Photoshop写真加工の基本3 知られざるトーンカーブの使い方

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

もう随分前になってしまいましたが、私が考える、Photoshopの基本3つというお話をしたことを覚えているでしょうか?

今回はその3つ目。ずっと放棄していた ( ゴメンナサイ ) 最後の基本についてお話したいと思います。

▼ここまでのPhotosopの基本についてはコチラから▼
Photoshop本で挫折したあなたに伝えたい3つのこと
・基本1-1 Photoshop写真加工の基本1-1  レイヤーを侮るべからず
・基本1-2 Photoshop写真加工の基本1-2   プロはレイヤーをこう使う
・基本2-1 Photoshop写真加工の基本2-1   5分でわかる!マスクの仕組み
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-2   目指せマスク名人!
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-3   続・目指せマスク名人!


 
というわけで私が考える、Photoshopの基本その3。
 
3.トーンカーブを制すべし。
 
皆さんトーンカーブ、使っていますか?
 

 
実は私、トーンカーブって最強ツールだと思っています。
 
その理由は主に3つ。
 
 
 
1.トーンカーブだけで基本的な色やトーンの補正はほぼ完了できる。
 ー 他の色調補正ツールでできることの殆どが、トーンカーブでも可能です。
 
 2.マスク作成などにも大活躍!
 ー 私はよく、選択範囲・マスク作成、処理の確認のために使用します。
 
 3. マスクと併用しましょう!
 ー マスクを併用することで使い方は無限に。
  
 

基本的な使い方については別途記事を書かせて頂くとして、今回は、どのようにトーンカーブを応用して使っていくかをご紹介したいと思います。
 


  
 
1. トーンカーブだけで基本的な色やトーンの補正は完了できる。
 
まず。これはとても基本的なことですが、トーンカーブではシャドウ、ハイライト、そして中間調の明るさをそれぞれ別々に調整していくことができます。そして全体の明るさだけでなく、RGB ( Red Green Blue )、各色におけるシャドウやハイライト、中間の明るさ調整もすることが可能になります。

主な使用例として、
 
< 全体の明るさ調整では >
・ハイライトやシャドウの強弱
 -コントラストを上げたり下げたりすることが可能
・それぞれの明るさを別々で調整することが可能
 -最も暗い場所や最も明るい場所のみ、中間調のみにアプローチ出来ます
 
< RGB各色の明るさ調整では >
・部分的に色の明るさを調整
 -ハイライトのRedだけを強調する、シャドウのBlueを少し減らすなど。
・補色の色関係を使った色調整が可能
 -Redを下げるとシアンが強くなる、Blueを下げるとイエローが強くなるなど。
 

RGBと書いてあるプルダウンから、各色ごとの調整をすることが出来ます。
 
このような様々な使い方をうまく組み合わせていくことで、特定色域の選択、コントラストと明るさツールなどの操作に相当するような調整をしていくことができる、優れものツールなんです。
  
初心者の方にとっては色の調整などかなり難しい方法かもしれません。
 
ただ、RGBの色について、補色の関係について知った上でうまく使用すると、かなり細かく色の調整をしていくことができますので、ぜひマスターしておきたいツールと言えます。 

 


 
2. マスク作成・処理の確認にも大活躍!

 
直接レタッチをするためにトーンカーブを使用するのではなく、その補助として使用する方法です。
 
 
< マスク作成 >
色やチャンネル、Photoshopの自動認識の力 ( 自動選択や選択とマスク機能など )を使用して選択範囲を作成するとき、選択範囲を作成するためだけに、トーンカーブを使用することがあります。
 
Photoshopの機能を使用して選択範囲を作成する場合に、ひとつのポイントとなるのが、“ 境界線が判断しやすいかどうか ”
 
例えば。クイック選択ツールを使用するとき…

 
①何もしないで選択範囲を作りたい場所をクリックするとこのようになります。

コントラストを少しあげた状態で同じ場所をクリックしてみると…

何もせずにクリックしたときよりも、足元や背中のあたり、境界線をより的確にとらえているのがわかるでしょうか?
 
