Adobe CCのセミナーを受けてみました

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

つい、先ほどの話。本当に数時間前。
Adobe公式の無料オンラインセミナーを受講しました。

テーマは、Adobe Creative Cloudの有効活用。

グループでのライセンス契約についてや、クラウドサービスを使用したデータの共有など、基本的には複数使用するような、また導入を考えている企業向けのものだったようです。他には、デスクトップからモバイルアプリに至るまでのワークフローなどなど。

私の場合今更感はありますが…最新PSを追いかけてアップデートしていくうちにするするっとCCに移行してしまったので、知っているようで知らない話、最新情報が分かりやすく聞けるかも、という興味で話を聞いてみました。

というわけで、内容は1時間程度と短かかったものの…興味深いお話も結構あったので、共有したいと思います。

 


<クラウドストレージについて>

最近はブログのため、教えるための素材としてAdobestockを多用していたり、以前Typekitを使っていたこともあって、Adobe Creative Cloud ストレージ( Google DriveやicloudのAdobe版 )の話やソフト間でのライブラリ共有の話など、とてもためになりました。

クラウド共有が当たり前のご時世、全く真新しい話ではないんですけど、とにかく私、使ってなかったんです、クラウド機能って^^;

最近家ではメインPC、外ではラップトップと、2台のPCを使い分けることも多くなってきた私。Googleではしっかりとドライブやドキュメント、スプレッドシート等を駆使して同一ファイルを各PCで共有して作業しています。

が、、Photoshop関連の作業中psdデータやAdobestockでダウンロードした素材も同じくGoogleドライブで管理、必要な時に一度PCにダウンロード、そこからPSで加工、といったことをしておりました。

私、随分と二度手間だったのかも~_~;

セミナーの話を聞きながら
クラウドストレージ、間違いなく使うべきだなと。

オンライン環境でAdobeアカウントにログインしていれば、各Adobeソフトを開いたままライブラリ、という場所からドライブの中を閲覧することができ、そこからドラッグするだけ。

ストレージ上ではダウンロード素材だけでなく、普段使用するカラー情報、自分で作成したデータなどのデザインに必要なものを全て保存可能、各ソフトが連携して共有できるようです。さらに共有範囲はモバイルアプリまでカバー。

デザイン用にダウンロードしたTypekitのフォント素材だって、各PCごとでダウンロード、なんて超面倒なことしてました…恥ずかしい笑

今までなんで使っていなかったんでしょうね、クラウドストレージ。

(でもそもそも、Photoshopオフライン状態でも充分仕事は成りたちますから、必要性は特に感じなかった、という言い訳しておきます…)

ふふ、今度から迷わず使います。クラウド。


>> Adobe Creative Cloud ストレージについてはコチラ

 


<モバイル版Photoshop>

こちらはセミナーで少しだけ触れた程度だったのですが、思った以上にモバイルアプリの種類が多いことを知った、ということで追記。

 

元々、随分前にモバイル用アプリのPS Expressを使ってみた感想が、「んー、イマイチ」と思っていたため深追いはしなかったのですが、ちゃんと調べてみるとPhotoshop FixPhotoshop Mixなるものが存在していて、それぞれ変形や合成、テキストの追加、色補正といった得意とする分野ごとにアプリが別れているような印象です。

それもまた各ソフトで同時編集が可能であったり、さらにはクラウドを通じたデスクトップ版Photoshopとの連携まで。

そんな何種類もあるなんて、App storeで検索した時気づかなかったな。。。というか、なかったのかな。ホントに知らなかったです。。恥

デスクトップ版で馴染みのある修正ツールが簡易的に使えたり、指先ならではの気軽さでかなり色んなことができるようなので、プライベートやデザイナーさんのカンプづくりなどであれば、使い方は無限かも。

早速、先ほどPS関連アプリは全てダウンロードしたので色々試してみようと思います。

>> Adobe Mobileについてはコチラ

 


<web関連のお仕事はないけど、それでもちょっとやってみたい!と思ったXD>

XD = Adobe Experience Design CC

ざっくり説明するとUI/UXデザイン向けのもので、PCやタブレット、スマホ等の各デバイス用webサイトを作るためのソフトのようです。(プロトタイプ作成?)

