海外と日本のレタッチ事情の違いとは?

突然ですが昨年に続き、今年もアメリカに行ってきました!
 
昨年行った際にはAdobe本社やGoogleなどを巡ったこともあってそちらの話題がメインの記事を書かせていただきましたが、今回は、昨年も少し触れたのですが…海外と日本のレタッチの違いについて、ちょっとお話してみたいと思います。
 
 
昨年の記事はこちら▼
シリコンバレーのAdobe本社に行ってきました。


 
日本と海外、広告写真の違い


私は普段から化粧品関連のレタッチをすることが多く、海外ブランドの日本版、というお仕事もよく引き受けています。具体的には、既に仕上がったレタッチを日本仕様にする、といったような内容のものがほとんど。(主にアメリカのブランドですが)
 
既にレタッチしているのに何をするの?と思われるかもしれませんが、リップの色を変えたり肌のトーンを調整したり。
 
 
同じブランドの同じシリーズの中でも、海外で売られている商品、日本で売られている商品とでは、カラー展開やパッケージなどが違うことがあります。海外では派手目の色だったものが日本版では少し落ち着いたカラーになっていたり、肌のトーンの方向性も全く違います。アメリカでは多種多様な人種向けにかなり濃い色味があっても、日本人の肌は黄色。さらに一般的に白い肌を綺麗とする傾向が強いからか、濃い色味のファンデーションは全く
販売していない、といった感じに。
 
 
これは特に化粧品広告の場合だと思うのですが、海外用と日本用とでモデルや写真は同じでも、メイクをガラッと印象の違うものにするという修正指示があったりします。訴求ポイントが違うからだとは思いますが、ラメやカラーでギラギラなメイクを、思いっきりナチュラルにしてくれ、といった無茶振りもしばしば…。

 
 



肌はツルツル!が当たり前なのは日本特有?

日本の雑誌や街頭で見かける化粧品の広告って、基本的に映っているモデルはみんな肌がツルツルですよね。きっと、誰もそこに疑問すら持たないと思いますが、駅などで大きく貼られた広告を見ても、化粧や照明で肌がシミひとつなく綺麗だったり、もしくは元々の肌が綺麗かのように見えるもの (ほぼレタッチが入っていると思ってくださいね)、がほとんどかと思います。
 
でも海外の場合。シワは普通に残っているし、毛穴も結構目立っている広告、結構あります。
 
 
例えばこちら。某ブランドの化粧品広告の一部です。いずれも、英語版サイト、日本語版サイトから引っぱってきたものですが、肌色、レタッチの仕上げ方、全然違いますよね?
 


  
 
 
US版にあるこの口元のシワや目頭や涙袋の小じわ。ご覧の通り、日本版では自然に綺麗になっています。私のこれまでの経験からも、日本ではこのまま残しておくなんて、まずまずありえません…。さらに、肌色も日本向けに白っぽく綺麗になっています。
 
 
一応、語弊がないようにしておきたいのですが、綺麗にレタッチされている広告も海外にもたくさんあります!(笑)

 
でも実際にアメリカのデパートやドラッグストアなどで化粧品売り場をチェックしてみると、意外にも日本のように執拗にレタッチしている、という化粧品広告はあまり見かけません。

 
日本でも数年前からナチュラル志向のレタッチになってきたとは言われていますが、アメリカのようにはいかないみたいで…様々な事情により、日本で展開するためにツルツルにする、といった仕事を引き受けることが結構多いのが現状です。
 
 


 

ファッション誌の違い
 

レタッチのみにフォーカスしましたが、そもそも。ファッション誌のあり方も大きく違うように思います。
 
今回アメリカで、US版のVOGUEとBAZAARを買ってきました。日本でも書店に行けば購入出来るので(めちゃくちゃ高くなっていますが…) 見たことがあるかもしれませんが、海外の雑誌って、紙質からボリューム、内容も結構違います。
 
 
日本の方がサイズも大きいものがほとんどで、紙質もよくてページ数もほぼ倍。比べると一目瞭然!一番上が日本版VOUGEです。
 

 

 
  
日本の場合、とにかくたくさんの流行や最新の情報、占い、特集、コーデ案やメイク提案などなど。しっかり ”読み物” として成り立っている印象があります。付録つきのものも今では当たり前ですし。
 
