海外と日本のレタッチ事情の違いとは?

突然ですが昨年に続き、今年もアメリカに行ってきました!
 
昨年行った際にはAdobe本社やGoogleなどを巡ったこともあってそちらの話題がメインの記事を書かせていただきましたが、今回は、昨年も少し触れたのですが…海外と日本のレタッチの違いについて、ちょっとお話してみたいと思います。
 
 
昨年の記事はこちら▼
シリコンバレーのAdobe本社に行ってきました。


 
日本と海外、広告写真の違い


私は普段から化粧品関連のレタッチをすることが多く、海外ブランドの日本版、というお仕事もよく引き受けています。具体的には、既に仕上がったレタッチを日本仕様にする、といったような内容のものがほとんど。(主にアメリカのブランドですが)
 
既にレタッチしているのに何をするの?と思われるかもしれませんが、リップの色を変えたり肌のトーンを調整したり。
 
 
同じブランドの同じシリーズの中でも、海外で売られている商品、日本で売られている商品とでは、カラー展開やパッケージなどが違うことがあります。海外では派手目の色だったものが日本版では少し落ち着いたカラーになっていたり、肌のトーンの方向性も全く違います。アメリカでは多種多様な人種向けにかなり濃い色味があっても、日本人の肌は黄色。さらに一般的に白い肌を綺麗とする傾向が強いからか、濃い色味のファンデーションは全く
販売していない、といった感じに。
 
 
これは特に化粧品広告の場合だと思うのですが、海外用と日本用とでモデルや写真は同じでも、メイクをガラッと印象の違うものにするという修正指示があったりします。訴求ポイントが違うからだとは思いますが、ラメやカラーでギラギラなメイクを、思いっきりナチュラルにしてくれ、といった無茶振りもしばしば…。

 
 



肌はツルツル!が当たり前なのは日本特有?

日本の雑誌や街頭で見かける化粧品の広告って、基本的に映っているモデルはみんな肌がツルツルですよね。きっと、誰もそこに疑問すら持たないと思いますが、駅などで大きく貼られた広告を見ても、化粧や照明で肌がシミひとつなく綺麗だったり、もしくは元々の肌が綺麗かのように見えるもの (ほぼレタッチが入っていると思ってくださいね)、がほとんどかと思います。
 
でも海外の場合。シワは普通に残っているし、毛穴も結構目立っている広告、結構あります。
 
 
例えばこちら。某ブランドの化粧品広告の一部です。いずれも、英語版サイト、日本語版サイトから引っぱってきたものですが、肌色、レタッチの仕上げ方、全然違いますよね?
 


  
 
 
US版にあるこの口元のシワや目頭や涙袋の小じわ。ご覧の通り、日本版では自然に綺麗になっています。私のこれまでの経験からも、日本ではこのまま残しておくなんて、まずまずありえません…。さらに、肌色も日本向けに白っぽく綺麗になっています。
 
 
一応、語弊がないようにしておきたいのですが、綺麗にレタッチされている広告も海外にもたくさんあります!(笑)

 
でも実際にアメリカのデパートやドラッグストアなどで化粧品売り場をチェックしてみると、意外にも日本のように執拗にレタッチしている、という化粧品広告はあまり見かけません。

 
日本でも数年前からナチュラル志向のレタッチになってきたとは言われていますが、アメリカのようにはいかないみたいで…様々な事情により、日本で展開するためにツルツルにする、といった仕事を引き受けることが結構多いのが現状です。
 
 


 

ファッション誌の違い
 

レタッチのみにフォーカスしましたが、そもそも。ファッション誌のあり方も大きく違うように思います。
 
今回アメリカで、US版のVOGUEとBAZAARを買ってきました。日本でも書店に行けば購入出来るので(めちゃくちゃ高くなっていますが…) 見たことがあるかもしれませんが、海外の雑誌って、紙質からボリューム、内容も結構違います。
 
 
日本の方がサイズも大きいものがほとんどで、紙質もよくてページ数もほぼ倍。比べると一目瞭然!一番上が日本版VOUGEです。
 

 

