海外と日本のレタッチ事情の違いとは?

突然ですが昨年に続き、今年もアメリカに行ってきました!
 
昨年行った際にはAdobe本社やGoogleなどを巡ったこともあってそちらの話題がメインの記事を書かせていただきましたが、今回は、昨年も少し触れたのですが…海外と日本のレタッチの違いについて、ちょっとお話してみたいと思います。
 
 
昨年の記事はこちら▼
シリコンバレーのAdobe本社に行ってきました。


 
日本と海外、広告写真の違い


私は普段から化粧品関連のレタッチをすることが多く、海外ブランドの日本版、というお仕事もよく引き受けています。具体的には、既に仕上がったレタッチを日本仕様にする、といったような内容のものがほとんど。(主にアメリカのブランドですが)
 
既にレタッチしているのに何をするの?と思われるかもしれませんが、リップの色を変えたり肌のトーンを調整したり。
 
 
同じブランドの同じシリーズの中でも、海外で売られている商品、日本で売られている商品とでは、カラー展開やパッケージなどが違うことがあります。海外では派手目の色だったものが日本版では少し落ち着いたカラーになっていたり、肌のトーンの方向性も全く違います。アメリカでは多種多様な人種向けにかなり濃い色味があっても、日本人の肌は黄色。さらに一般的に白い肌を綺麗とする傾向が強いからか、濃い色味のファンデーションは全く
販売していない、といった感じに。
 
 
これは特に化粧品広告の場合だと思うのですが、海外用と日本用とでモデルや写真は同じでも、メイクをガラッと印象の違うものにするという修正指示があったりします。訴求ポイントが違うからだとは思いますが、ラメやカラーでギラギラなメイクを、思いっきりナチュラルにしてくれ、といった無茶振りもしばしば…。

 
 



肌はツルツル!が当たり前なのは日本特有?

日本の雑誌や街頭で見かける化粧品の広告って、基本的に映っているモデルはみんな肌がツルツルですよね。きっと、誰もそこに疑問すら持たないと思いますが、駅などで大きく貼られた広告を見ても、化粧や照明で肌がシミひとつなく綺麗だったり、もしくは元々の肌が綺麗かのように見えるもの (ほぼレタッチが入っていると思ってくださいね)、がほとんどかと思います。
 
でも海外の場合。シワは普通に残っているし、毛穴も結構目立っている広告、結構あります。
 
 
例えばこちら。某ブランドの化粧品広告の一部です。いずれも、英語版サイト、日本語版サイトから引っぱってきたものですが、肌色、レタッチの仕上げ方、全然違いますよね?
 


  
 
 
US版にあるこの口元のシワや目頭や涙袋の小じわ。ご覧の通り、日本版では自然に綺麗になっています。私のこれまでの経験からも、日本ではこのまま残しておくなんて、まずまずありえません…。さらに、肌色も日本向けに白っぽく綺麗になっています。
 
 
一応、語弊がないようにしておきたいのですが、綺麗にレタッチされている広告も海外にもたくさんあります!(笑)

 
でも実際にアメリカのデパートやドラッグストアなどで化粧品売り場をチェックしてみると、意外にも日本のように執拗にレタッチしている、という化粧品広告はあまり見かけません。

 
日本でも数年前からナチュラル志向のレタッチになってきたとは言われていますが、アメリカのようにはいかないみたいで…様々な事情により、日本で展開するためにツルツルにする、といった仕事を引き受けることが結構多いのが現状です。
 
 


 

ファッション誌の違い
 

レタッチのみにフォーカスしましたが、そもそも。ファッション誌のあり方も大きく違うように思います。
 
今回アメリカで、US版のVOGUEとBAZAARを買ってきました。日本でも書店に行けば購入出来るので(めちゃくちゃ高くなっていますが…) 見たことがあるかもしれませんが、海外の雑誌って、紙質からボリューム、内容も結構違います。
 
 
日本の方がサイズも大きいものがほとんどで、紙質もよくてページ数もほぼ倍。比べると一目瞭然!一番上が日本版VOUGEです。
 

 

 
  
日本の場合、とにかくたくさんの流行や最新の情報、占い、特集、コーデ案やメイク提案などなど。しっかり ”読み物” として成り立っている印象があります。付録つきのものも今では当たり前ですし。
 
