Photoshop:被写体を選択(検証編)

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

今回は、なかなか遅くなってしまって今更ですが…Photoshopの新機能について。

2018年1月、PhotoshopCCが新たにアップデートされました。
 
ちなみに私はまさにその瞬間、熱で床に伏しており、風邪が長引いた挙句に仕事にも追われていたために、お話するのがこんなタイミングに。。。ゴメンナサイ。
 
今回のアップデートでは、ブラシの管理機能やパス機能の進化、などこれまで定番だった機能が強化されている印象です。
 

  
中でも大目玉なのが、
選択とマスク機能に追加された【 被写体を選択 】という機能。

( 選択とマスク機能ウィンドウ )

  

知らない方のために少しお話すると、「選択とマスク機能」というのは、複雑な選択範囲を作成するために欠かせないツールです。境界があいまいだったり、髪の毛など、他のツールでは選択しにくい場所の選択範囲作成ができる、非常に便利な機能になっています。

選択とマスク機能は基本的にPhotoshop内で別ウィンドウを起動させて使用するんですが、今回その選択とマスク機能ウィンドウの中に新たに搭載されたのが、【 被写体を選択 】という機能。

以前、ADOBE MAXで既にデモンストレーションは見てきたのですが、ついに実装されました。

>> ADOBE MAX JAPAN 2017の記事はコチラ。
 
 


というわけで遅ればせながら、この機能について検証してみました。
 
率直な感想、結論から言います。
被写体と選択機能だけで作成した選択範囲は、
 
そのままの結果では切り抜きなど、「仕事には使えないレベル」です。

が…

大いに時短してくれる機能になると思います。

仕事に使えない、というのはあくまで “ そのままでは ”ということです。そしてもちろん、レタッチャーの立場として。
何枚か色んなタイプの写真を使用して検証した結果、私個人的な意見としては、
 
“ クイック選択ツールでなぞって選択していた部分を一発で選んでくれる ”、といった感じでした。
 
また、クイック選択ツールよりも性能は良くなっているようですが、写真によって差が大きく出るようです。というわけで以下、実際に何枚か比べてみた結果をご紹介します。
  


  
上画像がクイック選択でなぞって選択しただけの状態。下画像が被写体を選択機能をワンクリックして選択範囲を作成したものです。( クイック選択ツールは、境界線から少し内側をなぞって選択範囲を作成しています。)

< 例① >

背景や足元など、境界の曖昧な部分も一緒に選択範囲が作成された。
 

被写体を認識し、ハリネズミだけを選択。
 
 
< 例② >

ボウルの外のフルーツは、一つ一つ選択する必要アリ。
 

周辺のフルーツも選択したが、後で調整の必要アリ。
 
 
< 例③ >

背景との差があまりないため、背景も一気に選択されがちに。


クイック選択よりも素早く正確に、被写体を選択。
 
 
 
いかがでしょうか?
 
クイック選択ツールを使用した結果とほぼ変わらない、または少し精度が上がった、という印象です。
 
とはいえ、被写体の選択をクリックするだけ、つまり、ここを選んでほしいというこちらの指示ナシでこの結果ですので、これまでクイック選択ツールで一生懸命なぞっていた作業が一瞬で終わる、という意味ではものすごい進化だと言えます。
 
 
いくつか使用してみて思ったのは、まず、被写体の選択ツールを使用した結果はPhotoshopが何を「被写体」と認識するかによるんだなということ。
 
 
 
 
こちらは人物が並んでいる集合写真ですが、色合いだけでは境界線を捉えづらいにも関わらず、被写体を選択ツールでは見事に人物だけを選んでくれています。
 
< 例④ >

内側をなぞっても、背景が一部含まれた選択範囲に。
 


被写体をしっかり認識し、選択範囲が作成された。
  
 
< 例⑤ >
さらに、ここまで物とテーブルがハッキリと分かれていても…

各ツールをクリックする必要はあるが、まぁまぁ選択しやすい。
 
被写体と認識してくれたのは、真ん中のカッティングボードのみ。
 
 
< 例⑥ >
テーブルが暗くなると…

境界がハッキリした分さらに各ツールをワンクリックで選択しやすい。
  

真ん中のカッティングボードがないせいもあるかも知れないが、例⑤に比べると被写体と認識されたツールが増えた。
 


 
 
名前そのままの、被写体を一発で完璧に選択してくれる機能か、と言われると答えはNoです。というよりも、ご覧の通り、写真によるところが大きいようです。そしてやはり精度の高い切り抜きを求めるのであれば、被写体を選択した後に境界線調整ブラシなどで微調整が必要なことは言うまでもありません。
 
