海外と日本のレタッチ事情の違いとは?

突然ですが昨年に続き、今年もアメリカに行ってきました!
 
昨年行った際にはAdobe本社やGoogleなどを巡ったこともあってそちらの話題がメインの記事を書かせていただきましたが、今回は、昨年も少し触れたのですが…海外と日本のレタッチの違いについて、ちょっとお話してみたいと思います。
 
 
昨年の記事はこちら▼
シリコンバレーのAdobe本社に行ってきました。


 
日本と海外、広告写真の違い


私は普段から化粧品関連のレタッチをすることが多く、海外ブランドの日本版、というお仕事もよく引き受けています。具体的には、既に仕上がったレタッチを日本仕様にする、といったような内容のものがほとんど。(主にアメリカのブランドですが)
 
既にレタッチしているのに何をするの?と思われるかもしれませんが、リップの色を変えたり肌のトーンを調整したり。
 
 
同じブランドの同じシリーズの中でも、海外で売られている商品、日本で売られている商品とでは、カラー展開やパッケージなどが違うことがあります。海外では派手目の色だったものが日本版では少し落ち着いたカラーになっていたり、肌のトーンの方向性も全く違います。アメリカでは多種多様な人種向けにかなり濃い色味があっても、日本人の肌は黄色。さらに一般的に白い肌を綺麗とする傾向が強いからか、濃い色味のファンデーションは全く
販売していない、といった感じに。
 
 
これは特に化粧品広告の場合だと思うのですが、海外用と日本用とでモデルや写真は同じでも、メイクをガラッと印象の違うものにするという修正指示があったりします。訴求ポイントが違うからだとは思いますが、ラメやカラーでギラギラなメイクを、思いっきりナチュラルにしてくれ、といった無茶振りもしばしば…。

 
 



肌はツルツル!が当たり前なのは日本特有?

日本の雑誌や街頭で見かける化粧品の広告って、基本的に映っているモデルはみんな肌がツルツルですよね。きっと、誰もそこに疑問すら持たないと思いますが、駅などで大きく貼られた広告を見ても、化粧や照明で肌がシミひとつなく綺麗だったり、もしくは元々の肌が綺麗かのように見えるもの (ほぼレタッチが入っていると思ってくださいね)、がほとんどかと思います。
 
でも海外の場合。シワは普通に残っているし、毛穴も結構目立っている広告、結構あります。
 
 
例えばこちら。某ブランドの化粧品広告の一部です。いずれも、英語版サイト、日本語版サイトから引っぱってきたものですが、肌色、レタッチの仕上げ方、全然違いますよね?
 


  
 
 
US版にあるこの口元のシワや目頭や涙袋の小じわ。ご覧の通り、日本版では自然に綺麗になっています。私のこれまでの経験からも、日本ではこのまま残しておくなんて、まずまずありえません…。さらに、肌色も日本向けに白っぽく綺麗になっています。
 
 
一応、語弊がないようにしておきたいのですが、綺麗にレタッチされている広告も海外にもたくさんあります!(笑)

 
でも実際にアメリカのデパートやドラッグストアなどで化粧品売り場をチェックしてみると、意外にも日本のように執拗にレタッチしている、という化粧品広告はあまり見かけません。

 
日本でも数年前からナチュラル志向のレタッチになってきたとは言われていますが、アメリカのようにはいかないみたいで…様々な事情により、日本で展開するためにツルツルにする、といった仕事を引き受けることが結構多いのが現状です。
 
 


 

ファッション誌の違い
 

レタッチのみにフォーカスしましたが、そもそも。ファッション誌のあり方も大きく違うように思います。
 
今回アメリカで、US版のVOGUEとBAZAARを買ってきました。日本でも書店に行けば購入出来るので(めちゃくちゃ高くなっていますが…) 見たことがあるかもしれませんが、海外の雑誌って、紙質からボリューム、内容も結構違います。
 
 
日本の方がサイズも大きいものがほとんどで、紙質もよくてページ数もほぼ倍。比べると一目瞭然!一番上が日本版VOUGEです。
 

 

 
  
日本の場合、とにかくたくさんの流行や最新の情報、占い、特集、コーデ案やメイク提案などなど。しっかり ”読み物” として成り立っている印象があります。付録つきのものも今では当たり前ですし。
 
でも、海外の雑誌ってそうでもなくて。
 
ファッション × モデルやタレント、アーティスト × フォトグラファーでコラボのような写真集みたいなページがあったり。情報だらけの日本版に比べて読むより見て楽しむもの、といった印象があります。
 
VOGUEに関しては昔、一度見比べたことがあるのですが、イタリア版、イギリス版、アメリカ版、フランス版、いずれも日本とは全く異なる印象だったのを覚えています。
  
  
そういえば、同時期の海外版雑誌をいろいろ見比べることで撮影の流行り、みたいなものも見えてくると教わったことがありますね。
 


 

私の場合は完全に職業病的ですが。。海外に行くとついつい、広告や本屋で雑誌などをチェックしてしまいます。
 
写真だけでなく色づかいなども含めて結構お国柄があって面白いので、デザイナーさんなんかは、配色とかも結構参考になるかもしれないですね。というわけで、もし海外に行くことがあったらぜひ、広告などをチェックしてみてください^^

kotsume 🙂 


>> kotsumeのインスタはこちら🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です