でも、海外の雑誌ってそうでもなくて。
 
ファッション × モデルやタレント、アーティスト × フォトグラファーでコラボのような写真集みたいなページがあったり。情報だらけの日本版に比べて読むより見て楽しむもの、といった印象があります。
 
VOGUEに関しては昔、一度見比べたことがあるのですが、イタリア版、イギリス版、アメリカ版、フランス版、いずれも日本とは全く異なる印象だったのを覚えています。
  
  
そういえば、同時期の海外版雑誌をいろいろ見比べることで撮影の流行り、みたいなものも見えてくると教わったことがありますね。
 


 

私の場合は完全に職業病的ですが。。海外に行くとついつい、広告や本屋で雑誌などをチェックしてしまいます。
 
写真だけでなく色づかいなども含めて結構お国柄があって面白いので、デザイナーさんなんかは、配色とかも結構参考になるかもしれないですね。というわけで、もし海外に行くことがあったらぜひ、広告などをチェックしてみてください^^

kotsume 🙂 


>> kotsumeのインスタはこちら🙂

Photoshop、美肌の作り方を動画で:udemy新コース公開!

 

昨年よりオンライン講師として参加させて頂いているudemyというオンライン教育プラットホームにて、新たに肌レタッチの新コースを公開しました!

Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

こんにちは、kotsumeです(๑・‿・๑)
 

みなさんは普段、Photoshopを使用した肌の修正、肌のレタッチをするでしょうか?広告写真のようなあのキメの整った肌、あの美肌、どうやったらできるんだろう??そう思ったことはありませんか? 


本当は違う、プロの肌修正の仕方。

検索したらたくさん出てくる美肌の作り方、スキンレタッチの動画など…簡単!と銘打って紹介されている方法は、どれも間違いではありません。ただ、確かに手順としては簡単!かもしれませんが、ハイパスがどうとか、レイヤーの描画モードがどうとか…拝見していると他にもいろいろ。ちょっと聞きなれないツールを使用して、小難しいものが多いですよね。
 
簡単と言いつつややこしくてちょっと難しそうなのに、それぞれ何をやっているか詳細な説明もなく、数学の公式を覚えるかのごとく手順だけ、そしてただ、肌をぼかして終わっているものがほとんどのように思います。
 

ぼかしてごまかして肌を綺麗にする、という方法はプロの現場、広告写真の現場では全く通用しません!!

 
私は普段化粧品の広告をメインにレタッチ、肌の修正をすることが多いのですが、広告の世界、実際の現場では、マネキンのようなつるつるの肌ではなく、よりリアルな肌、本来の肌が持つキメを残したレタッチ、キメを整えるようなレタッチが求められます。

そして実際に、レタッチャーが広告で使用するようなキメ細かな肌を作る方法というのは、実はとってもシンプル。

 
 
その方法とは…

スポット修復ブラシツール、そして、コピースタンプツール、たったのこの2つをメインに使用するだけ。

厳密にいえば、もっと他のツールを使用したプロならではの方法というものもあります。でも、基本中の基本は2つ。もっと言うとコピースタンプツールさえあれば、広告写真のような美肌を作ることは可能です!!
 
これらの作業はとても地道で根気のいるものになりますが、作業自体はとてもシンプルで、どんな肌も綺麗にすることができますし、基本を理解すれば、肌だけでなく必ず応用できる方法です。

 
 
今回udemyで公開したレクチャーの中では、細かい作業になるため、基本的にペンタブレットを使用していますが、マウスでも大丈夫です。(マウスだと大変になるので、ペンタブレットを強く推奨していますが…^^;) さらに、ペンタブレットの動きも同時に撮影していますので、実際にどのようにペンタブレットを使用しているか、作業風景を見ることもできます。
 
 
Photoshop中級から上級者を目指したい方にも、作業がシンプルだからこそ初心者の方でも、どんな方にもきっと役に立つテクニックになっていますので、ぜひ、トライしてみてください!

▼udemyのコースはこちらから▼
Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

 


 

レタッチャーの私が教えたい、プロの技。肌レタッチの極意が90分に!