コーディング ( 実際にブラウザ上で見られるページを作成すること ) をせずして、XD内で作成したデザインをそのまま、ブラウザで見られるような状態に書き出し、そしてそれを作成者やクライアントで共有する、というところまで管理出来てしまうとか。

※無知なのでAdobe Muse ( 同じくコーディング不要とのこと )?との違いまでは分かりません。あしからず。

これ、私には全く、さっぱり関係ないんですが、実際の操作画面を見ているとすごく楽しそうでした笑 画面もシンプル、操作もシンプル。まだβ版ですが月一くらいのペースでアップデートがリリースされ、日々進化しているみたいです。

いいなぁ。。。あんな感覚的にWebサイト作れたらいいなぁ。。楽しそうだなぁ。。。、という素直な感想でした。

>> XDについてはコチラ


 

そのうち、もっと具体的なワークフローについても詳しくお話出来たらいいのかなと思いながら、今日は感想のみということで。

余談ですが、最近多いwebinar ( = オンラインセミナー )。開催場所にお金がかからないからか、無料開催が多いのが魅力的。リアルタイムなのに会場へ移動しなくて良いため、参加しやすくて個人的には好きです。私の受講したAdobeなど、大手企業開催のものも多いので、皆さんも興味や機会があればぜひ、受けてみてください。結構、面白いかも。

では、今日はこの辺で。

 

kotsume 🙂 

 


>> kotsumeのインスタはこちら🙂

シリコンバレーのAdobe本社に行ってきました。

 

こんにちは、
kotsumeです(๑・‿・๑)

 

今日は珍しく旅行記です。

実は先日、サンフランシスコ、
Adobe本社に行ってきました!


記念撮影スポットの大きなロゴは、石の壁に刻まれておりました。

旦那さんのお仕事にちゃっかり便乗して行ってきたのでオール英語のセミナーに参加できたり、海外の自由な職場を見学させてもらったり。坂の町、霧の町、広大な大地。。

そしてローカルな電車を乗り継いで、シリコンバレーに行ってきました( 正確にはサンノゼ近辺。シリコンバレーは街ではなく、サンフランシスコのベイエリア全体を指すそうですが、ITの聖地名としてあまりに有名なので…)

そう、Silicon Valleyと言えば、
みなさんご存知でしょうか?

Google、Apple、Microsoft、Intel、、
ITの聖地として知られている場所です。

Appleが誕生した場所、そしてひとつの街と化している広大なGoogleの敷地。。

長年Appleユーザーの私、映画で見た場所infinite loop、その辺を歩いてるスタッフにまで、何でも興奮した。。。笑

現地ストアで売られているTシャツやステッカーを購入してきました(たぶん限定)


可愛かったGoogle自転車。敷地が広すぎてスタッフはこの自転車かバスで移動しているみたい。


Steve jobs関連の映画に出てきた場所!行く前に映画観たので、本物見られて嬉しかったですw

 

 

そして!

私にとって絶対に忘れてはいけないAdobe本社▼


大きなビルがそびえ立っていました。
右上の方、わかりにくいですがしっかり赤いロゴが付いています。


ビル前にはオブジェがあったり柱の一面がオシャレなデザインの模様になっていたり。Adobeらしい雰囲気。

セキュリティも厳しく、ショップもなく、表でロゴと写真を撮るくらいのことしか出来なかったけど。

Photoshopユーザーの私にとってはこここそが聖地 ٩( ᐛ )و 

実は以前、イベントで来日していた創始者トーマス氏と会ったこともあるのですが、その時と同じくらい興奮しました。

あぁ、この場所が世界のクリエイティブの発信地、そして私に仕事を与えてくれる笑Photoshopが生まれたんだなーと。

気持ちを新たに出来たので、行ってよかったです。

 

・・・・・・・・・・

と、いうわけで。
ついつい興奮気味なレポートでしたが。。

本当はサンフランシスコ市内のレタッチ企業に突撃見学!もしたかったんですが、残念ながら時間がなく。

参考資料も兼ねてVOGUE USを買って(日本じゃ高いので)、化粧品売り場や広告をチェックして帰ってきました。あと美術館にも行けたのでアートも満喫。

せっかくなのでこれは余談ですが、

実は、海外のレタッチの流行が、遅れて日本にやって来たりするんです。
人形のように仕上げたり、ナチュラル志向になったり。シワの取り方残し方、トーンや写真の構図まで…レタッチや写真にも流行りはあります。

日本に展開しているブランドでも海外と日本で違う広告であることが多いため、よく知るブランドの広告を眺めるだけでも楽しいです。色合いから既に全然違ったりするので、海外に行くことがあれば、ぜひ、街中の広告や写真を観察してみてください。

そんなこんなで一週間、アメリカを堪能して来ました。

はー、楽しかった!また行きたいです。

kotsume 🙂


>> Today’s Retouch !

Googleのロゴとドロイドちゃん(君?)が一緒に撮れた場所。慌ててやむを得ず撮影したので人が邪魔・・・(泣)というわけで、せめて、と思いドロイドちゃんの後ろと前にいる二人に、消えて頂きました。 拡大すると少々雑なんですが。。。よしとします。

>> kotsumeのインスタはこちら🙂

レタッチ作業環境のおはなし。

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

ここのところ肩こり、首痛からくる
頭痛があまりにひどかったので、
急遽マッサージを。
たった20分だけど、救われました…

実は下積み苦労時代から酷使して
身体を壊しまくり、20代前半にして
” おばあちゃんの身体 “ と呼ばれた私。
様々な整体やマッサージを転々とし、
最終的にご縁でずーっとお願いしている、
ゴッドハンドの持ち主がいるんです。
( 人気爆発でお願いできなくなると困るのでナイショ )

ほんと、定期的に身体もメンテしないとダメなんですね。。

というわけで本日は、
そんな身体にとってとても大切な、
レタッチの作業環境について。 

皆さん、レタッチをしていると、スタンプとか楽しくなって、( もしくはやらなきゃいけなくて… )、ついつい何時間もやっちゃいませんか?