 
 
ちなみに、ここからは宣伝です笑
 
 
境界線ブラシなどの使い方、選択とマスク機能のより詳しい使い方、が知りたい方は私が講師としてお伝えしているudemyPhotoshopコースをぜひチェックしてみてください。我ながら、かなり細かく説明しているつもりですので、使い方のヒントになること間違いなしです。

▼講座はコチラ
Photoshop【切り抜き】編 現役プロの実況解説!書籍やネット通りでは上手くいかなかった「切り抜き」のコツ●時間講座
  
 
 
というわけで、次回は今回の検証についてもう少し、「Photoshop:被写体の選択(総評編)」をお伝えしたいと思います。
 
  
では今日はこの辺で。
 
 
 
 
kotsume 🙂
 


 
>>
 
kotsumeのインスタはこちら🙂

切り抜き画像が背景になじまないワケ。

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

今日は切り抜き合成のお話を少し。

Photoshopを使用して切り抜きした後、切り抜きとしてはそこそこ綺麗にできたのに
実際に別の写真にのせて合成してみたら、

「なんか浮いてる?」「一枚の写真に見えない!」「合成したの、バレバレかも…」

なんてこと、ありませんか?切り抜きはうまくいっているつもりなのに、どうして、綺麗になじまないのか?

 

切り抜きした画像の使用方法は主に、

①別の写真を背景として使用 ( 写真と写真を合成 )
②切り抜いたまま ( バナーやチラシ用として、白黒やカラーの背景に合わせる )


この2つのパターンに分けられるんじゃないでしょうか。そこで今回は、このパターンに沿って、「切り抜き画像が背景になじまない」、その “ 理由 ” についての話です。

 



①別の写真を背景として使用 ( 写真と写真を合成 )

 
 

        +


このハリネズミを、このリンゴの隣に並べたい!という場合。ハリネズミを切り抜いた画像を配置し、サイズ感を調整します。

するとこのように、少し合成感のある画像に ( 思ったより綺麗ですが…笑 )。

ではなぜ合成感が出てしまうのか、じっくり考えてみたことはあるでしょうか?合成感が出てしまう理由は基本的に、

1.   2枚の写真のピント感が合っていない
2.   光源の位置、光の当たる方向や影などが2枚の写真で異なる
3.   写真全体のトーンや素材感、質感が異なる

この3つ。
具体的には…

1.  2枚の写真のピント感が合っていない
全く違うシチュエーション、違うレンズ、カメラで撮影された場合は特に、単純に撮影時の絞り設定やピントの合わせ方が違います。このハリネズミとリンゴの写真ももちろん全く別のところから持ってきた素材ですので、同じわけがありません。

合成①では、ピントの合っている場所を合わせるために、瓶の後ろへ配置しました。
そう、このピントについて何も考えずに配置をすると、

こうなってしまうから。これでは、合成感丸出しです。

写真にはピントの合う範囲、“ 被写界深度 ”、という考え方があるのですが、2枚の写真を合成感なく合わせたい場合、このピント感は非常に重要なポイントになってきます。

ピントの合っている場所をぼかすのは簡単ですが、ピントの合っていない場所をシャープにするのは難しい、ということも覚えておきましょう。

 

2.   光源の位置、光の当たる方向や影などが2枚の写真で異なる
1と同じ理由ですが、もちろん撮影された場所や角度が違えば、光が違います。光源のある位置が変われば影の出方も変わりますし、その光の強さによって影の鋭さや明るさなども違ってきます。

 

3.   写真全体のトーンや素材感、質感が異なる
光源が違えば、光の色も同様に変わります。いわゆるホワイトバランスです。太陽光なのか蛍光灯なのか…パッと見た感じ同じだろうと思って合わせても厳密には違ってくるので、どこか違和感を覚えることも。

さらに素材感、というのはノイズの出方やシャープネスの強弱の違いなどが挙げられます。ノイズは撮影時の感度によって変化しますし、シャープネスは撮影時の設定によるところも大きいです。

 

このような3つのポイントに気をつけて、境界線や影などを調整すれば、



           ↓↓↓

このように、自然に仕上げることができます。

 



②切り抜いたまま ( バナーやチラシ用として、白黒やカラーの背景に合わせる )


デザインの一部として使用する場合、切り抜き画像の背景はおそらく色のベタ塗り、つまり一色で塗られたもの、もしくはイラストや模様などになりますよね。

このとき、ピントがどこに合っているかや、①で述べたような光の位置や方向などはあまり、問題にはなりません。

じゃあ切り抜いたそのままでいけるんじゃないか、と思ってもなんだかイマイチになってしまうのは、なぜでしょう?

