Photoshop写真加工の基本1−1 レイヤーを侮るべからず

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

さてさて、まずは基本のキ
こつめ的Photoshop3つのポイント1、
そして、Photoshopを使う上で必ず出てくる言葉。

『 レイヤー 』

についてのお話。

なんとなく、ぼんや〜り、理解している人が殆どでしょうか。

・レイヤーとは画像の層のようなもの
・透明なフィルムのようなもの

本を見るとだいたいこのような感じで説明されています。知っている人からすればこれ以上ない簡単な説明です笑

でもきっと、
調査レイヤー、テキストレイヤー、〇〇レイヤー……

等々と並べ立てて説明してあるページを見て、サジ、投げませんでしたか?

とーーーーーってもひねくれた観点から説明すると、実は、明るくしたり、単純な不用物を消す(スタンプツールなど)だけなら、

レイヤーは必要ありません。
スタンプも、トーンカーブも、

開いた画像にそのまま処理をすることが可能だからです。

ではなぜ、この概念があって、さらに私が最重要ポイントとしてレイヤーを挙げているのか?

例えば。

1枚の写真を開きます。

adobestock_92707041_org  

この写真をレタッチしてみましょう。

[ 人物を消して、全体をもう少し明るくする ] 場合。

①人物を消したい
→スタンプツール(又はスポット修復ブラシツールなど)で消します。

②明るさを変えたい
→上部イメージメニュー / 色調補正 / トーンカーブで明るくする→完了

これだけで完了しちゃいます。

でも…

あ!やっぱり元の色に戻そうかな… と思ったら?

→もう一度同じ写真 ( = 人物を消す前の状態 )を開いて、
人物を消さないといけないですね……

あ!色はこのままで、やっぱり人物を戻そうかな…

→もう一度同じ写真( = 人物を消す前の状態 )を開いて、
全く同じトーンカーブをかけ直す必要が……

ということになります。
これって、とっても面倒くさくないですか?完全に二度手間です。元の写真にそのままスタンプやトーンカーブをしてしまっているために、後戻りしづらくなります。

” しづらい “、というのはつまり、同じ処理を繰り返したりしなければならないということ。

もちろん、上からどんどん同じ写真に処理をし続けることは可能です。

ですが、繰り返せば繰り返すほど、画質が劣化していきます。(そこについて詳しくはまた後日…)

・仕上がりを綺麗にするために、画質は劣化させたくない!
・いちいち同じ処理を繰り返すのは大変!

そこで必要になってくるのが、『 レイヤー 』という概念です。

Photoshopを開くと右下に、” レイヤーパネル “というものがあります。( 自分で非表示設定にしなければ、必ずPhotoshop初期設定では表示されます )

画像を開くと必ず、レイヤーパネルに ” 背景” と書かれた画像付の表示がでます。
これが、” 背景レイヤー “ と呼ばれるものになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-11-32-21

プロのレタッチャーは絶対に、
この背景レイヤーに直接レタッチをすることはありません。

理由は、先ほど述べた2点。

① 画質を劣化させないため
② 出来る限り後戻り出来るようにするため

①は、レタッチ後の写真がどういう風に使用されるか (  webに載せるだけなのか、大きくプリントするのか…etc  )ということですが、大きく引き伸ばされるほど、高画質、高解像度であることが重要だからです。

これはなんとなく理解出来ますね。

そして②の理由。
これはプロのレタッチャーにとっては、レタッチを進める上でとっっても大事なことで、さらにこのブログを読み進めて頂く上で必須項目でもあります。

が…、長くなってしまったのでまた次回に!笑

では、今日はこの辺で。

kotsume 🙂 


 > kotsume’s Youtube 今回の解説動画はこちら▼

 


> Today’s Retouch for instagram.