 
  
日本の場合、とにかくたくさんの流行や最新の情報、占い、特集、コーデ案やメイク提案などなど。しっかり ”読み物” として成り立っている印象があります。付録つきのものも今では当たり前ですし。
 
でも、海外の雑誌ってそうでもなくて。
 
ファッション × モデルやタレント、アーティスト × フォトグラファーでコラボのような写真集みたいなページがあったり。情報だらけの日本版に比べて読むより見て楽しむもの、といった印象があります。
 
VOGUEに関しては昔、一度見比べたことがあるのですが、イタリア版、イギリス版、アメリカ版、フランス版、いずれも日本とは全く異なる印象だったのを覚えています。
  
  
そういえば、同時期の海外版雑誌をいろいろ見比べることで撮影の流行り、みたいなものも見えてくると教わったことがありますね。
 


 

私の場合は完全に職業病的ですが。。海外に行くとついつい、広告や本屋で雑誌などをチェックしてしまいます。
 
写真だけでなく色づかいなども含めて結構お国柄があって面白いので、デザイナーさんなんかは、配色とかも結構参考になるかもしれないですね。というわけで、もし海外に行くことがあったらぜひ、広告などをチェックしてみてください^^

kotsume 🙂 


>> kotsumeのインスタはこちら🙂

Adobe Portfolio日本語版:容量とアップロード制限について( 追記 )

 

こんにちは!kotsumeです(๑・‿・๑)
今回は前回に続き、Adobe portfolioの追記です。
 
以前の記事では、使い方( すごく省略していますが )、独自ドメインや料金についてなどを簡単にまとめました。
 
▼前回の記事はコチラから▼
ADOBE PORTFOLIO日本語版の使い方、料金、独自ドメインは?確かめてみました。
  
そして今回は、前回調べてシェアするとお伝えしていたAdobe Portfolioの
容量について容量制限などを本国のAdobeに直接確認しましたので、以下、Adobe側の回答引用と共にシェアします。 
 
 


 
アップロードできる容量に制限はありますか?

 
>> From Adobe 
Adobe Portfolio does not have a storage limit; it is unlimited. 

While you have unlimited upload space on Portfolio, unlike the limited space given for other Creative Cloud apps, we recommend staying aware of file size in order to maximize your site’s loading speed.

 
ーーーー要約すると…
 ・ポートフォリオには無制限で写真をアップロード可能
Creative Cloud アプリケーションで用意されているストレージ(容量制限アリ)とは別物
・サイトの読み込み速度を最大限引き出すために、アップロードするファイルサイズには注意が必要
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
とのこと。無限とは太っ腹ですね。びっくり。さらにCreative Cloudについているストレージとは別、関係ないとのことで安心して使えそうです。
 
 
ちなみに、、私の最初の質問が、英語力足らずで意図が伝わっていなかったらどうしようと少々心配だったので笑、「もし1TBアップしても大丈夫?」と念をおしてオーバー気味に確認したところ。。。下記の返答が。

>> From Adobe
While you could upload a 1TB photo, we do not recommend it as it will slow down your site.  

 
表示が遅くなるからオススメしません!とのことでした。本当に無制限のようですね。1TBもアップする人はそうそういないと思いますが。
 
 


アップロード時の推奨ファイルサイズとは?

 
>> From Adobe
Generally speaking, we recommend uploading images that are the size of the container they’re filling, or at most 2x that physical size.  For example, if you’ve determined that your Project Cover Images are displaying at 350px wide, you’ll only need to upload an image that’s 700px wide.  

We recommend uploading 10 to 15 images per project page and for Project cover images to be below 1MB.