でも、海外の雑誌ってそうでもなくて。
 
ファッション × モデルやタレント、アーティスト × フォトグラファーでコラボのような写真集みたいなページがあったり。情報だらけの日本版に比べて読むより見て楽しむもの、といった印象があります。
 
VOGUEに関しては昔、一度見比べたことがあるのですが、イタリア版、イギリス版、アメリカ版、フランス版、いずれも日本とは全く異なる印象だったのを覚えています。
  
  
そういえば、同時期の海外版雑誌をいろいろ見比べることで撮影の流行り、みたいなものも見えてくると教わったことがありますね。
 


 

私の場合は完全に職業病的ですが。。海外に行くとついつい、広告や本屋で雑誌などをチェックしてしまいます。
 
写真だけでなく色づかいなども含めて結構お国柄があって面白いので、デザイナーさんなんかは、配色とかも結構参考になるかもしれないですね。というわけで、もし海外に行くことがあったらぜひ、広告などをチェックしてみてください^^

kotsume 🙂 


>> kotsumeのインスタはこちら🙂

Photoshop写真加工の基本3 知られざるトーンカーブの使い方

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

もう随分前になってしまいましたが、私が考える、Photoshopの基本3つというお話をしたことを覚えているでしょうか?

今回はその3つ目。ずっと放棄していた ( ゴメンナサイ ) 最後の基本についてお話したいと思います。

▼ここまでのPhotosopの基本についてはコチラから▼
Photoshop本で挫折したあなたに伝えたい3つのこと
・基本1-1 Photoshop写真加工の基本1-1  レイヤーを侮るべからず
・基本1-2 Photoshop写真加工の基本1-2   プロはレイヤーをこう使う
・基本2-1 Photoshop写真加工の基本2-1   5分でわかる!マスクの仕組み
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-2   目指せマスク名人!
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-3   続・目指せマスク名人!


 
というわけで私が考える、Photoshopの基本その3。
 
3.トーンカーブを制すべし。
 
皆さんトーンカーブ、使っていますか?
 

 
実は私、トーンカーブって最強ツールだと思っています。
 
その理由は主に3つ。
 
 
 
1.トーンカーブだけで基本的な色やトーンの補正はほぼ完了できる。
 ー 他の色調補正ツールでできることの殆どが、トーンカーブでも可能です。
 
 2.マスク作成などにも大活躍!
 ー 私はよく、選択範囲・マスク作成、処理の確認のために使用します。
 
 3. マスクと併用しましょう!
 ー マスクを併用することで使い方は無限に。
  
 

基本的な使い方については別途記事を書かせて頂くとして、今回は、どのようにトーンカーブを応用して使っていくかをご紹介したいと思います。
 


  
 
1. トーンカーブだけで基本的な色やトーンの補正は完了できる。
 
まず。これはとても基本的なことですが、トーンカーブではシャドウ、ハイライト、そして中間調の明るさをそれぞれ別々に調整していくことができます。そして全体の明るさだけでなく、RGB ( Red Green Blue )、各色におけるシャドウやハイライト、中間の明るさ調整もすることが可能になります。

主な使用例として、
 
< 全体の明るさ調整では >
・ハイライトやシャドウの強弱
 -コントラストを上げたり下げたりすることが可能
・それぞれの明るさを別々で調整することが可能
 -最も暗い場所や最も明るい場所のみ、中間調のみにアプローチ出来ます
 
< RGB各色の明るさ調整では >
・部分的に色の明るさを調整
 -ハイライトのRedだけを強調する、シャドウのBlueを少し減らすなど。
・補色の色関係を使った色調整が可能
 -Redを下げるとシアンが強くなる、Blueを下げるとイエローが強くなるなど。
 

RGBと書いてあるプルダウンから、各色ごとの調整をすることが出来ます。
 
このような様々な使い方をうまく組み合わせていくことで、特定色域の選択、コントラストと明るさツールなどの操作に相当するような調整をしていくことができる、優れものツールなんです。
  
初心者の方にとっては色の調整などかなり難しい方法かもしれません。
 
ただ、RGBの色について、補色の関係について知った上でうまく使用すると、かなり細かく色の調整をしていくことができますので、ぜひマスターしておきたいツールと言えます。 

 


 
2. マスク作成・処理の確認にも大活躍!

