レタッチに描画力・デッサン力は必要?

 

こんにちは!
kotsume
です(・‿・)


最近、デッサンを習い始めました。

元々、一番好きな科目は美術。幼少期から鉛筆で絵を描いたりするのが好きだったんですが物心ついてからはもっぱら写真にハマっていたため、気づけば描かなくなってました。

でも最近になって、何かやろうかなと思った時に、思い浮かんだのが、絵。まだ日は浅いですが描いているとどんどんのめりこんでいって楽しいし、すごくリフレッシュできます。

上手いかどうかはさておき…、そもそも私、好きみたいです。

で、タイトルの話。

 


レタッチって、描写力、絵心があるのとないのとで結構変わる気がします。

光と影を捉える目、観察力はもちろん、細かい線を1本1本積み重ねていくのは細かいスタンプ作業を繰り返して仕上げる作業に似ているし。レタッチではペンタブレットを使用するので筆遣いがとても重要で、フリーハンドでマスクを調整するときなんかは特に、”線”を描くセンスが問われる気がします。

私が最近通っている教室自体は油絵、水彩、日本画などなどどんなものでも教えてくれる教室ですが、今、私はひたすら、デッサンをしています。


なぜならデッサンがすべての基本であり、自分の仕事のスキルアップに直結することがたくさんあるから。


実際きちんと教わってみるとレタッチに通ずるところばかりで、物の質感や形を鉛筆数種類を使い分けて表現する、
というのは本当に難しくて、奥が深い・・・光と影を捉える、物の形を捉える、影の描写、線を描く、とにかく観察する。。。なんていうことを教わりますが、すべてレタッチをしていく上でもとっても大事なことです。

そういう意味では、デッサンができる人はレタッチャー、向いているんじゃないでしょうか。


 

そうそう、興味深いことに、レタッチ業界にいるレタッチャーさん、私の知る限りでは美大卒の方が多い気がします。最初は写真、カメラからレタッチに転向する人が多いのかなぁって思っていましたが、実はそんなことなくて、意外に美大出身っていう人、よく聞きます。

美大卒、ということは専攻にもよりますがデッサン、できますよね。試験にも出るし。

ちなみに私は、写真を撮る側からレタッチ側へ転向しています。なので、撮影する側のこともある程度理解した上でレタッチに取り組める、というのは結構強みだったりもします。

 

もちろんデッサンができなくても大丈夫だし、レタッチも数をこなしていくと観察する力、想像する力は徐々に身についてきますが、色々な物、人、景色、アートなど、日ごろから観察眼を鍛えることをオススメします。

あ。。。と、自分でも笑っちゃったんですけど、鉛筆で描いていく中でたまに描く線を派手に失敗したりすると、私の左手、無意識で⌘+z(ひとつ前に戻るショートカットキー)押す動きをしてました笑

日々Photoshopで作業キャンセルばかりしている証拠!
⌘+zできないもどかしさを乗り越えて、これからもデッサン力磨いていきます。

では今日はこの辺で。

kotsume 🙂 

—————————————————————————————————–

 >> kotsumeのインスタはこちら🙂

 

レタッチをただの写真加工だと思っているあなたへ

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

記念すべき初投稿…まずはじめに、ちょっと真面目なテーマから。
突然ですがみなさま、

「レタッチ」ってどういう意味だと思いますか?

レタッチを本職としているレタッチャーにとっては
悲しい話なのですが、業界では影武者のような立場なので、
まだまだ縁のない方には馴染みがない単語ですね…。

でも、意味なんて知ってるよ、ていう方。
はい、きっと「画像処理」や「画像修正」という答えでしょうか。

もちろん正解です。私も最初は撮影する側の人間でしたし、
「写真を修正するソフト」と思ってPhotoshopを勉強していました。

・後ろに入り込んでしまった余計なものを消したい
・少し暗いから明るく調整したい
・ちょっとお腹が出てしまっているので少し凹ませたい

などなど…
私をはじめPhotoshopを勉強してみたいという殆どの方が、
まずは上記のような、修正したいという理由がきっかけではないでしょうか。

でも、

長い間写真の世界でPhotoshopに関わっていくうちに、
私は考え方が変わりました。

(今から言うことは完全に私の持論であり、
さらに先生からの受け売りも入っています笑)