  
 
ーーーー要約すると…
・テンプレートの表示幅のフルサイズ、もしくはその2倍の幅ぐらいのサイズを推奨ex:ページ設定で画像の幅を350pxにしたのなら、その倍の700pxまでに留める)
ひとつのプロジェクト( コンテンツ )に10〜15枚くらいのアップロードを推奨
・プロジェクトのイメージカバー画像は1MB以下を推奨( おそらくTOPページに表示されるサムネイル画像のことかと)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 

 

アップロードサイズとサイト表示速度について

 
>> From Adobe
If you’ve determined that your Project Container will max out at 1600px, you’ll want to upload an image that’s between 1600px and 3200px.  Keep in mind that the size of the images that you’re uploading will also affect the speed at which your site displays.

 
  
ーーーー要約すると…
画像表示サイズを1600px (どうやらこれが最大サイズのようですね )にした場合、前途のように考えると2倍の3200pxでアップしたいと思うかもしれないが、サイズがページの表示速度に影響を与えるので注意が必要。
ーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
 
推奨アップロード枚数が10〜15枚とされたプロジェクト内の写真サイズについては、具体的には何も明記なし。ただ、容量無制限だからといってあまり大きなサイズでアップロードしてしまうと、とにかくページの表示速度が遅くなってしまうのでそこだけは気をつけてね、とのことでした。
 
Adobe Portfolioに限ったことでもないですが、作品を紹介する場所 ( サイト )なだけに、せっかくならストレスフリーで見てもらいたいですし、配慮しましょう、ということでしょうか。
  
  

 

アップロード時、解像度にも注意

 
Adobe側はページの表示速度に気をつけて、と終始訴えている点について、ここからは私の補足です。
 
写真をアップロードする際は解像度にも気をつけましょう。Web上では72dpi、つまり撮影時のdpiの数値で充分です。ですのでそれ以上dpiを高くしてもファイルサイズが重たくなるだけ。注意が必要です。特に作品作りをされている方、画像処理の段階で印刷へ向けて350dpiにしていることもあるかもしれません。
 
表示速度を出来るだけ最適化させるために、Web用に改めて軽い、解像度(=dpiの数値)の低いファイルを作成することをオススメします。
 
 
 


 
Adobeに直接確認して解決した疑問点は以上です。
 
編集画面から日本語で質問を送ることはできますが、今のところは全て英語で返信が返ってきますのでご注意ください。 ( 2018.5.15現在)
 
 
みなさんの参考になれば幸いです。
それでは今日はこの辺で。
 
 
 
kotsume 🙂


 
 
>> 
kotsumeのインスタはこちら 🙂


Adobe Portfolio日本語版の使い方、料金、独自ドメインは?確かめてみました。

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)
 
今日は、新しいAdobeサービスのお話です。
 
私の仕事にとって必要不可欠なAdobe社のクリエイティブ関連ソフトやサービス。私自身も、Photoshop以外にも色々と使用していますが、先日新しい発表がありました。
 

それは…
 
[  Adobe Portfolio 日本語対応へ ]


 
 アドビポートフォリオ。その名の通り、主にフォトグラファーやイラストレーター向けの作品公開をアシストするサービスのようです。
 
作品公開というのはつまり、
簡単に自分の作品を集めた写真サイトを作れるサービス、ということ。
   
実はこれ、私も知らなかったのですが、もともと英語版ではずいぶん前からあったようで、やっと日本語版に対応した!ということのようです。
  
最近私自身、ブログメインでなく色々なコンテンツを繋げるプラットホームが欲しいなと思っていたところだったので、早速試しに使用してみました!( Word press 勉強するよりラクそうだったので ^^; )
 
とりあえずの段階なので細かい詳細はわからないし色々と省いていますが、 ほんの少しだけ、やってみた流れをシェアしますね。
 


 
料金について

まず最初に、もっとも気になるのはやはりここですよね。無料!とうたっていますが、基本的にAdobe CCプランへの加入が前提となります。
 

 
 上記のプランいずれかに入ってさえいれば、無料、ということになっています。紛らわしいですね。。
 
 


  
インストールから基本操作

基本的にはWord pressと同じような考え方で、テンプレートを選んで、そのテンプレに沿ってタイトルを決めたり、写真を配置したり、という流れです。
 
  
まず、自身のアカウント( デスクトップ右上の雲のマーク )から、すべてのアプリのタブを選択 →「 Pfアイコン」を探し、「起動」するとスタートすることができます。

