ペンタブレットの選び方について

オンラインコースを作成しているudemyにて、“ペンタブレットのメーカーやバージョンなどによる操作感の違いがあれば教えてほしい”、という質問を受けましたので、このブログで詳しくお答えしたいと思います。
 
 
こんにちは、kotsumeです(・‿・)
 
7月のはじめに公開したばかりのPhotoshop肌修正編コーの中で、レタッチをする際、ペンタブレットの使用を強く推奨しています。
 
  
その理由は大きく2つ
 
 
まずは、マウスでは難しい作業も、ペンで作業することでより感覚的にできる、つまり操作感の向上が可能であること。そして、細かなレタッチをしていく際、ペンタブレットの方が手に負担をかけずに済む、ということ。
 
 
オンラインコースの中では、ペンタブレットについているサイドキーなどの特別なキー操作には一切頼らず、“ペン”さえあればどんなものでも良い、とお話しています。とはいえ、どんなものがいいのか?ということで少し、まとめてみますね。
 
 
 
※あくまでフォトレタッチを前提としてお話をしていますので、ご了承ください。 


 
< まずはじめは、“ペン”操作ができればいい >

“ペン”さえあればどんなものでも良い、というのはメーカーや種類が違っても同じことが言えます。

私は会社員時代から、大手メーカーwacomのIntuos Pro シリーズを使用しています。高機能な設定もできますが特別な機能は何も使用せず、基本的に必要なのは“ペン作業”のみだと思っています。メーカーの違いについては実際に他のペンをほぼ使用したことがないので説得力がないかもしれませんが…語弊がないように言い換えると、
 
 
画面上、Photoshop上で実際にペンで滑らかに描くように作業が出来ればなんでもいい、と思っています。
 
 
ただ、これはあくまでもサイドキーなどを全く使用しない私個人の、ただの好み、ということも補足しておきますが…。もし、まだ一度もペンタブレットを使用したことのない方がどんなものを買おうか迷っているなら、家電量販店などに置いてあるテスト用の実機で使用感を確認して買う事をおススメします。
 
まずはじめは使った感じがしっくりくるか、ペンを握った感じが良いものや見た目などの好み、そしてイラストに使用するのか写真に使用するのかでメーカー特性や売り出し方も変わってくるので、店員さんと相談しながらで十分かと思います。
 
お金に余裕があるなら最初から最新で、高級・高機能とうたっているものを買ってもいいですが、絶対にそうすべき、ということもなくて。“とりあえずまずは使ってみる”、くらいの気持ちで大丈夫です。
 
そう、大事なことは、まずは使ってみること。そして、自分がペンを扱えそうかどうか判断することだと思います。
 


 

< 機能性の違いによる選び方について >

wacomの中でもイラストに特化して使いやすくなっているものや、写真向けのものでもProシリーズやそうでないものといった具合に、同一メーカーでも種類によって機能や性能に違いがあります。
 
写真のレタッチの場合は、私が持っているIntuos ProのようにサイドキーにショートカットやEnterなどのキーを登録できたり、ホイールと呼ばれる丸いボタンでブラシサイズを簡単に変えることができたりと、カスタマイズ性が高い、機能的なものがあります。(そしてその機能の恩恵を全く受けていないのは私ですが…笑)
 
一方、イラスト用に作られているペンタブレットはトレースがしやすい作りになっていたり、おそらくペン自体にも色々な工夫があるのではないかと思います。(イラスト用に関してはすみません、詳しくありません)
 
  
機能を比較して購入する際に大切なことは、、、

 

①筆圧の設定ができた方がいい

ペンタブレットの場合の筆圧とは、ペン先をクリックした時の感知度合のこと。軽いタッチのみでしっかり描きたいのか、しっかり描きたいときはぐっとタッチしたいのか、人それぞれかと思いますが、ある程度自分の使いやすい筆圧に設定できるかどうかで操作感は変わってきます。
 