kotsumeのインスタはこちら:-)

s_6971394_a

s_6971394_b

コントラスト感を弱く、少し暖かい色味に。
少しの変化で印象がガラリと変わります。
どちらの色もアリですね。

フリーランス → 主婦兼業になって気付いたこと

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

私はこれまで、レタッチ専門の企業で働くごく普通の会社員でした。
とはいえ広告業界という超多忙な世界において、勤めてきた会社でビシバシ鍛えられ、ほぼ休みのない業界特有の激務に敗れ、、、
数年にわたり紆余曲折。

結果、フリーランスという道を選択しました。

もちろん自分がまさか事業主になるなんて夢にも思わなかったですが、周囲からの後押しもあり、半ば勢いで一人で飛び出しちゃったんです。

今でこそ大きな街頭広告や、大手化粧品メーカーやアーティスト写真など様々なお仕事を頂いている私ですが、もちろん最初から仕事があるわけもなく、貯金は皆無。
フリーランス生活はめちゃくちゃ苦しかったです。。。

しかし、試行錯誤しながらの生活の中でめでたく旦那さんに巡り会い、あれよあれよと結婚に至ったとても強運な私。今はとても自由に、やりたいように働かせてもらっています。

旦那さん自身も会社員であり事業主という顔も持って特殊な働き方をしているので、時々仕事が立て込んで徹夜になったり、逆に時間を持て余して呑気に過ごしていたりという妻の自由奔放な生活っぷりを、何も言わずに認めてくれています。

( 自分の環境って本当にものすごく恵まれていると思う。。。)

さて、ここまで「自由」「自由」と書きましたが、

フリーランスという働き方は、決して「=自由」ではありません。

特に私の場合は基本的にクライアントありきの仕事なので、スケジュールのコントロールの自由がきかないこともたくさん。

スーパーで仕事の電話を受けて慌てて自宅へ戻ったり、晩御飯の支度中に急な修正依頼が来てご飯はそのまま放置…なんてしょっちゅう。仕事とプライベートのON / OFFはかなり難しいです。

そんなわけでフリーランスになって間もない頃、空き時間に買い物へいきたい、でも急ぎの案件、修正の返事を待たなきゃ…

ああああ、、、家から出られない!!!

とモヤモヤしっぱなしでした。
その後取引先や自分の作業のパターンや状況を把握して判断できるようになり、大分マイペースを保てるようになってきたのも束の間…

結婚したら、さらに『 主婦 』という肩書きが増えました。

一人暮らしの頃のように仕事がなければ朝はのんびり、ご飯は適当、お洗濯もお掃除もそこそこ、なーんてさすがにそんなわけにもいかないので、二人きりとはいえ、これがまたなかなか忙しい….。

それにまだ新婚なので笑、料理も手を抜かず修行中、インテリアもキレイに素敵にしたいし…と過ぎていく毎日…。全然ダメだなーと思いながら母、そして世の全ての働く主婦、ママさんたちは本当に偉大だ、と身に染みて感じています。

主婦って、すごいです。

特に家事をこなしがら頑張っている事業主の方、本当に自分で自分をコントロールしないといけないわけですから、会社に働きに出る方よりもある意味大変。

朝起きる時間
仕事を始める時間
旦那さんのためにご飯を作る時間
買い出し( 食料品だけでなく日用品を買い足すのだって一苦労! )
お掃除
お洗濯…

フリーランスなんだから、自由でしょ?好きな時に行けるでしょ?って思っているあなた、大間違いです。特に私のように対クライアントさんのお仕事をしていて、いつどのタイミングで仕事の連絡がくるのか、全く予想もつかない中での主婦業は、思っているよりも大変。

私の場合仕事も大好きだけど、プライベートはきっちり確保したいと思うタイプ。
なので家事をこなしている時や遊んでいる時くらいは、仕事の連絡は受けたくない。

けどそうもいかないわけで。


家にいる間は” プライベート ” と割り切れる会社勤めの方が、ちょっとだけ羨ましくなる時もあります。


でも、モヤモヤする時は、好きなことを仕事にしていること、そして仕事ができることが幸せだ!と思って日々頑張るだけ。

まぁ自分が選んだ道なので当たり前ですね。



最終的にフリーランスで働く上で最も大切なことは、きっと自分の仕事にやりがいや誇りを持つこと。それが一番のモチベーションなんです。

と、日々、自分に言い聞かせてやっています。( 私は自分に弱いので、何もできていない時=やる気がない時なのでとってもわかりやすい…笑 )