それは……

お仕事でPhotoshopを使えるようになりたいと思っている方も、
自分の写真の幅をもっと広げたいと思っている方も…

「より良い写真を作りたい」
という気持ちに切り替えてほしいということ。

あくまで「修正する」のではなく、「良い写真を目指す」という考え方で
レタッチをすることが、実はとても大事だなーと個人的にすごく感じています。

なぜ、後ろに映っている余計なものを消したいんでしょう?
    
それは、メインの被写体を目立たせることで、
より伝えたいこと、見せたいものを強調したら、
もっと良い写真になると思うからですよね?

Photoshopは、あなたの写真をもっと魅力的にしてくれるものです。

少し話がズレますが、
私はレタッチの先生や今までの経験から、
” 日常の中で目を養いなさい “ 
と教わりました。

と言っても写真集を見漁ったり
ひたすら写真の勉強ばかりをしろということではなく、
例えば、雑誌の表紙を見比べてちょっとした肌色の違いによる印象の差を研究する。
(広告写真は肌色を調整されていることが多いです)
はたまた電車の中で向かいの席の人の靴に
照明がどのように反射しているかを研究する。
(質感によってツヤの入り方などが全く異なります)

レタッチをしていく上で、質感や素材、陰影のグラデーションなどを
勉強することは非常に役に立つからですね。

そういうところに目を向けていくと、写真から受ける
印象や雰囲気などが少しずつ意識できるようになります。

難しく聞こえるかもしれませんが
でも、ただシンプルに、色んな写真はもちろん
色んな物を見て、質感や雰囲気の特徴を感じながら
かっこいい写真って?
綺麗な写真って?
ハッピーな写真って?
と考える癖をつけていけば、
そのうち自分なりの ” 考え “や” 答え”が蓄積されていきます。

あと、自分がどういう写真が好きなのかを研究するといいです。

その” 考え “や” 答え”が知らず知らず
自分の写真に還元できてくると、撮影した写真を見て、
もっとこうだったらもっと良くなるのにな…

と、思うようになってきます。

そして、その “願い” を叶えてくれるのが、
Photoshopなのです。

ただ漠然と使えるようになりたいって思って勉強するよりも、

自分の写真をもっとこうしたい!

という気持ちで勉強する方が絶対に楽しいです。

漠然とした思いで勉強すると絶対に挫折するし、
やりたいことが出来るように、って
勉強するほうがより多く身につきます。

だってPhotoshop、真面目にいちいち全部勉強しようと思ったら、
すんごく難しいですから笑

抑えておくべき基礎、ポイントはもちろんあります。
でもまずは、

やりたいことを実現するための使い方を知ることをお勧めします。

つまり、今回言いたかったことは、
レタッチ=ただの画像修正のテクニック ではなく、
レタッチ=自分が表現したい写真の姿を実現するための手段
ということです。

このブログでは、各ツールごとやテーマを設けて、
よくあるパターンを中心に解説していけたらと思っています。
もちろん写真によって使い方も変われば
人によってやりたいことも変わってくるので、質問も受け付けます。

でも、こう書いていたから

こういう時はこのツールでこの方法、
と、絶対に決めつけないこと。

自分の写真をより良くするためにはどうしたらいいか、
まずはそれが一番だと思います。

そこを忘れなければきっと、
しっかり身について応用できるようになると、
私は信じてます。

というわけで、まずは私の考え方を
知ってもらいたくてこんなお話をしてみました。

微力ながら少しでも、皆様のお力添えができれば。
そして、Photoshop-Holicな私のつぶやきを
楽しんでもらえたらと思います。

では…今日はこのへんで。

Kotsume 🙂

>> Today’s Retouch !

_mg_0775_b

_mg_0775_a