筆圧の感知する度合いが高ければ高いほど感覚的に作業ができますし、筆圧に加えて画面上での動きがスムーズかどうか、というのも選ぶポイントになります。
 

②モニターとペンタブレットのサイズのバランス

モニターが大きいのにペンタブレットが小さい、又はその逆といった具合にバランスが悪いと、作業がしづらくなりますので気をつけましょう。画面の広さとペンタブレットの作業面積を一致させても、そもそも物理的なサイズが合っていないと同じ長さの線を引くだけでもやりづらくなってしまいます。
 
具体的にどれくらいのサイズがいいのか?という点は参考までにこちらをご覧ください。人それぞれ環境に個人差があるのでここでは触れませんが、モニターのサイズを伝えた上で店員さんに相談してみるといいと思います。同一メーカー、同一種類ならばサイズの違いで機能に差はないはずです。
  
**
 
また、物理的なサイズはデスク上の作業スペースなどの条件や持ち運ぶかどうかによっても決められると思いますし、純粋にサイズが大きい程高価になっていきますので、お財布との相談も必要ですね。
 


 
ここまでまとめてみると、いかに私がペンタブレットにこだわりがないか、というのがバレてしまうのですが…笑
 
 
これは会社員時代の話。上司は基本的にいつでも新しいペンタブレットを使用していました。でもやはり会社という場所ですので、新しいペンタブレットが出たからといってスタッフ全員が最新のものを使っているか、というとそうでもありませんでした。私自身、wacomはwacomでも大昔のグレーの(昔のwacomはグレー色でした)ペンタブレットで作業を強いられていたこともあります。
 
 
でも。実際レタッチをする上で、それで充分だったんですよね。
 
 
細かいことを言えば筆圧の感知度が低いとか色々あったかもしれませんが、レタッチ作業自体には特に支障がなかったですし、今も、まだ使えるからという理由で、昔使っていた化石のようなペンタブレットを未だに持っていたりもします。
 
とはいえ限度はありますが、少なくとも1台使えるものがあれば数年、10年以上?くらいはしっかり使い倒すことは可能です。

 


 

私がどうしてサイドキーを使用しないのかや、ペンタブレットの使用を推奨するメリットなど、ペンタブレットについてudemyのオンラインコース内でお話ししています。ペンタブレットに関しての動画は無料プレビューとして公開していますので、よかったらそちらも併せてチェックしてみてくださいね▼
 
 
Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

それでは今日はこのへんで。

 kotsume 🙂 



>> 
kotsumeのインスタはこちら🙂

Photoshop写真加工の基本3 知られざるトーンカーブの使い方

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

もう随分前になってしまいましたが、私が考える、Photoshopの基本3つというお話をしたことを覚えているでしょうか?

今回はその3つ目。ずっと放棄していた ( ゴメンナサイ ) 最後の基本についてお話したいと思います。

▼ここまでのPhotosopの基本についてはコチラから▼
Photoshop本で挫折したあなたに伝えたい3つのこと
・基本1-1 Photoshop写真加工の基本1-1  レイヤーを侮るべからず
・基本1-2 Photoshop写真加工の基本1-2   プロはレイヤーをこう使う
・基本2-1 Photoshop写真加工の基本2-1   5分でわかる!マスクの仕組み
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-2   目指せマスク名人!
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-3   続・目指せマスク名人!


 
というわけで私が考える、Photoshopの基本その3。
 
3.トーンカーブを制すべし。
 
皆さんトーンカーブ、使っていますか?
 

 
実は私、トーンカーブって最強ツールだと思っています。
 
その理由は主に3つ。
 
 
 
1.トーンカーブだけで基本的な色やトーンの補正はほぼ完了できる。
 ー 他の色調補正ツールでできることの殆どが、トーンカーブでも可能です。
 
 2.マスク作成などにも大活躍!
 ー 私はよく、選択範囲・マスク作成、処理の確認のために使用します。
 
 3. マスクと併用しましょう!
 ー マスクを併用することで使い方は無限に。
  
 

基本的な使い方については別途記事を書かせて頂くとして、今回は、どのようにトーンカーブを応用して使っていくかをご紹介したいと思います。
 


  
 
