後も、引き続きインターネット環境が必要なフィルターもあるようです。

その場合は、下記画像のように注意書きが出てきますので、外出先で作業をする場合は気をつける必要がありそうです。

 


まだまだ進化するフィルター

ニューラルフィルター内のフィルターの多くがまだベータ版となっており、さらにAdobeへフィードバックを送る要素も多く含まれています。

きっとユーザーからのフィードバックを元にAdobe senseiを進化させ、さらにパワーアップしたツールになっていくんだと思います。

 

と同時に、現在開発中?なのか、項目はあるけどまだ使用できないフィルター、というのも含まれています

 


  
というわけで、記事一つにニューラルフィルターの全てを詰め込むのは難しく…^^;
今回は概要、ということでまずは概要についてお伝えしました。

項目を見てるだけでもワクワクしますね。。

ちなみにAdobe MAXのセッションを視聴して、さらに自分で色々と試してみて、私個人的には大興奮な機能でした!次回の投稿から少しずつ解説していけたらと思っております(なるべく早めに・・T-T)ので、楽しみにしていてください!

もちろん、そんなに難しいツールではないので、私なりの使い方の提案などもしていけたらと思います!

それでは今日はこの辺で。
 
  
  
kotsume 🙂

Photoshop、美肌の作り方を動画で:udemy新コース公開!

 

昨年よりオンライン講師として参加させて頂いているudemyというオンライン教育プラットホームにて、新たに肌レタッチの新コースを公開しました!

Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

こんにちは、kotsumeです(๑・‿・๑)
 

みなさんは普段、Photoshopを使用した肌の修正、肌のレタッチをするでしょうか?広告写真のようなあのキメの整った肌、あの美肌、どうやったらできるんだろう??そう思ったことはありませんか? 


本当は違う、プロの肌修正の仕方。

検索したらたくさん出てくる美肌の作り方、スキンレタッチの動画など…簡単!と銘打って紹介されている方法は、どれも間違いではありません。ただ、確かに手順としては簡単!かもしれませんが、ハイパスがどうとか、レイヤーの描画モードがどうとか…拝見していると他にもいろいろ。ちょっと聞きなれないツールを使用して、小難しいものが多いですよね。
 
簡単と言いつつややこしくてちょっと難しそうなのに、それぞれ何をやっているか詳細な説明もなく、数学の公式を覚えるかのごとく手順だけ、そしてただ、肌をぼかして終わっているものがほとんどのように思います。
 

ぼかしてごまかして肌を綺麗にする、という方法はプロの現場、広告写真の現場では全く通用しません!!

 
私は普段化粧品の広告をメインにレタッチ、肌の修正をすることが多いのですが、広告の世界、実際の現場では、マネキンのようなつるつるの肌ではなく、よりリアルな肌、本来の肌が持つキメを残したレタッチ、キメを整えるようなレタッチが求められます。

そして実際に、レタッチャーが広告で使用するようなキメ細かな肌を作る方法というのは、実はとってもシンプル。

 
 
その方法とは…

スポット修復ブラシツール、そして、コピースタンプツール、たったのこの2つをメインに使用するだけ。

厳密にいえば、もっと他のツールを使用したプロならではの方法というものもあります。でも、基本中の基本は2つ。もっと言うとコピースタンプツールさえあれば、広告写真のような美肌を作ることは可能です!!
 
これらの作業はとても地道で根気のいるものになりますが、作業自体はとてもシンプルで、どんな肌も綺麗にすることができますし、基本を理解すれば、肌だけでなく必ず応用できる方法です。

 
 
今回udemyで公開したレクチャーの中では、細かい作業になるため、基本的にペンタブレットを使用していますが、マウスでも大丈夫です。(マウスだと大変になるので、ペンタブレットを強く推奨していますが…^^;) さらに、ペンタブレットの動きも同時に撮影していますので、実際にどのようにペンタブレットを使用しているか、作業風景を見ることもできます。
 
 
Photoshop中級から上級者を目指したい方にも、作業がシンプルだからこそ初心者の方でも、どんな方にもきっと役に立つテクニックになっていますので、ぜひ、トライしてみてください!

▼udemyのコースはこちらから▼
Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

 


 

レタッチャーの私が教えたい、プロの技。肌レタッチの極意が90分に!

私は主に化粧品広告、人物写真のレタッチを得意としています。そんな私が普段、どのようなことに気をつけてレタッチをしているか、人物写真のレタッチのコツなどもコースの中でお話していますので、きっと、ご参考になると思います。
 
どちらかと言うと、各ツールの使い方云々の説明よりも、そちらの方が大切かも。。笑
 
 

 

それでは皆様のご参加、楽しみにしています!!
 
 
kotsume 🙂