ペンタブレットの選び方について

オンラインコースを作成しているudemyにて、“ペンタブレットのメーカーやバージョンなどによる操作感の違いがあれば教えてほしい”、という質問を受けましたので、このブログで詳しくお答えしたいと思います。
 
 
こんにちは、kotsumeです(・‿・)
 
7月のはじめに公開したばかりのPhotoshop肌修正編コーの中で、レタッチをする際、ペンタブレットの使用を強く推奨しています。
 
  
その理由は大きく2つ
 
 
まずは、マウスでは難しい作業も、ペンで作業することでより感覚的にできる、つまり操作感の向上が可能であること。そして、細かなレタッチをしていく際、ペンタブレットの方が手に負担をかけずに済む、ということ。
 
 
オンラインコースの中では、ペンタブレットについているサイドキーなどの特別なキー操作には一切頼らず、“ペン”さえあればどんなものでも良い、とお話しています。とはいえ、どんなものがいいのか?ということで少し、まとめてみますね。
 
 
 
※あくまでフォトレタッチを前提としてお話をしていますので、ご了承ください。 


 
< まずはじめは、“ペン”操作ができればいい >

“ペン”さえあればどんなものでも良い、というのはメーカーや種類が違っても同じことが言えます。

私は会社員時代から、大手メーカーwacomのIntuos Pro シリーズを使用しています。高機能な設定もできますが特別な機能は何も使用せず、基本的に必要なのは“ペン作業”のみだと思っています。メーカーの違いについては実際に他のペンをほぼ使用したことがないので説得力がないかもしれませんが…語弊がないように言い換えると、
 
 
画面上、Photoshop上で実際にペンで滑らかに描くように作業が出来ればなんでもいい、と思っています。
 
 
ただ、これはあくまでもサイドキーなどを全く使用しない私個人の、ただの好み、ということも補足しておきますが…。もし、まだ一度もペンタブレットを使用したことのない方がどんなものを買おうか迷っているなら、家電量販店などに置いてあるテスト用の実機で使用感を確認して買う事をおススメします。
 
まずはじめは使った感じがしっくりくるか、ペンを握った感じが良いものや見た目などの好み、そしてイラストに使用するのか写真に使用するのかでメーカー特性や売り出し方も変わってくるので、店員さんと相談しながらで十分かと思います。
 
お金に余裕があるなら最初から最新で、高級・高機能とうたっているものを買ってもいいですが、絶対にそうすべき、ということもなくて。“とりあえずまずは使ってみる”、くらいの気持ちで大丈夫です。
 
そう、大事なことは、まずは使ってみること。そして、自分がペンを扱えそうかどうか判断することだと思います。
 


 

< 機能性の違いによる選び方について >

wacomの中でもイラストに特化して使いやすくなっているものや、写真向けのものでもProシリーズやそうでないものといった具合に、同一メーカーでも種類によって機能や性能に違いがあります。
 
写真のレタッチの場合は、私が持っているIntuos ProのようにサイドキーにショートカットやEnterなどのキーを登録できたり、ホイールと呼ばれる丸いボタンでブラシサイズを簡単に変えることができたりと、カスタマイズ性が高い、機能的なものがあります。(そしてその機能の恩恵を全く受けていないのは私ですが…笑)
 
一方、イラスト用に作られているペンタブレットはトレースがしやすい作りになっていたり、おそらくペン自体にも色々な工夫があるのではないかと思います。(イラスト用に関してはすみません、詳しくありません)
 
  
機能を比較して購入する際に大切なことは、、、

 

①筆圧の設定ができた方がいい

ペンタブレットの場合の筆圧とは、ペン先をクリックした時の感知度合のこと。軽いタッチのみでしっかり描きたいのか、しっかり描きたいときはぐっとタッチしたいのか、人それぞれかと思いますが、ある程度自分の使いやすい筆圧に設定できるかどうかで操作感は変わってきます。
 
筆圧の感知する度合いが高ければ高いほど感覚的に作業ができますし、筆圧に加えて画面上での動きがスムーズかどうか、というのも選ぶポイントになります。
 

②モニターとペンタブレットのサイズのバランス

モニターが大きいのにペンタブレットが小さい、又はその逆といった具合にバランスが悪いと、作業がしづらくなりますので気をつけましょう。画面の広さとペンタブレットの作業面積を一致させても、そもそも物理的なサイズが合っていないと同じ長さの線を引くだけでもやりづらくなってしまいます。
 
具体的にどれくらいのサイズがいいのか?という点は参考までにこちらをご覧ください。人それぞれ環境に個人差があるのでここでは触れませんが、モニターのサイズを伝えた上で店員さんに相談してみるといいと思います。同一メーカー、同一種類ならばサイズの違いで機能に差はないはずです。
  
**
 
また、物理的なサイズはデスク上の作業スペースなどの条件や持ち運ぶかどうかによっても決められると思いますし、純粋にサイズが大きい程高価になっていきますので、お財布との相談も必要ですね。
 