私は主に化粧品広告、人物写真のレタッチを得意としています。そんな私が普段、どのようなことに気をつけてレタッチをしているか、人物写真のレタッチのコツなどもコースの中でお話していますので、きっと、ご参考になると思います。
 
どちらかと言うと、各ツールの使い方云々の説明よりも、そちらの方が大切かも。。笑
 
 

 

それでは皆様のご参加、楽しみにしています!!
 
 
kotsume 🙂

 

レタッチャーになるための方法

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

改めまして、私の職業はレタッチャーです。
( 何度も読んでくださっている方はご存知ですね… )
 
今回は、「レタッチャーになりたい!」という方のためにちょっと、いや、かなりピンポイントなお話をしようかなと思います。
 
レタッチャーについてもっと知ってもらいたい、という密かな想いも込めて笑
 
 


こんなにもレタッチが当たり前の世の中なのに、

レタッチという言葉も
レタッチャーという言葉も
一般的にはあまり知られていない言葉のように思います。
 
 
私はもともと撮影と同時にPhotoshopを使用したレタッチそのものが好きだったので「レタッチャー」、という職業は知っていました。
 
 
でもいざレタッチャーになってみると、目立つのはフォトグラファーのみ。
 
 
日常的に作品と一緒にクレジット( 名前 ) が載ることもほぼありませんし、作品です、と自分のHPなどに載せることすら厳しく、クライアントによっては絶対に無理な話。( 相手がタレントさん、商品だったりするので )
 
寂しいのですが縁の下の力持ち、裏方の作業だから仕方ない…と諦めるしかありません。。。
 
 

まぁ、日の目を浴びたくてやっているわけではないので構いませんが、それでもこの秘密裏な仕事、海外のようにもう少し表に出てメジャーになればいいのに、と思ってしまう私です (-_-; )
 
 


  
私もレタッチャーになりたい!という思いが芽生えたとき。果たしてどうやってなればいいのか???さっぱり検討もつきませんでした。
 
 
まずはなんとなく触っていたPhotoshopを抜け出してレタッチャーになるために、ある程度学校のようなところできちんと勉強をしました。
 
 
でも、レタッチャーへなるためのきっかけはなかなか見つかりません。
 
 
というのも、求人を探しても求められているのは経験者ばかり。
 
 
たまたま参加したレタッチ関連の某セミナーで登壇していたレタッチャーの方に、「どうやったらレタッチャーになれますか?」とストレートに聞いてしまうくらいにわかりませんでした笑
 
その時の答えは今となってはあまり覚えていないんですが、、確か、やっぱり会社に入って経験を積むしかない、といったような内容だった気がします。( 入るきっかけがないのにー!と内心突っ込みましたが。 )
 
 
結局私の場合、行きたかったレタッチ専門の企業のHPで未経験者可、というかなり奇跡的な求人情報を見つけ →  面接 → 超幸運なことに採用!、というのがレタッチャーとしての始まり。( カメラマンのアシスタントをして現場経験があったのも決め手の一つかも。)
 
 
でもこれはあくまで私の場合の話。あの時、全くの未経験できちんとした企業に入れたのはかなり奇跡だと、今思い返してもそう思います。
 
 


きちんとした専門学校などでレタッチの勉強をした方であれば、もしかしたら学校へ求人情報が多く寄せられているかもしれませんね。でも、
 
 
レタッチャーという職業に興味があるけどどうしたら良いかわからない、という方へ。
 
 
レタッチャーという仕事は、レタッチ専門企業でなくても色んなところに潜んでいる、ということを知っておくと良いかもしれません。
 
 
専門企業でなくても、例えば大手出版社や広告代理店直属の撮影スタジオにもレタッチャーがいます。フォトスタジオなどにレタッチャーが所属していることも多いです。他にも、特にトップフォトグラファーの方であれば直属のレタッチャーを抱えていることもあります。( これはかなり狭き門で、募集があってもそれこそ要経験者のみ対象で難しいかもしれませんが )
 
 
そう、結構色んなところに潜んでいるんです、私たち。。。笑
 
 
様々な場所のレタッチャー募集をどうやって探すか、というと。

写真業界では有名な、COMMERCIAL PHOTOという雑誌の後ろの広告ページや、そのオフィシャルサイト、Shuffle by COMMERCIAL PHOTOというところにもしょっちゅう求人が載っていたので、私はよくチェックしていました。
 