トーンカーブは下図のように調整しました。
( ハイライトとシャドウを強く、中間を明るくしています )

 
写真にもよってあまり効果がないこともありますが、
コントラストを上げる=境界線をよりハッキリと認識しやすくする
 
このような効果が期待できることが多いので、私も普段よく利用する方法です。ちなみに、ハイライトとシャドウ部分のみを均一に調整するコントラストツールよりも、自分の好きなように調整ができるトーンカーブの方が、微調整が効くのでお勧めです。
 
 
 
 
< 処理の確認 >
これはレタッチャーならでは、の使い方かもしれませんが、スタンプなどで肌をきれいにしたあと、処理の確認用にトーンカーブを使うことがあります。
 
 
スタンプなどをしたあとに、トーンカーブで全体のトーンをぐっと暗く( 明るく )すると、オリジナルの明るさでは見えてこなかったスタンプのムラ、消し残しなどが見えてくることがあります。これは非常に細かい話で、職業病的なところもあるんですが^^;
  
例えばこちら。
レタッチ前はそばかすが目立ちます。

 
▼綺麗にレタッチしたように見えますが…

 
▼トーンカーブで暗くしてみると…まだまだそばかすが隠れているのがわかります。

 
通常の明るさでは十分に綺麗に見えます。でも、レタッチ後のトーン調整などで暗くなったり明るくなったりすることで、このように消し残している箇所やスタンプのムラが見えてくることがあるんです。
 
 
これは、レタッチの精度をより高めたいときに有効な方法です。
 
ただし!あくまで確認用です!
 
試してみる場合は、下記のような注意点を覚えておいてください。
 
 
・すべてのレイヤーの一番上にトーンカーブを作成すること。
・最終的には必要のないトーンカーブだとわかるようにし、統合時には削除するのを忘れずに。
・ムラなどの修正をする場合は、必ずその確認用トーンカーブレイヤーの下で行うこと。
 
 
明るいトーンカーブや暗いトーンカーブをかけてみたりすることで処理の確認ができたり、オリジナルでは見えてこなかったレンズの汚れなどが発見できることもありますので、ぜひ一度 “ 確認用 ” のトーンカーブ、使用してみてください。より繊細なレタッチに役立てることができます。
 
 


   
 3. マスクと併用しましょう!
 
最後に。
 
これはトーンカーブに限ったことではありませんが、マスクと併用することでかなり細かな調整が可能になります。
 
 
主な使い道としては、
「 調整ツール ( トーンカーブ ) +レイヤーマスク+ブラシで調整 」
 
この使い方ができるようになれば、レタッチの幅はかなり広がります!
つまり、必要のない部分には調整がかからないようにする。この一言に尽きます。
 
 
今回ご紹介したポイント1、トーンカーブの様々な使用用途についても、マスクと併用することで、部分ごとに効果的に使うことができるようになります。
 
▼マスクを使用した部分的なレタッチ方法についてはこちらで詳しく解説しています▼
・基本2-1 Photoshop写真加工の基本2-1   5分でわかる!マスクの仕組み
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-2   目指せマスク名人!
・基本2-2 Photoshop写真加工の基本2-3   続・目指せマスク名人!

 

 


  
私のトーンカーブ愛については書ききれないくらいですが笑
 
実際に私の場合、簡単な人物のレタッチなどはスタンプすら使わずトーンカーブのみで全て調整してしまうこともありますし、どんな写真をレタッチするときも、とにかくトーンカーブばかり多用しています。
 
 
トーンカーブは写真の明るさ以外に細かくRGBの調整、つまり色を扱うツールなので、初心者の方にとっては難しい、という印象のあるツールかもしれません。ただ、コツを覚えてしまえばトーンカーブの使い道は無限、かなり使えるツールなので、使えるようになると使用頻度が高くなること間違いなしです。使用したことがない、という方はぜひ一度使ってみることをおススメします。
 
 
 
長くなってしまうので、基本的な使い方についてはまた別途。
それでは今日はこのへんで。
 
 
 
kotsume 🙂

 


>> Today’s Retouch !