 

起動するとこのような画面が。
 

  
  
   
下にデザイン、テーマ一覧が並んでいる画面になるので、好きなテーマを選びます。Word pressのデザインの幅広さには劣りますが、どれもシンプルでクセのない感じです。
 
 
 

 
テーマを選ぶと、早速Adobe ID 登録時の名前と共にページができます。
  

  
この編集画面を使用して、テキストを入れたりコンテンツを追加していきます。最初に開いたとき、青いウィンドウで下記のようなチュートリアルが表示されるんですが…
 
「3ステップで簡単にはじめる」
1:テーマを選択
2:コンテンツを追加
3:サイトを公開
  
そこまでこだわらなければ、本当にこれだけです。超簡単です。
 
 
左側の「Pfアイコンの下のツール」で、コンテンツ(リンクや内容、ページなど?)の追加やテーマ変更、アカウント管理やヘルプなどを設定します。
   
さらに、右側のツール (↓) では各ページごとの詳細を決めていくことができます。
  

 
  
「ギャラリー」、というのは各コンテンツのことを指すようです。例えば、シンプルに写真をテーマごとにまとめるような場合であれば、トップページから各テーマごとのギャラリーに飛べる、みたいなイメージで考えると分かりやすいかと思います。
  
「このギャラリー」、というのが今現在開いているページのことを指します。ここで決定できるのは背景やページカバー、テキストやタイトルなどです。
     
 
 
あとは、各ページ内のタイトルや画像の端に、「青い鉛筆マーク」が出てくるのですが、そこをクリックすることでその場所をさささっと修正することができます。これは直感的に修正ができるので、Webが苦手な方にとってはとても便利ですね。
 

 
   
操作については、以上です!笑
 
もちろん細かく、幅を設定したり画像の大きさを設定したりすることもできますが、お伝えできるほど研究していないので。。。ゴメンなさい。
  
ただ、Webページを作成したことがなくても、そんなに難しくないと思います。間違えたらやり直せばいいだけですし、シンプルにサクッと作品サイトを作成することができます。
  
   


 
独自ドメインも設定可能 

Webに携わったことのある方であれば、おそらく気になるのはここですよね。Portfolioの紹介用ページにもあるように、ホスティング使用可能です。独自ドメインやサーバーの設定もいけるみたいです。( ここは私は専門外なので詳しくはわかりません! )
 

レスポンシブデザイン対応ページ

プレビュー画面ではPC上の表示だけでなくタブレットやスマホなど、各端末でどのようなレイアウトになるか、ということも確認することができます。それぞれの端末の個別設定があるかは現時点でちょっとわかりませんが、確認できるのは嬉しいですよね。

  
URLとサイトタイトルについて

シンプルにサイトを作成するだけだと、URLは下記のようになります。
https://testestestes.myportfolio.com  
 
注意が必要なのはこのピンク太文字の部分。
初期設定ではピンク文字部分がAdobeIDの名前と同一のものになります。
さらに、サイトタイトル ( ページを開いた時にタブなどに表示される )も、初期設定ではAdobeアカウント登録時の名前になります。
 
ただ、この2つは設定で調整可能ですので、嫌な方はうっかりそのまま公開しないように気をつけないといけないですね。左側の「設定を編集」→「ドメインの設定」、又は「検索の最適化」で変更できます。
 
ちなみに下線部、myportfolio.comは変更はできません。
 
  
ドメイン名、ポートフォリオのURLを変更できるのは5回までだそうですので、気をつけましょう!
  
 
 
 
 

Adobe Lightroomのアルバムと連携可能

Adobe Portfolioを使用する最大のメリットは、ここじゃないでしょうか?と言いながらすいません、試していませんが。。
 
Lightroomで自分の作品を作成、管理されている方にとっては、Lightroomで作成したアルバムを連携してそのままコンテンツにできる、というのは利便性も高いし、とてもいいと思います。
  
※検証してまたシェアしたいと思います^^
   

色々な使い方ができる…かも?