 
ここまでまとめてみると、いかに私がペンタブレットにこだわりがないか、というのがバレてしまうのですが…笑
 
 
これは会社員時代の話。上司は基本的にいつでも新しいペンタブレットを使用していました。でもやはり会社という場所ですので、新しいペンタブレットが出たからといってスタッフ全員が最新のものを使っているか、というとそうでもありませんでした。私自身、wacomはwacomでも大昔のグレーの(昔のwacomはグレー色でした)ペンタブレットで作業を強いられていたこともあります。
 
 
でも。実際レタッチをする上で、それで充分だったんですよね。
 
 
細かいことを言えば筆圧の感知度が低いとか色々あったかもしれませんが、レタッチ作業自体には特に支障がなかったですし、今も、まだ使えるからという理由で、昔使っていた化石のようなペンタブレットを未だに持っていたりもします。
 
とはいえ限度はありますが、少なくとも1台使えるものがあれば数年、10年以上?くらいはしっかり使い倒すことは可能です。

 


 

私がどうしてサイドキーを使用しないのかや、ペンタブレットの使用を推奨するメリットなど、ペンタブレットについてudemyのオンラインコース内でお話ししています。ペンタブレットに関しての動画は無料プレビューとして公開していますので、よかったらそちらも併せてチェックしてみてくださいね▼
 
 
Photoshop上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

それでは今日はこのへんで。

 kotsume 🙂 



>> 
kotsumeのインスタはこちら🙂

Photoshop:被写体を選択(総評編)

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)
 
 
前回の記事で、2018年1月のアップデートで選択とマスク機能の中に新たに追加された「被写体を選択」機能について、実際に使用した結果を検証編としてお話しました。
 
>> Photoshop:被写体の選択(検証編)の記事はコチラ。
 
 
今回はその続き、総評編です。( ←あくまで、個人的な意見ですのであしからず )
 


 
前回の検証結果から私が感じたこと。“ 被写体の選択 ”という名前の通り、Photoshopが境界線ではなくて「被写体」を認識しようとしてくれるこの機能は、
 
 
 
これまでの選択ツールとは全く別物、全く新しい機能だということ。
 
 
 
Adobeが収集したありとあらゆるデータベースをもとに、被写体を認識しているようです。つまりそう、これこそADOBE MAXのお話をしたときにもお伝えした、
 
AdobeのAI機能、“Adobe sensei”のなせる業なんです。
  
 
これまでのPhotoshopの選択範囲作成は、その多くが色やピントなどで判断して選択範囲を作成していました。でも被写体を選択の機能では“ Adobe sensei ”が、「被写体」が何か、というある意味曖昧で正確?な判断基準を持って選択範囲を作成しているようです。
 
 
 
現時点ではおそらく選択範囲を作成したい写真によって、その威力を実感できるかどうかは変わってくるでしょうが、なんせAIなので、アップデートの度にどんどん進化していくのではないかと思います。
 
 


 
 
私は選択とマスク機能ができるずーーーーっと前から、髪の毛だろうが何だろうが色んなツールを使用して、様々な選択範囲を作成してきました。
 
 
ですので、選択とマスク機能ができたときの驚きと感動ももちろん覚えています。
 
 
そんなPhotoshopの歴史の流れを考えてみても、人工知能が搭載されて、撮影した張本人でもないのに被写体を勝手に判断する、こちらが選択範囲を作りたい場所を想定して選択してくれるなんて、本当に夢のような機能でしかない!
 
 
 
いつかこの機能だけで一瞬で切り抜きが終わる、なんてもっと夢のような話が実現するかなぁと考えたらちょっとワクワクしますね。ゆがみ機能なんかもとんでもない進化を遂げているようですし。。この進化で切り抜きという面倒な作業が任せられる分、その他の、人間にしかできない作業に集中できるようになっていくと思います。
  
 
Photoshopだけでなく、Adobeだけでなく、AIの進化は目覚ましいものがあるので、こちらも色々と古い殻にこもっていてはダメだなと感じつつ…これからのAdobe senseiの進化から目が離せません^^
 
  
では、総評編はこの辺で。
 
 
被写体を選択の機能が、皆さんの選択範囲作成をもっともっとラクにしてくれますように。
 

  
kotsume 🙂


>> Today’s Photo !  for instagram.
>> kotsumeのインスタはこちら 🙂

  


 

Photoshop fixでユリ以外の彩度マイナス。

 
インスタの調整で全体のトーン調整。
少し色あせた印象に。 
 
Lily with Wine red Color
*with Apps for smartphone
Photoshop Fix / Photoshop Mix 

Photoshop:被写体を選択(検証編)

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

今回は、なかなか遅くなってしまって今更ですが…Photoshopの新機能について。

2018年1月、PhotoshopCCが新たにアップデートされました。
 
ちなみに私はまさにその瞬間、熱で床に伏しており、風邪が長引いた挙句に仕事にも追われていたために、お話するのがこんなタイミングに。。。ゴメンナサイ。
 
今回のアップデートでは、ブラシの管理機能やパス機能の進化、などこれまで定番だった機能が強化されている印象です。
 

  
中でも大目玉なのが、
選択とマスク機能に追加された【 被写体を選択 】という機能。

( 選択とマスク機能ウィンドウ )