モニターを見ながら何時間もかじりつくと
どんどん姿勢が悪くなって身体はガチガチ、
まばたきも減って目も疲れるし、
たまに息することを忘れちゃうことも(  ←意識してないとほんとに息止まります私 )。

レタッチャー( 特に会社 )は、朝から晩まで、何なら朝から朝まで途切れることなく、ずーーーーーーっと、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっと、画面とにらめっこしています

よくサラリーマンやOLの方がデスクワークが辛くて疲れる…と言いますが、間違いなく、レタッチャーの方がPCにしがみついて仕事をしています。 ( 言い過ぎだったらごめんなさい )

しかもレタッチの仕事はピクセル単位、トーンカーブなども時に1%の差だって使い分けるほど繊細な作業ばかり。さらに出力(プリント)して色を確認したり、とにかく”目”をよく使い、ひたすら”手”を動かし、デスクから殆ど離れません。

 

それでもレタッチャーが、毎日長時間
仕事を続けられるのはなぜか?


その答えは、いたってシンプル。

作業環境が整っているから
です。その作業環境とは主に…

1.モニターのキャリブレーション( 画面の色調整 )が出来ている
2.長時間座っても疲れない椅子( 大体10万以上するものが殆ど )を使っている
3.適切な環境光である ( 作業する部屋の電気のこと )
4.マウスではなく、ペンタブレットを使用する

——————————————————-

1については、ちょっと専門用語で書きましたが、簡単に言うとレタッチに適したモニターを使っているということ。表示画面の色調整、明るさ等々がきちんと数値で調整・管理されているモニターですね。( とても難しいので、今回は詳細は割愛 )
通常のPCモニターやテレビなどは輝度(明るさ)が高く、派手めな色再現がされているため、長時間見続けると目がとんでもなく疲れます。

また、一般的に売られているモニターは細かい色調整は難しく、別売りでキャリブレーションをとる( = 色調整をする )ための機材ももちろんありますが、写真・広告業界で使用されている筆頭格といえば、EIZOのColor edge
中古であっても新品の他メーカーより高いですが、もう、これがないと全く仕事になりません!

——————————————————-

2について。椅子も、
ハッキリ言ってお金がモノを言う世界。
有名なところでいうと、こちらでしょうか。疲れが全然違います。
金額が高い上に、ひとつ20キロ以上( 2017年1月現在 )とかなり重いので個人で持つにはなかなかですが、業界のレタッチャーが何年働いても倒れないでいられるのは、間違いなくハイクラスな椅子のおかげだと思います。

——————————————————-

3、環境光。部屋の電気なんてなんでもいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、煌々と照っている光のもとで長時間作業するのは意外と疲れるもの。色を見なければいけない時はきちんとしますが、たまに私も暗めの部屋で黙々とレタッチしていることがあります。

もっと細かい話をすると、色を正確に見るための色評価用ライトと呼ばれるものがあったり、部屋の色温度( カメラの色温度の概念と同じ )はこれぐらいがベスト、という基準があったりします。( これもとても難しい話 )

——————————————————-

 そして、最後に忘れてはいけないのが4のペンタブレット。言わずもがな、レタッチャーはマウスは使いません。


 

私自身レタッチの会社に初めて勤めたとき、多くの方が裸眼( 勝手にメガネが多いと思ってました )で、さらに腱鞘炎になることもなく、来る日も来る日もひたすらレタッチしている姿を見てとっても驚いたこと、今でも鮮明に覚えています。

その後実際に自分も同じ環境で働き初めて、
作業環境の大事さを思い知らされました。

今日みたいにマッサージに駆け込んだり、まばたき不足?によるドライアイで眼科に行くこともあるし、太陽の光が辛くて夏場はサングラス必須、携帯の画面も1日中ナイトモードでないと光が強くて見ていられない…くらいには長年にわたって身体張ってます。。

それでも視力は裸眼で両目共に1.2!
絶対に作業環境のおかげだと思います。

ご紹介した全てを実現することは難しいと思いますが、作業環境を侮って長時間作業し続けるのは、本当に気をつけましょう。

では、今日はこのへんで。

 

kotsume 🙂 


>> Today’s Retouch !

インスタ風に、おもちゃっぽくしてみました〜

>>  kotsumeのインスタはこちら🙂