 

 
このレタッチ、スタンプとトーンカーブのみで作業しています。いつかその方法をシェアできたらと思っています。
 
>> kotsumeのインスタはこちら🙂

Photoshop写真加工の基本2-3 続・目指せマスク名人!

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

マスクの解説もいよいよ終盤!
前回、マスクは合成をするためだけのものではない、としてご紹介したワザは、マスクを利用して部分的に補正をかける、というもの。

合成ではなく、少し違うマスクの使い方をオススメしました。

▼前回の記事はコチラ▼
Photoshop写真加工の基本2-2 目指せ!マスクの名人!


こちらが、前回使用したサンプル画像のオリジナル。そして、
マスクを部分的に使用して手前だけを明るくした画像。

オリジナル


手前だけを明るく


背景はそのまま、手前だけを明るくできています。
でも前回、
やり残した処理がひとつあるのを覚えているでしょうか?

それは…

②リンゴの赤みをもう少し足す。

基本的にやり方は前回と同じですが、この ” 色味を調整する “ケースを利用して、マスクの有効活用を勧めるワケについて、さらに解説していきたいと思います。

 


Photoshopについてある程度知識がある方、勘の良い方は、部分的に赤系の色だけを強くする、ハイライト(明るい部分)だけ調整する、といった場合には特定色域ツールなど、、マスクを使わなくてもその他のツールで同様のことが可能じゃないか!と思われるかもしれません。

もちろんそれもまた正解。

でもそこに潜む落とし穴が、あるんです。


改めて結論からもう一度言うと、
不必要な箇所をレタッチをしないために、マスクを使うことを全力でオススメします。

不必要な箇所をレタッチしない、これは前回も同じ。でも落とし穴とはどういうことなのか、、、、検証しながら、解説していきますね。


② リンゴの赤みをもう少し足す
皆さんならこの時、どのように補正をかけるでしょうか。今回は特定色域の選択ツール(※1)を使用してみたいと思います。手前だけ明るくした画像に、特定色域の選択でレッドの色を強くします。

*****補足************* 
※1 Photoshopが画像の中で同じ色味を使用されている箇所を自動的に判断し、各色ごとに彩度や明るさの調整が可能なツール
***********************

補正はこのような感じ。

すると、例1になりました。
例1

補正前

補正をかける前と比べてみると、少々分かりづらいかもしれませんが、赤い部分の赤みがより強くなっています。

でも。よーく目を凝らしてください。


▲背景のブランケット


▲カゴの色

補正前と比べると、背景のブランケットやカゴの赤みまで強調されているのがわかるでしょうか。

これこそが、落とし穴です。

解説すると、ブランケットやカゴの中にも、リンゴと同じ赤色が含まれている( とPhotoshop上で識別された )ために起こるケース。

これ、結構よくあるケースだと思います。まぁ、最終的にはこれもまた好みですし、雰囲気を損なわないならばこれでもOKです。

が、写真によっては…

この場所だけ調整したいのに、別のところも色が変わってしまう、なんてトラブルもあるでしょう。目ではあまりわからないレベルで不本意に、他の場所の色も引っ張られてしまいます。( 気づかず処理を進めると画像の劣化に影響が出ることも!)

必要な場所だけ補正をかけたい時こそ!
マスクを使いましょう!!


やり方の基本は前回と同じ。2度目なので、一気にいきます。

▼マスクの作成方法について詳しくはコチラ▼
Photoshop写真加工の基本2-2 目指せ!マスクの名人!