1. トーンカーブだけで基本的な色やトーンの補正は完了できる。
 
まず。これはとても基本的なことですが、トーンカーブではシャドウ、ハイライト、そして中間調の明るさをそれぞれ別々に調整していくことができます。そして全体の明るさだけでなく、RGB ( Red Green Blue )、各色におけるシャドウやハイライト、中間の明るさ調整もすることが可能になります。

主な使用例として、
 
< 全体の明るさ調整では >
・ハイライトやシャドウの強弱
 -コントラストを上げたり下げたりすることが可能
・それぞれの明るさを別々で調整することが可能
 -最も暗い場所や最も明るい場所のみ、中間調のみにアプローチ出来ます
 
< RGB各色の明るさ調整では >
・部分的に色の明るさを調整
 -ハイライトのRedだけを強調する、シャドウのBlueを少し減らすなど。
・補色の色関係を使った色調整が可能
 -Redを下げるとシアンが強くなる、Blueを下げるとイエローが強くなるなど。
 

RGBと書いてあるプルダウンから、各色ごとの調整をすることが出来ます。
 
このような様々な使い方をうまく組み合わせていくことで、特定色域の選択、コントラストと明るさツールなどの操作に相当するような調整をしていくことができる、優れものツールなんです。
  
初心者の方にとっては色の調整などかなり難しい方法かもしれません。
 
ただ、RGBの色について、補色の関係について知った上でうまく使用すると、かなり細かく色の調整をしていくことができますので、ぜひマスターしておきたいツールと言えます。 

 


 
2. マスク作成・処理の確認にも大活躍!

 
直接レタッチをするためにトーンカーブを使用するのではなく、その補助として使用する方法です。
 
 
< マスク作成 >
色やチャンネル、Photoshopの自動認識の力 ( 自動選択や選択とマスク機能など )を使用して選択範囲を作成するとき、選択範囲を作成するためだけに、トーンカーブを使用することがあります。
 
Photoshopの機能を使用して選択範囲を作成する場合に、ひとつのポイントとなるのが、“ 境界線が判断しやすいかどうか ”
 
例えば。クイック選択ツールを使用するとき…

 
①何もしないで選択範囲を作りたい場所をクリックするとこのようになります。

コントラストを少しあげた状態で同じ場所をクリックしてみると…

何もせずにクリックしたときよりも、足元や背中のあたり、境界線をより的確にとらえているのがわかるでしょうか?
 
トーンカーブは下図のように調整しました。
( ハイライトとシャドウを強く、中間を明るくしています )

 
写真にもよってあまり効果がないこともありますが、
コントラストを上げる=境界線をよりハッキリと認識しやすくする
 
このような効果が期待できることが多いので、私も普段よく利用する方法です。ちなみに、ハイライトとシャドウ部分のみを均一に調整するコントラストツールよりも、自分の好きなように調整ができるトーンカーブの方が、微調整が効くのでお勧めです。
 
 
 
 
< 処理の確認 >
これはレタッチャーならでは、の使い方かもしれませんが、スタンプなどで肌をきれいにしたあと、処理の確認用にトーンカーブを使うことがあります。
 
 
スタンプなどをしたあとに、トーンカーブで全体のトーンをぐっと暗く( 明るく )すると、オリジナルの明るさでは見えてこなかったスタンプのムラ、消し残しなどが見えてくることがあります。これは非常に細かい話で、職業病的なところもあるんですが^^;
  
例えばこちら。
レタッチ前はそばかすが目立ちます。

 
▼綺麗にレタッチしたように見えますが…

 
▼トーンカーブで暗くしてみると…まだまだそばかすが隠れているのがわかります。

 
通常の明るさでは十分に綺麗に見えます。でも、レタッチ後のトーン調整などで暗くなったり明るくなったりすることで、このように消し残している箇所やスタンプのムラが見えてくることがあるんです。
 
 
これは、レタッチの精度をより高めたいときに有効な方法です。
 
ただし!あくまで確認用です!
 