なんだかとりとめもなく想いを書きましたが、これからこのブログを通して、自分がフリーランスになってみて感じた不安とか、女性ならではの想いとか…他の人ってどうやってるんだろうな、みたいなものを共有していけたら嬉しいです。

実際色々な局面で困った時にググってみたこともあったのですが、なかなかクリエーター × フリーランス × 女性 or 主婦の方って、想いを発信されている方が少ないみたい。

フリーランスに憧れている方や、まさに今現在フリーでお仕事を頑張っている方。
特に、女性フリーランスの皆さんへ向けたお話もしていけたらと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

kotsume 🙂

>> Today’s Retouch !
img_3523_b 

img_3523_a

*ちょっと大げさですが美味しそうに。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-22-50-36

Photoshop本で挫折したあなたに伝えたい3つのこと

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

ブログを始めるにあたり、、

教えることは初心者なわたくし。
少しばかりお勉強しにブックカフェに行きました。

しかし…座学、大嫌いなんですよね。
私だって元々は本から学ぼうといくつもの参考書を買ったクチです。

でも、いつも買うだけで。

なかなか細かく読み進められなくて難しくて、そのうち全く見なくなる、というのを繰り返しました。

この記事を書き始めて、ふと、あれ?と思って自宅本棚を見ると、忘れていた本たちが…( 右2冊は動画系の本です )

          image1

中にはCSなんてものもあってびっくり。
基本は変わらないので、”いつかのために”捨てずにとっておいたらしいです。
わざわざブックカフェ行かなくても良かったんじゃ…笑
    

さてさて、結果、
私の場合は最終的には学校と、現場や会社で学びました。

Photoshopを仕事道具として使うようになった今、改めて本をめくってみてわかったことがあります。

それは、

皆さんに必要のない情報が、とっても多い!

デザイナーがPhotoshopを使うことが増えたせいか、昔と比べてイラストや文字も複合させた内容のものも多いです。

正直、本はややこしいです。

初心者を混乱させるような小ネタが多かったり(失礼)、小難しかったり。

さらに何冊か見比べてみると、ゴールに向かうアプローチは似ているようで実は、本によって違います。

Photoshopって、ひとつの処理をするのに色んなアプローチがあって、やり方も色々。

そんなこんなで、
これは本で読んだら挫折しちゃうよねと、
しみじみ思いました。

Photoshop歴約15年ほどの私ですが、

Photoshopを使う上で最重要項目…

絶対に抑えておくべきポイントは、
大きく”3つ”あると考えます。

1. レイヤーの仕組みを理解する
2. マスクの仕組みを理解する
3. トーンカーブを制す

この3つ!

詳細は別記事で書きますが、基本的にこの3つを理解すれば色んなツールを使いこなすための土台が出来ます。

写真撮影で言うところのシャッタースピードと絞り、感度の仕組みを理解するような感じです。

いきなり横文字で難しいと感じるかも知れませんが、絶対に避けては通れないですし様々な場面で遭遇するので、基本的には、『慣れ』ですね。

でも、この3つのポイントを抑えておけば、後から出てくる色んなツールやその使用方法をより効果的に理解でき、色んな世界が広がること間違いなしです。

お手持ちの本があれば、その理解力も増すはず。

詳しくは順次、解説していけたらと思いますので、お楽しみに。

今日はこのへんで。

kotsume 🙂

 

>> Today’s Photo !  for instagram.
kotsumeのインスタはこちら 🙂

1119_b

1119_a

多肉植物の本は、趣味です♪