 
直接レタッチをするためにトーンカーブを使用するのではなく、その補助として使用する方法です。
 
 
< マスク作成 >
色やチャンネル、Photoshopの自動認識の力 ( 自動選択や選択とマスク機能など )を使用して選択範囲を作成するとき、選択範囲を作成するためだけに、トーンカーブを使用することがあります。
 
Photoshopの機能を使用して選択範囲を作成する場合に、ひとつのポイントとなるのが、“ 境界線が判断しやすいかどうか ”
 
例えば。クイック選択ツールを使用するとき…

 
①何もしないで選択範囲を作りたい場所をクリックするとこのようになります。

コントラストを少しあげた状態で同じ場所をクリックしてみると…

何もせずにクリックしたときよりも、足元や背中のあたり、境界線をより的確にとらえているのがわかるでしょうか?
 
トーンカーブは下図のように調整しました。
( ハイライトとシャドウを強く、中間を明るくしています )

 
写真にもよってあまり効果がないこともありますが、
コントラストを上げる=境界線をよりハッキリと認識しやすくする
 
このような効果が期待できることが多いので、私も普段よく利用する方法です。ちなみに、ハイライトとシャドウ部分のみを均一に調整するコントラストツールよりも、自分の好きなように調整ができるトーンカーブの方が、微調整が効くのでお勧めです。
 
 
 
 
< 処理の確認 >
これはレタッチャーならでは、の使い方かもしれませんが、スタンプなどで肌をきれいにしたあと、処理の確認用にトーンカーブを使うことがあります。
 
 
スタンプなどをしたあとに、トーンカーブで全体のトーンをぐっと暗く( 明るく )すると、オリジナルの明るさでは見えてこなかったスタンプのムラ、消し残しなどが見えてくることがあります。これは非常に細かい話で、職業病的なところもあるんですが^^;
  
例えばこちら。
レタッチ前はそばかすが目立ちます。

 
▼綺麗にレタッチしたように見えますが…

 
▼トーンカーブで暗くしてみると…まだまだそばかすが隠れているのがわかります。

 
通常の明るさでは十分に綺麗に見えます。でも、レタッチ後のトーン調整などで暗くなったり明るくなったりすることで、このように消し残している箇所やスタンプのムラが見えてくることがあるんです。
 
 
これは、レタッチの精度をより高めたいときに有効な方法です。
 
ただし!あくまで確認用です!
 
試してみる場合は、下記のような注意点を覚えておいてください。
 
 
・すべてのレイヤーの一番上にトーンカーブを作成すること。
・最終的には必要のないトーンカーブだとわかるようにし、統合時には削除するのを忘れずに。
・ムラなどの修正をする場合は、必ずその確認用トーンカーブレイヤーの下で行うこと。
 
 
明るいトーンカーブや暗いトーンカーブをかけてみたりすることで処理の確認ができたり、オリジナルでは見えてこなかったレンズの汚れなどが発見できることもありますので、ぜひ一度 “ 確認用 ” のトーンカーブ、使用してみてください。より繊細なレタッチに役立てることができます。
 
 


   
 3. マスクと併用しましょう!
 
最後に。
 
これはトーンカーブに限ったことではありませんが、マスクと併用することでかなり細かな調整が可能になります。
 
 
主な使い道としては、
「 調整ツール ( トーンカーブ ) +レイヤーマスク+ブラシで調整 」
 
この使い方ができるようになれば、レタッチの幅はかなり広がります!
つまり、必要のない部分には調整がかからないようにする。この一言に尽きます。
 
 
今回ご紹介したポイント1、トーンカーブの様々な使用用途についても、マスクと併用することで、部分ごとに効果的に使うことができるようになります。
 
▼マスクを使用した部分的なレタッチ方法についてはこちらで詳しく解説しています▼
・基本2-1 Photoshop写真加工の基本2-1   5分でわかる!マスクの仕組み
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-2   目指せマスク名人!
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-3   続・目指せマスク名人!