あとはひたすら、アナログ的に検索!熱い気持ちが大切笑
 
大手レタッチ企業の求人はもちろん、制作会社をたくさん探したり、色々とトライしました。募集がかかってなくても直接メールしてみたりして。
 
 
 
企業をいくつか経験してフリーになった今、これは個人的な結論ですが、
 
  
( レタッチャーに限らず )まったく自分に横の繋がりも経験もないことに挑戦するとき、とにかく同じ土俵に飛び込んでみる。完全に私の持論ですがこれに尽きます。
 
 
まずはとにかく、どこかレタッチ業界、写真業界の隅っこでもいいので飛び込む隙を探してみてください!
  
 
とにかくアシスタントでもなんでもいいから「レタッチ」という仕事が少しでも出来るなら、なんとかレタッチャーの現場に潜り込むことが出来たら、それでひとまずOKです。
 
少しでも土台が出来たら、それをバネに違う会社、違う場所へどんどん進んでいけばいい、くらいの気持ちでいましょう。経験者募集に応募しやすくなりますし、経験が浅くても希望の企業に入れさえすれば、そこからは努力次第です。
 
ここだけの話?実を言うと他業界に比べて写真業界で転職って、あまりマイナスな印象はなく、転職していくことで横の繋がりがたくさん出来るというメリットも大きいです。
 
それに当たり前ですが会社の雰囲気や働き方、待遇面なども違えば、実はPhotoshopの使い方なども各社の “ 色 ” があったり、上司や先輩ならではのテクニックも色々なので、転職が大きなスキルアップに繋がることも考えられます。
 
実際のところ私自身も含めて周りを見ても、各社渡り歩いて今に至る、というレタッチャーは結構いて、みんなそれぞれ自分の働きやすい会社、居心地のよい職場を探しながら、レタッチャーとしてのキャリアを積んでいるように思います。
 

 
もちろん、運よくレタッチ要因として最初に入った会社が合っていて、そこで経験が詰めるなら、ずっと同じ場所で働けるなら、それはそれは素敵なこと!なので、これはまぁひとつの意見として、頭の片隅に留めておいて頂ければ幸いです。
 
 


 
どうしても、全くレタッチャーへのきっかけが作れないときは。

  
 
こればっかりはタイミングもあるのでどうしようもできないことも多いですが、もし嫌でなければ、
 
方向を少し変えてみてもいいかも。
 
 
現像ソフトなどに強い方であれば、レタッチャーにはなれなくてもまずはデジタルオペレーターとして頑張ってみる、という方向も考えられます。

デジタルオペレーターというのはよくフォトスタジオに常駐しているスタッフなんですが、たまに募集がかかることがあります。主に現場でのPC周辺のサポート(テザー撮影の手伝いなど)、現像作業など関わる作業は、後々レタッチャーとしてのスキルに役に立ちますので決して無駄にはなりません。
 
私もたまにオペレーション要因でのお仕事をすることもあり、そのまま現場で少しレタッチする、という作業も多々発生します。
 
 


 
最後に。
 
 
業界的にも仕事も人も、横に繋がっていく傾向を強く感じます。なので、とにかく業界の片隅でもいいのでどこかにいて、業界を知りつつ、スキルをどこかで磨きつつ、人脈を作る。
 
そう、
人脈作り、シンプルですが一番大切かも。
 
特にフリーを目指したりする場合はすごく大事です。今現在わたしがフリーでやっていけるのも、これまでの横の繋がりのおかげに他なりません。
 
 
 
というわけで。
意気込んで書いてみたわりにこれ!といった方法でもなかったですが。私の経験談と、私が考えるレタッチャーになるためのヒントをまとめてみました。参考になったでしょうか??
 
 
少しでも未来のレタッチャーの力になれば、と思います^^
 
 
 
それでは今日はこの辺で。
 
 
 
kotsume 🙂
 


 
>> Today’s Retouch !
そばかすの女の子をレタッチ。

 
  
▼肌と顔にかかる髪の毛を綺麗に。そして陰影感の調整

  
 
▼少しだけメイク。


 
Photo by Adobe stock & Retouched by kotsume.

>> kotsumeのインスタはこちら🙂