海外と日本のレタッチ事情の違いとは?

突然ですが昨年に続き、今年もアメリカに行ってきました!
 
昨年行った際にはAdobe本社やGoogleなどを巡ったこともあってそちらの話題がメインの記事を書かせていただきましたが、今回は、昨年も少し触れたのですが…海外と日本のレタッチの違いについて、ちょっとお話してみたいと思います。
 
 
昨年の記事はこちら▼
シリコンバレーのAdobe本社に行ってきました。


 
日本と海外、広告写真の違い


私は普段から化粧品関連のレタッチをすることが多く、海外ブランドの日本版、というお仕事もよく引き受けています。具体的には、既に仕上がったレタッチを日本仕様にする、といったような内容のものがほとんど。(主にアメリカのブランドですが)
 
既にレタッチしているのに何をするの?と思われるかもしれませんが、リップの色を変えたり肌のトーンを調整したり。
 
 
同じブランドの同じシリーズの中でも、海外で売られている商品、日本で売られている商品とでは、カラー展開やパッケージなどが違うことがあります。海外では派手目の色だったものが日本版では少し落ち着いたカラーになっていたり、肌のトーンの方向性も全く違います。アメリカでは多種多様な人種向けにかなり濃い色味があっても、日本人の肌は黄色。さらに一般的に白い肌を綺麗とする傾向が強いからか、濃い色味のファンデーションは全く
販売していない、といった感じに。
 
 
これは特に化粧品広告の場合だと思うのですが、海外用と日本用とでモデルや写真は同じでも、メイクをガラッと印象の違うものにするという修正指示があったりします。訴求ポイントが違うからだとは思いますが、ラメやカラーでギラギラなメイクを、思いっきりナチュラルにしてくれ、といった無茶振りもしばしば…。

 
 



肌はツルツル!が当たり前なのは日本特有?

日本の雑誌や街頭で見かける化粧品の広告って、基本的に映っているモデルはみんな肌がツルツルですよね。きっと、誰もそこに疑問すら持たないと思いますが、駅などで大きく貼られた広告を見ても、化粧や照明で肌がシミひとつなく綺麗だったり、もしくは元々の肌が綺麗かのように見えるもの (ほぼレタッチが入っていると思ってくださいね)、がほとんどかと思います。
 
でも海外の場合。シワは普通に残っているし、毛穴も結構目立っている広告、結構あります。
 
 
例えばこちら。某ブランドの化粧品広告の一部です。いずれも、英語版サイト、日本語版サイトから引っぱってきたものですが、肌色、レタッチの仕上げ方、全然違いますよね?
 


  
 
 
US版にあるこの口元のシワや目頭や涙袋の小じわ。ご覧の通り、日本版では自然に綺麗になっています。私のこれまでの経験からも、日本ではこのまま残しておくなんて、まずまずありえません…。さらに、肌色も日本向けに白っぽく綺麗になっています。
 
 
一応、語弊がないようにしておきたいのですが、綺麗にレタッチされている広告も海外にもたくさんあります!(笑)

 
でも実際にアメリカのデパートやドラッグストアなどで化粧品売り場をチェックしてみると、意外にも日本のように執拗にレタッチしている、という化粧品広告はあまり見かけません。

 
日本でも数年前からナチュラル志向のレタッチになってきたとは言われていますが、アメリカのようにはいかないみたいで…様々な事情により、日本で展開するためにツルツルにする、といった仕事を引き受けることが結構多いのが現状です。
 
 


 

ファッション誌の違い
 

レタッチのみにフォーカスしましたが、そもそも。ファッション誌のあり方も大きく違うように思います。
 
今回アメリカで、US版のVOGUEとBAZAARを買ってきました。日本でも書店に行けば購入出来るので(めちゃくちゃ高くなっていますが…) 見たことがあるかもしれませんが、海外の雑誌って、紙質からボリューム、内容も結構違います。
 
 
日本の方がサイズも大きいものがほとんどで、紙質もよくてページ数もほぼ倍。比べると一目瞭然!一番上が日本版VOUGEです。
 

 

 
  