  

知らない方のために少しお話すると、「選択とマスク機能」というのは、複雑な選択範囲を作成するために欠かせないツールです。境界があいまいだったり、髪の毛など、他のツールでは選択しにくい場所の選択範囲作成ができる、非常に便利な機能になっています。

選択とマスク機能は基本的にPhotoshop内で別ウィンドウを起動させて使用するんですが、今回その選択とマスク機能ウィンドウの中に新たに搭載されたのが、【 被写体を選択 】という機能。

以前、ADOBE MAXで既にデモンストレーションは見てきたのですが、ついに実装されました。

>> ADOBE MAX JAPAN 2017の記事はコチラ。
 
 


というわけで遅ればせながら、この機能について検証してみました。
 
率直な感想、結論から言います。
被写体と選択機能だけで作成した選択範囲は、
 
そのままの結果では切り抜きなど、「仕事には使えないレベル」です。

が…

大いに時短してくれる機能になると思います。

仕事に使えない、というのはあくまで “ そのままでは ”ということです。そしてもちろん、レタッチャーの立場として。
何枚か色んなタイプの写真を使用して検証した結果、私個人的な意見としては、
 
“ クイック選択ツールでなぞって選択していた部分を一発で選んでくれる ”、といった感じでした。
 
また、クイック選択ツールよりも性能は良くなっているようですが、写真によって差が大きく出るようです。というわけで以下、実際に何枚か比べてみた結果をご紹介します。
  


  
上画像がクイック選択でなぞって選択しただけの状態。下画像が被写体を選択機能をワンクリックして選択範囲を作成したものです。( クイック選択ツールは、境界線から少し内側をなぞって選択範囲を作成しています。)

< 例① >

背景や足元など、境界の曖昧な部分も一緒に選択範囲が作成された。
 

被写体を認識し、ハリネズミだけを選択。
 
 
< 例② >

ボウルの外のフルーツは、一つ一つ選択する必要アリ。
 

周辺のフルーツも選択したが、後で調整の必要アリ。
 
 
< 例③ >

背景との差があまりないため、背景も一気に選択されがちに。


クイック選択よりも素早く正確に、被写体を選択。
 
 
 
いかがでしょうか?
 
クイック選択ツールを使用した結果とほぼ変わらない、または少し精度が上がった、という印象です。
 
とはいえ、被写体の選択をクリックするだけ、つまり、ここを選んでほしいというこちらの指示ナシでこの結果ですので、これまでクイック選択ツールで一生懸命なぞっていた作業が一瞬で終わる、という意味ではものすごい進化だと言えます。
 
 
いくつか使用してみて思ったのは、まず、被写体の選択ツールを使用した結果はPhotoshopが何を「被写体」と認識するかによるんだなということ。
 
 
 
 
こちらは人物が並んでいる集合写真ですが、色合いだけでは境界線を捉えづらいにも関わらず、被写体を選択ツールでは見事に人物だけを選んでくれています。
 
< 例④ >

内側をなぞっても、背景が一部含まれた選択範囲に。
 


被写体をしっかり認識し、選択範囲が作成された。
  
 
< 例⑤ >
さらに、ここまで物とテーブルがハッキリと分かれていても…

各ツールをクリックする必要はあるが、まぁまぁ選択しやすい。
 
被写体と認識してくれたのは、真ん中のカッティングボードのみ。
 
 
< 例⑥ >
テーブルが暗くなると…

境界がハッキリした分さらに各ツールをワンクリックで選択しやすい。
  

真ん中のカッティングボードがないせいもあるかも知れないが、例⑤に比べると被写体と認識されたツールが増えた。
 


 
 
名前そのままの、被写体を一発で完璧に選択してくれる機能か、と言われると答えはNoです。というよりも、ご覧の通り、写真によるところが大きいようです。そしてやはり精度の高い切り抜きを求めるのであれば、被写体を選択した後に境界線調整ブラシなどで微調整が必要なことは言うまでもありません。
 
 
 
ちなみに、ここからは宣伝です笑
 
 
境界線ブラシなどの使い方、選択とマスク機能のより詳しい使い方、が知りたい方は私が講師としてお伝えしているudemyPhotoshopコースをぜひチェックしてみてください。我ながら、かなり細かく説明しているつもりですので、使い方のヒントになること間違いなしです。

▼講座はコチラ
Photoshop【切り抜き】編 現役プロの実況解説!書籍やネット通りでは上手くいかなかった「切り抜き」のコツ●時間講座
  
 
 
というわけで、次回は今回の検証についてもう少し、「Photoshop:被写体の選択(総評編)」をお伝えしたいと思います。
 
  
では今日はこの辺で。
 
 
 
 
kotsume 🙂
 


 
>>
 
kotsumeのインスタはこちら🙂