試してみる場合は、下記のような注意点を覚えておいてください。
 
 
・すべてのレイヤーの一番上にトーンカーブを作成すること。
・最終的には必要のないトーンカーブだとわかるようにし、統合時には削除するのを忘れずに。
・ムラなどの修正をする場合は、必ずその確認用トーンカーブレイヤーの下で行うこと。
 
 
明るいトーンカーブや暗いトーンカーブをかけてみたりすることで処理の確認ができたり、オリジナルでは見えてこなかったレンズの汚れなどが発見できることもありますので、ぜひ一度 “ 確認用 ” のトーンカーブ、使用してみてください。より繊細なレタッチに役立てることができます。
 
 


   
 3. マスクと併用しましょう!
 
最後に。
 
これはトーンカーブに限ったことではありませんが、マスクと併用することでかなり細かな調整が可能になります。
 
 
主な使い道としては、
「 調整ツール ( トーンカーブ ) +レイヤーマスク+ブラシで調整 」
 
この使い方ができるようになれば、レタッチの幅はかなり広がります!
つまり、必要のない部分には調整がかからないようにする。この一言に尽きます。
 
 
今回ご紹介したポイント1、トーンカーブの様々な使用用途についても、マスクと併用することで、部分ごとに効果的に使うことができるようになります。
 
▼マスクを使用した部分的なレタッチ方法についてはこちらで詳しく解説しています▼
・基本2-1 Photoshop写真加工の基本2-1   5分でわかる!マスクの仕組み
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-2   目指せマスク名人!
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-3   続・目指せマスク名人!

 

 


  
私のトーンカーブ愛については書ききれないくらいですが笑
 
実際に私の場合、簡単な人物のレタッチなどはスタンプすら使わずトーンカーブのみで全て調整してしまうこともありますし、どんな写真をレタッチするときも、とにかくトーンカーブばかり多用しています。
 
 
トーンカーブは写真の明るさ以外に細かくRGBの調整、つまり色を扱うツールなので、初心者の方にとっては難しい、という印象のあるツールかもしれません。ただ、コツを覚えてしまえばトーンカーブの使い道は無限、かなり使えるツールなので、使えるようになると使用頻度が高くなること間違いなしです。使用したことがない、という方はぜひ一度使ってみることをおススメします。
 
 
 
長くなってしまうので、基本的な使い方についてはまた別途。
それでは今日はこのへんで。
 
 
 
kotsume 🙂

 


>> Today’s Retouch !

 

 
このレタッチ、スタンプとトーンカーブのみで作業しています。いつかその方法をシェアできたらと思っています。
 
>> kotsumeのインスタはこちら🙂

切り抜き画像が背景になじまないワケ。

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

今日は切り抜き合成のお話を少し。

Photoshopを使用して切り抜きした後、切り抜きとしてはそこそこ綺麗にできたのに
実際に別の写真にのせて合成してみたら、

「なんか浮いてる?」「一枚の写真に見えない!」「合成したの、バレバレかも…」

なんてこと、ありませんか?切り抜きはうまくいっているつもりなのに、どうして、綺麗になじまないのか?

 

切り抜きした画像の使用方法は主に、

①別の写真を背景として使用 ( 写真と写真を合成 )
②切り抜いたまま ( バナーやチラシ用として、白黒やカラーの背景に合わせる )


この2つのパターンに分けられるんじゃないでしょうか。そこで今回は、このパターンに沿って、「切り抜き画像が背景になじまない」、その “ 理由 ” についての話です。

 



①別の写真を背景として使用 ( 写真と写真を合成 )

 
 