日本の場合、とにかくたくさんの流行や最新の情報、占い、特集、コーデ案やメイク提案などなど。しっかり ”読み物” として成り立っている印象があります。付録つきのものも今では当たり前ですし。
 
でも、海外の雑誌ってそうでもなくて。
 
ファッション × モデルやタレント、アーティスト × フォトグラファーでコラボのような写真集みたいなページがあったり。情報だらけの日本版に比べて読むより見て楽しむもの、といった印象があります。
 
VOGUEに関しては昔、一度見比べたことがあるのですが、イタリア版、イギリス版、アメリカ版、フランス版、いずれも日本とは全く異なる印象だったのを覚えています。
  
  
そういえば、同時期の海外版雑誌をいろいろ見比べることで撮影の流行り、みたいなものも見えてくると教わったことがありますね。
 


 

私の場合は完全に職業病的ですが。。海外に行くとついつい、広告や本屋で雑誌などをチェックしてしまいます。
 
写真だけでなく色づかいなども含めて結構お国柄があって面白いので、デザイナーさんなんかは、配色とかも結構参考になるかもしれないですね。というわけで、もし海外に行くことがあったらぜひ、広告などをチェックしてみてください^^

kotsume 🙂 


>> kotsumeのインスタはこちら🙂

ペンタブレットの選び方について

オンラインコースを作成しているudemyにて、“ペンタブレットのメーカーやバージョンなどによる操作感の違いがあれば教えてほしい”、という質問を受けましたので、このブログで詳しくお答えしたいと思います。
 
 
こんにちは、kotsumeです(・‿・)
 
7月のはじめに公開したばかりのPhotoshop肌修正編コーの中で、レタッチをする際、ペンタブレットの使用を強く推奨しています。
 
  
その理由は大きく2つ
 
 
まずは、マウスでは難しい作業も、ペンで作業することでより感覚的にできる、つまり操作感の向上が可能であること。そして、細かなレタッチをしていく際、ペンタブレットの方が手に負担をかけずに済む、ということ。
 
 
オンラインコースの中では、ペンタブレットについているサイドキーなどの特別なキー操作には一切頼らず、“ペン”さえあればどんなものでも良い、とお話しています。とはいえ、どんなものがいいのか?ということで少し、まとめてみますね。
 
 
 
※あくまでフォトレタッチを前提としてお話をしていますので、ご了承ください。 


 
< まずはじめは、“ペン”操作ができればいい >

“ペン”さえあればどんなものでも良い、というのはメーカーや種類が違っても同じことが言えます。

私は会社員時代から、大手メーカーwacomのIntuos Pro シリーズを使用しています。高機能な設定もできますが特別な機能は何も使用せず、基本的に必要なのは“ペン作業”のみだと思っています。メーカーの違いについては実際に他のペンをほぼ使用したことがないので説得力がないかもしれませんが…語弊がないように言い換えると、
 
 
画面上、Photoshop上で実際にペンで滑らかに描くように作業が出来ればなんでもいい、と思っています。
 
 
ただ、これはあくまでもサイドキーなどを全く使用しない私個人の、ただの好み、ということも補足しておきますが…。もし、まだ一度もペンタブレットを使用したことのない方がどんなものを買おうか迷っているなら、家電量販店などに置いてあるテスト用の実機で使用感を確認して買う事をおススメします。
 
まずはじめは使った感じがしっくりくるか、ペンを握った感じが良いものや見た目などの好み、そしてイラストに使用するのか写真に使用するのかでメーカー特性や売り出し方も変わってくるので、店員さんと相談しながらで十分かと思います。
 
お金に余裕があるなら最初から最新で、高級・高機能とうたっているものを買ってもいいですが、絶対にそうすべき、ということもなくて。“とりあえずまずは使ってみる”、くらいの気持ちで大丈夫です。
 
そう、大事なことは、まずは使ってみること。そして、自分がペンを扱えそうかどうか判断することだと思います。
 


 

< 機能性の違いによる選び方について >

wacomの中でもイラストに特化して使いやすくなっているものや、写真向けのものでもProシリーズやそうでないものといった具合に、同一メーカーでも種類によって機能や性能に違いがあります。
 