 

その画像には、

切り抜く前の背景がエッジに残っていませんか?

先ほどのハリネズミを切り抜いて、Photoshop上で白い背景に載せてみると…



背中の針や耳のあたりなど、エッジがおかしいですよね。このエッジにある、切り抜いた針の周辺の色は、ハリネズミの背景の色が残っている状態。

そう、結構キレイに切り抜いた “ つもり ” でも違和感があるとき、そのほとんどがこのように背景の色が少し残ってしまっているというケースが考えられます。

この残った背景の色がなくなるだけで、こうやって、綺麗に見せることができます。

このような状態にしておけば、

 

白でも黒でも、他の色でもイラストでも。。綺麗に合成ができます。


パッと見た感じ切り抜き自体は綺麗なのに合成がうまくいかない、
というのは、実はプロであってもよくあること。

切り抜いた画像のエッジをぼかして背景となじませましょう、影をつけましょう、というだけの説明を多く見かけます。

でも、

本当に綺麗に合成をしたいのなら、大切なのは、合成をしたあと、しっくりこない違和感がどこにあるのか?をきちんと探ること。

いくら切り抜きの方法だけ知っていてもダメ。写真についての知識や見極める力も必要です。

というわけで、私がどのようにエッジをなじませて完成させたのか、それはまた別の機会に。。

 

kotsume 🙂 

All photo by Adobe stock & Retouched by kotsume


>> Today’s Retouch !
  + 
↓↓↓



>> 
kotsumeのインスタはこちら🙂


レタッチに描画力・デッサン力は必要?

 

こんにちは!
kotsume
です(・‿・)


最近、デッサンを習い始めました。

元々、一番好きな科目は美術。幼少期から鉛筆で絵を描いたりするのが好きだったんですが物心ついてからはもっぱら写真にハマっていたため、気づけば描かなくなってました。

でも最近になって、何かやろうかなと思った時に、思い浮かんだのが、絵。まだ日は浅いですが描いているとどんどんのめりこんでいって楽しいし、すごくリフレッシュできます。

上手いかどうかはさておき…、そもそも私、好きみたいです。

で、タイトルの話。

 


レタッチって、描写力、絵心があるのとないのとで結構変わる気がします。

光と影を捉える目、観察力はもちろん、細かい線を1本1本積み重ねていくのは細かいスタンプ作業を繰り返して仕上げる作業に似ているし。レタッチではペンタブレットを使用するので筆遣いがとても重要で、フリーハンドでマスクを調整するときなんかは特に、”線”を描くセンスが問われる気がします。

私が最近通っている教室自体は油絵、水彩、日本画などなどどんなものでも教えてくれる教室ですが、今、私はひたすら、デッサンをしています。


なぜならデッサンがすべての基本であり、自分の仕事のスキルアップに直結することがたくさんあるから。


実際きちんと教わってみるとレタッチに通ずるところばかりで、物の質感や形を鉛筆数種類を使い分けて表現する、
というのは本当に難しくて、奥が深い・・・光と影を捉える、物の形を捉える、影の描写、線を描く、とにかく観察する。。。なんていうことを教わりますが、すべてレタッチをしていく上でもとっても大事なことです。

そういう意味では、デッサンができる人はレタッチャー、向いているんじゃないでしょうか。


 

そうそう、興味深いことに、レタッチ業界にいるレタッチャーさん、私の知る限りでは美大卒の方が多い気がします。最初は写真、カメラからレタッチに転向する人が多いのかなぁって思っていましたが、実はそんなことなくて、意外に美大出身っていう人、よく聞きます。

美大卒、ということは専攻にもよりますがデッサン、できますよね。試験にも出るし。

ちなみに私は、写真を撮る側からレタッチ側へ転向しています。なので、撮影する側のこともある程度理解した上でレタッチに取り組める、というのは結構強みだったりもします。

 

もちろんデッサンができなくても大丈夫だし、レタッチも数をこなしていくと観察する力、想像する力は徐々に身についてきますが、色々な物、人、景色、アートなど、日ごろから観察眼を鍛えることをオススメします。

あ。。。と、自分でも笑っちゃったんですけど、鉛筆で描いていく中でたまに描く線を派手に失敗したりすると、私の左手、無意識で⌘+z(ひとつ前に戻るショートカットキー)押す動きをしてました笑

日々Photoshopで作業キャンセルばかりしている証拠!
⌘+zできないもどかしさを乗り越えて、これからもデッサン力磨いていきます。

では今日はこの辺で。

kotsume 🙂 

—————————————————————————————————–

 >> kotsumeのインスタはこちら🙂