公式サイトにも色々なサンプルページ ( と言っても実際の使用例 )が載っています。もちろんそのまま、作品のポートフォリオとして使用している方が殆どですが、中にはショップとして利用している方もいるみたいです。
   
[ Adobe Portfolio Sample ]
     
ただ、メインのホームページとしてAdobe Portfolioに依存するべきではない、というか使えないかな、と思います。カスタマイズに限界がありますし、テキストを綴ったり、ブログを直接作れるわけではないです。さらにURLに「myportfolio」と必ず表記されることを考えても、あくまで作品紹介のためのサービス、ツール、と割り切った方が無難かもしれません。
 
 
・Lightroom、Photoshopで作成した作品を簡単に、ストレスフリーにWebにまとめる。
・クライアントなどにささっと自分の作品を紹介して仕事に繋げる( 俗に業界では”ブック”と呼ばれる作品集のWeb版ですね )
 
…といった感じで使ってみたらいいと思います。
 
 
ちなみに私は、このブログと、Udemyなどへのリンク、その他色々なものをリンクで繋げるプラットホーム、自己紹介代わりに使えないかなと思っています。Word Pressを勉強しようと思っていたんですが、複雑なHPは必要ないし、こちらの方がシンプル、簡単そうだしやってみようかな、というノリですが…。私の場合はもうAdobe様から離れられないというのもあって解約するかも、という心配がないからこそ、ですね笑
 
  
 

Adobeに質問してみました

色々とやりながら、いくつか疑問点があったので問い合わせをしてみました。
 
4月末ごろに日本語対応したばかりで、実は操作画面から直接質問をするサポート体制は、まだ英語のみ。ただ、そうとも知らず、左側のツールから日本語で問い合わせしたのですが、24時間以内に、なんと返事(英語で)が返ってきました!
 
シンプルな質問だったからか、Google翻訳でもしたのか (笑)、きちんと知りたい内容が返ってきたので驚きました。さすが世界のAdobeさん!
 
 
ちなみにご参考までに、私が聞いた質問と答えはこちら▼
=============================================
 
Q1:最初からやり直したい場合、初期化は可能か?
A:テーマを変えることでリセットされる→ テーマの初期設定を復元をクリックする。(ただ、コンテンツ内容などは自分で消す必要があります)
 
Q2:複数のポートフォリオを作成できるか?
A:1つのAdobe IDにつき1つまでしか作成できない。同一人物でも他のアカウントを持っていれば複数作成可能。

=============================================

後から調べていたら、日本語版のFAQページを見つけました!ただ、こちらは2018年5月12日現在、英語版のみしかなかった時のままになっているようです^^;
[ Adobe Portfolio FAQ ]  日本語

英語ができる方は是非、英語版Helpも参考にしてみてください。  
[ Adobe Portfolio FAQ ]  English
  
 
  

容量やページ数制限について

ページ数については無制限、という記載がありましたが、容量、つまりどれくらいの写真をシェアできるのか?ということは調べてもわからず。。。引き続き調べてみますので、またわかったらシェアしたいと思います!

▼容量について確認しました▼
Adobe Portfolio日本語版:容量とアップロード制限について( 追記 )
 
 
あと気になるのがAdobe IDを解約したあと、どうなるのか?ということ。こちらもまた調べてみますね。
 
 


 
ということで、思いの外長くなっちゃいました。
    
日本語版、今はまだサポートなど頼りないところもありそうですが、きっと今後、随時対応していってくれるはずです。ひとまず操作性はとにかく簡単だったので、私はもう少し遊んでみたいと思います。
 
 
作品発表の場に悩んでいる方、CCプランか写真プランに入っていれば無料で使用できるので、ぜひ試してみてください。
  
 
それでは今日はこの辺で。
 
  
  
kotsume 🙂
   


 

▼容量について確認しました▼
Adobe Portfolio日本語版:容量とアップロード制限について( 追記 )
 


>> 
kotsumeのインスタはこちら 🙂