写真のレタッチの場合は、私が持っているIntuos ProのようにサイドキーにショートカットやEnterなどのキーを登録できたり、ホイールと呼ばれる丸いボタンでブラシサイズを簡単に変えることができたりと、カスタマイズ性が高い、機能的なものがあります。(そしてその機能の恩恵を全く受けていないのは私ですが…笑)
 
一方、イラスト用に作られているペンタブレットはトレースがしやすい作りになっていたり、おそらくペン自体にも色々な工夫があるのではないかと思います。(イラスト用に関してはすみません、詳しくありません)
 
  
機能を比較して購入する際に大切なことは、、、

 

①筆圧の設定ができた方がいい

ペンタブレットの場合の筆圧とは、ペン先をクリックした時の感知度合のこと。軽いタッチのみでしっかり描きたいのか、しっかり描きたいときはぐっとタッチしたいのか、人それぞれかと思いますが、ある程度自分の使いやすい筆圧に設定できるかどうかで操作感は変わってきます。
 
筆圧の感知する度合いが高ければ高いほど感覚的に作業ができますし、筆圧に加えて画面上での動きがスムーズかどうか、というのも選ぶポイントになります。
 

②モニターとペンタブレットのサイズのバランス

モニターが大きいのにペンタブレットが小さい、又はその逆といった具合にバランスが悪いと、作業がしづらくなりますので気をつけましょう。画面の広さとペンタブレットの作業面積を一致させても、そもそも物理的なサイズが合っていないと同じ長さの線を引くだけでもやりづらくなってしまいます。
 
具体的にどれくらいのサイズがいいのか?という点は参考までにこちらをご覧ください。人それぞれ環境に個人差があるのでここでは触れませんが、モニターのサイズを伝えた上で店員さんに相談してみるといいと思います。同一メーカー、同一種類ならばサイズの違いで機能に差はないはずです。
  
**
 
また、物理的なサイズはデスク上の作業スペースなどの条件や持ち運ぶかどうかによっても決められると思いますし、純粋にサイズが大きい程高価になっていきますので、お財布との相談も必要ですね。
 


 
ここまでまとめてみると、いかに私がペンタブレットにこだわりがないか、というのがバレてしまうのですが…笑
 
 
これは会社員時代の話。上司は基本的にいつでも新しいペンタブレットを使用していました。でもやはり会社という場所ですので、新しいペンタブレットが出たからといってスタッフ全員が最新のものを使っているか、というとそうでもありませんでした。私自身、wacomはwacomでも大昔のグレーの(昔のwacomはグレー色でした)ペンタブレットで作業を強いられていたこともあります。
 
 
でも。実際レタッチをする上で、それで充分だったんですよね。
 
 
細かいことを言えば筆圧の感知度が低いとか色々あったかもしれませんが、レタッチ作業自体には特に支障がなかったですし、今も、まだ使えるからという理由で、昔使っていた化石のようなペンタブレットを未だに持っていたりもします。
 
とはいえ限度はありますが、少なくとも1台使えるものがあれば数年、10年以上?くらいはしっかり使い倒すことは可能です。

 


 

私がどうしてサイドキーを使用しないのかや、ペンタブレットの使用を推奨するメリットなど、ペンタブレットについてudemyのオンラインコース内でお話ししています。ペンタブレットに関しての動画は無料プレビューとして公開していますので、よかったらそちらも併せてチェックしてみてくださいね▼
 
 
Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

それでは今日はこのへんで。

 kotsume 🙂 



>> 
kotsumeのインスタはこちら🙂

被写体をどう切り抜くか。

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

先日、SNSでふいに流れてきた、こんな記事。

「写真映えしない場所で、プロが写真を撮ったらどうなるか」

非常に面白い内容でした。

米国の写真家、ジェナ・マーティンさんという方がトライしたこの企画。

撮影場所はどこにでもあるホームセンターで、味気ない照明売り場や、塗料のサンプル置き場やタイヤ売り場などなど。でも、ジェナさんがモデルを連れてきて撮影したそれらの写真は、撮影したままでも充分に、作品として見事に成り立っていました。

