Photoshop、美肌の作り方を動画で:udemy新コース公開!

 

昨年よりオンライン講師として参加させて頂いているudemyというオンライン教育プラットホームにて、新たに肌レタッチの新コースを公開しました!

Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

こんにちは、kotsumeです(๑・‿・๑)
 

みなさんは普段、Photoshopを使用した肌の修正、肌のレタッチをするでしょうか?広告写真のようなあのキメの整った肌、あの美肌、どうやったらできるんだろう??そう思ったことはありませんか? 


本当は違う、プロの肌修正の仕方。

検索したらたくさん出てくる美肌の作り方、スキンレタッチの動画など…簡単!と銘打って紹介されている方法は、どれも間違いではありません。ただ、確かに手順としては簡単!かもしれませんが、ハイパスがどうとか、レイヤーの描画モードがどうとか…拝見していると他にもいろいろ。ちょっと聞きなれないツールを使用して、小難しいものが多いですよね。
 
簡単と言いつつややこしくてちょっと難しそうなのに、それぞれ何をやっているか詳細な説明もなく、数学の公式を覚えるかのごとく手順だけ、そしてただ、肌をぼかして終わっているものがほとんどのように思います。
 

ぼかしてごまかして肌を綺麗にする、という方法はプロの現場、広告写真の現場では全く通用しません!!

 
私は普段化粧品の広告をメインにレタッチ、肌の修正をすることが多いのですが、広告の世界、実際の現場では、マネキンのようなつるつるの肌ではなく、よりリアルな肌、本来の肌が持つキメを残したレタッチ、キメを整えるようなレタッチが求められます。

そして実際に、レタッチャーが広告で使用するようなキメ細かな肌を作る方法というのは、実はとってもシンプル。

 
 
その方法とは…

スポット修復ブラシツール、そして、コピースタンプツール、たったのこの2つをメインに使用するだけ。

厳密にいえば、もっと他のツールを使用したプロならではの方法というものもあります。でも、基本中の基本は2つ。もっと言うとコピースタンプツールさえあれば、広告写真のような美肌を作ることは可能です!!
 
これらの作業はとても地道で根気のいるものになりますが、作業自体はとてもシンプルで、どんな肌も綺麗にすることができますし、基本を理解すれば、肌だけでなく必ず応用できる方法です。

 
 
今回udemyで公開したレクチャーの中では、細かい作業になるため、基本的にペンタブレットを使用していますが、マウスでも大丈夫です。(マウスだと大変になるので、ペンタブレットを強く推奨していますが…^^;) さらに、ペンタブレットの動きも同時に撮影していますので、実際にどのようにペンタブレットを使用しているか、作業風景を見ることもできます。
 
 
Photoshop中級から上級者を目指したい方にも、作業がシンプルだからこそ初心者の方でも、どんな方にもきっと役に立つテクニックになっていますので、ぜひ、トライしてみてください!

▼udemyのコースはこちらから▼
Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

 


 

レタッチャーの私が教えたい、プロの技。肌レタッチの極意が90分に!

私は主に化粧品広告、人物写真のレタッチを得意としています。そんな私が普段、どのようなことに気をつけてレタッチをしているか、人物写真のレタッチのコツなどもコースの中でお話していますので、きっと、ご参考になると思います。
 
どちらかと言うと、各ツールの使い方云々の説明よりも、そちらの方が大切かも。。笑
 
 

 

それでは皆様のご参加、楽しみにしています!!
 
 
kotsume 🙂