        +


このハリネズミを、このリンゴの隣に並べたい!という場合。ハリネズミを切り抜いた画像を配置し、サイズ感を調整します。

するとこのように、少し合成感のある画像に ( 思ったより綺麗ですが…笑 )。

ではなぜ合成感が出てしまうのか、じっくり考えてみたことはあるでしょうか?合成感が出てしまう理由は基本的に、

1.   2枚の写真のピント感が合っていない
2.   光源の位置、光の当たる方向や影などが2枚の写真で異なる
3.   写真全体のトーンや素材感、質感が異なる

この3つ。
具体的には…

1.  2枚の写真のピント感が合っていない
全く違うシチュエーション、違うレンズ、カメラで撮影された場合は特に、単純に撮影時の絞り設定やピントの合わせ方が違います。このハリネズミとリンゴの写真ももちろん全く別のところから持ってきた素材ですので、同じわけがありません。

合成①では、ピントの合っている場所を合わせるために、瓶の後ろへ配置しました。
そう、このピントについて何も考えずに配置をすると、

こうなってしまうから。これでは、合成感丸出しです。

写真にはピントの合う範囲、“ 被写界深度 ”、という考え方があるのですが、2枚の写真を合成感なく合わせたい場合、このピント感は非常に重要なポイントになってきます。

ピントの合っている場所をぼかすのは簡単ですが、ピントの合っていない場所をシャープにするのは難しい、ということも覚えておきましょう。

 

2.   光源の位置、光の当たる方向や影などが2枚の写真で異なる
1と同じ理由ですが、もちろん撮影された場所や角度が違えば、光が違います。光源のある位置が変われば影の出方も変わりますし、その光の強さによって影の鋭さや明るさなども違ってきます。

 

3.   写真全体のトーンや素材感、質感が異なる
光源が違えば、光の色も同様に変わります。いわゆるホワイトバランスです。太陽光なのか蛍光灯なのか…パッと見た感じ同じだろうと思って合わせても厳密には違ってくるので、どこか違和感を覚えることも。

さらに素材感、というのはノイズの出方やシャープネスの強弱の違いなどが挙げられます。ノイズは撮影時の感度によって変化しますし、シャープネスは撮影時の設定によるところも大きいです。

 

このような3つのポイントに気をつけて、境界線や影などを調整すれば、



           ↓↓↓

このように、自然に仕上げることができます。

 



②切り抜いたまま ( バナーやチラシ用として、白黒やカラーの背景に合わせる )


デザインの一部として使用する場合、切り抜き画像の背景はおそらく色のベタ塗り、つまり一色で塗られたもの、もしくはイラストや模様などになりますよね。

このとき、ピントがどこに合っているかや、①で述べたような光の位置や方向などはあまり、問題にはなりません。

じゃあ切り抜いたそのままでいけるんじゃないか、と思ってもなんだかイマイチになってしまうのは、なぜでしょう?

 

その画像には、

切り抜く前の背景がエッジに残っていませんか?

先ほどのハリネズミを切り抜いて、Photoshop上で白い背景に載せてみると…



背中の針や耳のあたりなど、エッジがおかしいですよね。このエッジにある、切り抜いた針の周辺の色は、ハリネズミの背景の色が残っている状態。

そう、結構キレイに切り抜いた “ つもり ” でも違和感があるとき、そのほとんどがこのように背景の色が少し残ってしまっているというケースが考えられます。

この残った背景の色がなくなるだけで、こうやって、綺麗に見せることができます。

このような状態にしておけば、

 

白でも黒でも、他の色でもイラストでも。。綺麗に合成ができます。


パッと見た感じ切り抜き自体は綺麗なのに合成がうまくいかない、
というのは、実はプロであってもよくあること。

切り抜いた画像のエッジをぼかして背景となじませましょう、影をつけましょう、というだけの説明を多く見かけます。

でも、

本当に綺麗に合成をしたいのなら、大切なのは、合成をしたあと、しっくりこない違和感がどこにあるのか?をきちんと探ること。

いくら切り抜きの方法だけ知っていてもダメ。写真についての知識や見極める力も必要です。

というわけで、私がどのようにエッジをなじませて完成させたのか、それはまた別の機会に。。

 

kotsume 🙂 

All photo by Adobe stock & Retouched by kotsume


>> Today’s Retouch !
  + 
↓↓↓



>> 
kotsumeのインスタはこちら🙂