 
この記事を読んでいて私が感じたのは、写真のプロにかかればどんな場所でもフォトジェニックになる、なんていう単純なものではなく、

  
「良い写真とは、被写体をどう切り取るか」そこに尽きるなということ。
 
 
写真を撮るという行為そのものは、言わずもがな、カメラを構えて被写体を捉え、シャッターボタンを押す、というたったこれだけのシンプルな動きです。

でも、その被写体に対してどうアプローチしていくか、その方法は人それぞれで、そこが違うだけで良い写真にもなれば、イマイチな写真にもなり得ます。アプローチ、というのは単に撮影時の設定をどうするかだけではなくて、構図はもちろん、被写体が人物などの場合は被写体とのコミュニケーションもしかり。
 
 
 
十人十色、とよく言いますが、同じものを見て何を感じるか、というのは人それぞれ違いますよね。ジェナさんも自分自身が「写真映えしない場所」として選んだ場所、イマイチだと感じた場所で、おそらく試行錯誤して撮影したんだと思います。
 
どうすれば背景をドラマチックにできるか、
どうすれば被写体が魅力的に見えるか、
どんな構図にすればアーティスティックに切り取れるか
 
答えはきっと色々あって、絞りを開放気味に被写界深度を浅くして後ろをぼかす、とか、ぐっと寄ってみたり思い切って引いてみたり、とか。
 
 
こんな風に考えることって、プロに限らず良い写真を撮りたいと思っている人すべてに共通することじゃないでしょうか。
 
 
場所や被写体、撮影時の環境に対して様々なことを考えて、絞りやシャッタースピードなどの基本設定やレンズの種類、構図、色々なことをトライする。つまり、どうすれば良い写真を撮れるか、ということを常に考えるということです。
 
撮影する被写体によっては試行錯誤する時間もなく瞬間をどう捉えるか、ということになるかもしれませんが、それでもその被写体をどう切り取るか、という観点は同じです。
 
 
 
ここからはすごーく個人的、抽象的な話になってきてしまいますが、私もこれまでたくさんの撮影現場、カメラマンの仕事を間近で見てきて、うわーーー、そうきたかー!カッコいい!みたいなこと、たくさんあります。なんでこんなシンプルな設定や機材でここまでカッコいい写真が撮れるんだ、と思うこともたくさんあります。
 
撮影現場での私はオペレーション ( テザー撮影でリアルタイムに流れてきた写真をPCで確認・管理しながらカメラマンをフォロー ) をすることが多いのですが、たまにカッコ良すぎて「やばい」、みたいなことをぶつぶつ独り言を言ってしまうくらいです笑
 
まぁ、そんなため息ものの写真を撮影できるのがプロの世界でもあるんですが.…
 
 
プロの現場にいても、カメラマンがどうしたらもっと良くなるか、もっと、もっと、と考えて撮っているのが撮影している隣いると伝わってきます。

  
ジェナさんの今回の挑戦は、結果として「プロだから上手い」のではなくて、「プロだからこそ被写体の良さを最大限引き出せた」と言えると思います。プロだからこそ、どうすれば魅力的な写真にできるか、ということをとことん考え抜いて結果を出した、ということではないでしょうか。
 

  
と、いうようなことをこの記事 ( リンクは下へ ) を読みながらモヤモヤと考えていました。
 
私は写真では食べていけないと判断してレタッチへ転向した身なので、撮影に関して偉そうなことは言えませんが、最近写真を撮るとき、適当になっていたなぁと反省してしまいました。( もっぱらスマホかコンデジですが…  )
 
皆さんは、いかがでしょうか?被写体と、きちんと向き合えていますか?
 
ちなみに私の場合は、ま、多少の落ち度はレタッチすればいいや!というとっても悪い癖がついています。ダメですね。。。
 
 
そんなわけで、今回はとりとめもなく失礼しました。
今日はこの辺で。
 
 
kotsume 🙂 
 
 
今回見つけた記事はこちらです▼
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1802/06/news011.html

写真家:ジェナ・マーティンさんのブログ ( English )▼
http://jennamartinphotoblog.com/2017/11/19/lowes-photoshoot-2/


>> Today’s Photo !  for instagram.
kotsumeのインスタはこちら 🙂

Before


After

Spring is just around the corner !

*with Apps for smartphone
Photoshop Fix / Photoshop Mix