< STEP_1 >
調整レイヤーについているマスクを一度反転して真っ黒にする( = 全て隠す)

< STEP_2 >
ブラシツールを使って黒いマスクを部分的に白くする( = 赤みを強めたい箇所のマスクを消していく)

レイヤーパネルはこのような状態になります。
前回の明るさ調整をしたレイヤーに、さらに↑で作成した特定色域の選択レイヤー。
そのレイヤーのマスクを調整していくわけです。

▲レイヤーパネル


▲実際のマスク画面

その結果

▼例2 リンゴだけ赤みが強くなったもの



手前のリンゴの赤みだけを強調することができました。
もう一度比較してみると。。。

▼例1 全体の赤みが強くなっているもの

伝わりにくかったらすみません…m(_ _)m
具体的には、先ほど部分的に比較した部分が補正前の状態、赤くかぶっていない状態が変わらず維持できている画像ができました。

 


ここまで、いかがだったでしょう?

レイヤーのお話をした時に少し、私のレイヤーパネルがどのようになっているか、という画像をお見せしましたが、それを見てもわかるように、私はレイヤーのほぼ全てにマスクをつけてレタッチをしています。

▼その様子はコチラ
Photoshop写真加工の基本1-2 プロはレイヤーをこう使う

それこそまさに、このマスクの使い方をありとあらゆる場面で駆使しているから。
特に今回のように色が絡んでくる補正をかける場合。
マスクで隠してブラシで描き出す、というこのワザがかなり有効で、より丁寧にレタッチをすることが可能になります。

ついに3つの記事にまたがってしまいましたが・・・
こつめ的Photoshopの抑えておくべき基本2、マスクについての解説は以上です。

少しでも皆様の日々のお役に立てましたら幸いです。

 

kotsume 🙂


>> Today’s Retouch !



 >> kotsumeのインスタはこちら 🙂

Photoshop写真加工の基本2-2 目指せマスク名人!

こんにちは!
kotsume
です(・‿・)

さて、前回に続き今回もマスクのお話。私がマスクをPhotoshopの基本のひとつと考える理由や、マスクの便利な使い方などなど、少し掘り下げていきたいと思います。

と、その前に。

マスクの基本1、2共に、ベクトルマスクとは?クリッピングマスクとは?チャンネルマスク??といったような各〇〇マスクについての解説はいたしません!と、いうことを改めてお伝えしておきます。

理由は、まずはもっと有意義なマスクの使い方を知って頂きたいから。しいて言うならばレイヤーマスクを使用しての解説になりますが、前回もお話したように、一度マスクの” 種類 “から頭を離して頂ければと思います。

▼前回の記事はコチラ
Photoshop写真加工の基本2-1 5分でわかる!マスクの仕組み

さてさて。

前回、マスクは見せたい部分や隠したい部分を調整する、というお話をしました。そして、私は99.9%、マスクを使用してレタッチをする、とも。

皆さんがマスクを使用する時って、合成など、画像と画像を合わせる時でしょうか?見せたい部分や隠したい部分を調整することで合成や切り抜きができるという点こそ、皆さんがPhotoshopを利用する最大の理由と言っても過言ではないかもしれません。

でも。もっと身近なところでマスクを使用してみて欲しいんです

自分で撮影した写真をPhotoshopで自分の写真をもっと魅力的なものにしたい!と思ったら。様々なツールで明るさなどを変更して…と、いろいろ調整をしていきますよね。

その時、マスク、使っていますか??