 

 


  
私のトーンカーブ愛については書ききれないくらいですが笑
 
実際に私の場合、簡単な人物のレタッチなどはスタンプすら使わずトーンカーブのみで全て調整してしまうこともありますし、どんな写真をレタッチするときも、とにかくトーンカーブばかり多用しています。
 
 
トーンカーブは写真の明るさ以外に細かくRGBの調整、つまり色を扱うツールなので、初心者の方にとっては難しい、という印象のあるツールかもしれません。ただ、コツを覚えてしまえばトーンカーブの使い道は無限、かなり使えるツールなので、使えるようになると使用頻度が高くなること間違いなしです。使用したことがない、という方はぜひ一度使ってみることをおススメします。
 
 
 
長くなってしまうので、基本的な使い方についてはまた別途。
それでは今日はこのへんで。
 
 
 
kotsume 🙂

 


>> Today’s Retouch !

 

 
このレタッチ、スタンプとトーンカーブのみで作業しています。いつかその方法をシェアできたらと思っています。
 
>> kotsumeのインスタはこちら🙂

Photoshop:被写体を選択(総評編)

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)
 
 
前回の記事で、2018年1月のアップデートで選択とマスク機能の中に新たに追加された「被写体を選択」機能について、実際に使用した結果を検証編としてお話しました。
 
>> Photoshop:被写体の選択(検証編)の記事はコチラ。
 
 
今回はその続き、総評編です。( ←あくまで、個人的な意見ですのであしからず )
 


 
前回の検証結果から私が感じたこと。“ 被写体の選択 ”という名前の通り、Photoshopが境界線ではなくて「被写体」を認識しようとしてくれるこの機能は、
 
 
 
これまでの選択ツールとは全く別物、全く新しい機能だということ。
 
 
 
Adobeが収集したありとあらゆるデータベースをもとに、被写体を認識しているようです。つまりそう、これこそADOBE MAXのお話をしたときにもお伝えした、
 
AdobeのAI機能、“Adobe sensei”のなせる業なんです。
  
 
これまでのPhotoshopの選択範囲作成は、その多くが色やピントなどで判断して選択範囲を作成していました。でも被写体を選択の機能では“ Adobe sensei ”が、「被写体」が何か、というある意味曖昧で正確?な判断基準を持って選択範囲を作成しているようです。
 
 
 
現時点ではおそらく選択範囲を作成したい写真によって、その威力を実感できるかどうかは変わってくるでしょうが、なんせAIなので、アップデートの度にどんどん進化していくのではないかと思います。
 
 


 
 
私は選択とマスク機能ができるずーーーーっと前から、髪の毛だろうが何だろうが色んなツールを使用して、様々な選択範囲を作成してきました。
 
 
ですので、選択とマスク機能ができたときの驚きと感動ももちろん覚えています。
 
 
そんなPhotoshopの歴史の流れを考えてみても、人工知能が搭載されて、撮影した張本人でもないのに被写体を勝手に判断する、こちらが選択範囲を作りたい場所を想定して選択してくれるなんて、本当に夢のような機能でしかない!
 
 
 
いつかこの機能だけで一瞬で切り抜きが終わる、なんてもっと夢のような話が実現するかなぁと考えたらちょっとワクワクしますね。ゆがみ機能なんかもとんでもない進化を遂げているようですし。。この進化で切り抜きという面倒な作業が任せられる分、その他の、人間にしかできない作業に集中できるようになっていくと思います。
  
 
Photoshopだけでなく、Adobeだけでなく、AIの進化は目覚ましいものがあるので、こちらも色々と古い殻にこもっていてはダメだなと感じつつ…これからのAdobe senseiの進化から目が離せません^^
 
  
では、総評編はこの辺で。
 
 
被写体を選択の機能が、皆さんの選択範囲作成をもっともっとラクにしてくれますように。
 

  
kotsume 🙂


>> Today’s Photo !  for instagram.
>> kotsumeのインスタはこちら 🙂

  


 

Photoshop fixでユリ以外の彩度マイナス。

 
インスタの調整で全体のトーン調整。
少し色あせた印象に。 
 
Lily with Wine red Color
*with Apps for smartphone
Photoshop Fix / Photoshop Mix