そう、実は、私がここで最も伝えたかったのはこれ。

例えば…
・顔だけ明るくしよう
・このお花だけ鮮やかにしたい

などなど、” 〇〇だけ”どうにかしたい!、という場合。一度全体に処理をかけ、その希望の箇所をマスクで描き出すという使い方をオススメします。

というわけで、いよいよマスクの基本2です。

 

こちらの写真。

パッと見てもまぁ綺麗な写真ですが、例えば私なら…
①手前の少し影になっている部分、特にジャムとリンゴを明るく
②リンゴの赤みをもう少し足す

ということを考えちゃいます。この部分的な調整をするために必要不可欠なのが、マスクの存在なんですね。早速順を追ってやっていきましょう。

 


① 明るくする
おそらく皆さんの多くは、トーンカーブや明るさ調整ツール等で全体を調整するところからスタートしようとするはず。今回はまず、明るさ・コントラストツールの明るさ調整を利用してみます。全体を明るくすると、例1のように。

例1

これはこれで十分綺麗にはなっています。
でも、手前と背景の明暗差の度合いはあまり変わっておらず、背景も一緒に明るくなっていますね。そこで、特に手前だけを明るくしたいという時。

< STEP_1 >
明るさ・コントラストレイヤーに
付いている白いマスクを一度反転させる

白いマスク = 何も隠れていないという状況なので、マスクを反転(※1)させ、図のように全面黒いマスク( = 全て隠れる )に

ここでの注意点は、必ず下記2通りのいずれかで明るさ・コントラストレイヤーを作ること。
①画面上部に並ぶレイヤーをクリック → 新規調整レイヤー → 明るさ・コントラスト
②レイヤーパネル下部にある調整ツール選択のマーク→ 明るさ・コントラスト

イメージメニュー → 色調補正 → 明るさ・コントラスト、という方法もありますが、画像が直接明るくなってしまい、白いマスクが生成されないため、これからご紹介する方法は使えなくなります。


< STEP_2 >

ブラシツールを使って黒いマスクを部分的に白くする( = 明るくしたい箇所のマスクを消していく )。


▲ 実際のマスク画面


▲ 分かりやすいように白い部分を色で重ねた画像。ざっくり手前だけ塗っているのがわかるでしょうか。

ここで重要なポイントは、ブラシの使い方!
・ブラシのボケ具合( 境界線 )をぼかし気味に調整
・不透明度、流量共に100%ではなく10%前後など弱め、又は調整の度合いを弱めに(※2)

・ざっくりとふわっと描く


実際のレイヤーは、このようになっています。


その結果!

例2

手前だけが明るくなっているのがわかるでしょうか?
リンゴの形などをきれいに塗って白くするよりも、今回は自然光で撮られた風景写真なので、あくまで弱く調整を適用させる、境界線をなくす方が周囲となじみます。

逆に、物や建物などはっきりとした境界線がある、極端な調整が必要で差がハッキリと出てしまう、そんな時はきっちりと形取ったマスクを作成すべき場合もありますが、あくまで結果良ければ全てよし!、なので深く考えず写真によって判断していきましょう。

*****補足************* 
※1  ショートカット:Mac = command + I(アイ)    Win = Ctrl + I(アイ)  
※2 強めに明るくした時はブラシは5%以下にすることも。弱めに明るくした時は20%、30%、etc…。明るさ調整の強さによって加減が必要です。ブラシについてはまた後日解説します。
***********************

▼補正前のオリジナルの写真

▼マスクで部分的に明るさを調整した後

▼全体の明るさを調整した例1をもう一度比較

いかがでしょう?どちらが良いか、というのは正直好みですが…^^;

私は、全体を明るくした写真より部分的に明るくした方が自然な印象で明るくなっているので好きです♪


①のまとめ

マスクは、合成をするためだけのものではない。

マスクを効果的に利用して部分的に調整をかけることで、より繊細な仕上げ、レタッチをすることが可能になります。マスク×ブラシで調整の技、慣れてくるとどんな場面でも応用して使えるので、ぜひトライしてみてください。

「②リンゴの赤みをもう少し足す」編は、また次回!
今日はこの辺で。

kotsume 🙂  


>> Today’s Retouch for instagram.
 kotsumeのインスタはこちら🙂

水彩画風に仕上げてみました。