切り抜き画像が背景になじまないワケ。

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

今日は切り抜き合成のお話を少し。

Photoshopを使用して切り抜きした後、切り抜きとしてはそこそこ綺麗にできたのに
実際に別の写真にのせて合成してみたら、

「なんか浮いてる?」「一枚の写真に見えない!」「合成したの、バレバレかも…」

なんてこと、ありませんか?切り抜きはうまくいっているつもりなのに、どうして、綺麗になじまないのか?

 

切り抜きした画像の使用方法は主に、

①別の写真を背景として使用 ( 写真と写真を合成 )
②切り抜いたまま ( バナーやチラシ用として、白黒やカラーの背景に合わせる )


この2つのパターンに分けられるんじゃないでしょうか。そこで今回は、このパターンに沿って、「切り抜き画像が背景になじまない」、その “ 理由 ” についての話です。

 



①別の写真を背景として使用 ( 写真と写真を合成 )

 
 

        +


このハリネズミを、このリンゴの隣に並べたい!という場合。ハリネズミを切り抜いた画像を配置し、サイズ感を調整します。

するとこのように、少し合成感のある画像に ( 思ったより綺麗ですが…笑 )。

ではなぜ合成感が出てしまうのか、じっくり考えてみたことはあるでしょうか?合成感が出てしまう理由は基本的に、

1.   2枚の写真のピント感が合っていない
2.   光源の位置、光の当たる方向や影などが2枚の写真で異なる
3.   写真全体のトーンや素材感、質感が異なる

この3つ。
具体的には…

1.  2枚の写真のピント感が合っていない
全く違うシチュエーション、違うレンズ、カメラで撮影された場合は特に、単純に撮影時の絞り設定やピントの合わせ方が違います。このハリネズミとリンゴの写真ももちろん全く別のところから持ってきた素材ですので、同じわけがありません。

合成①では、ピントの合っている場所を合わせるために、瓶の後ろへ配置しました。
そう、このピントについて何も考えずに配置をすると、

こうなってしまうから。これでは、合成感丸出しです。

写真にはピントの合う範囲、“ 被写界深度 ”、という考え方があるのですが、2枚の写真を合成感なく合わせたい場合、このピント感は非常に重要なポイントになってきます。

ピントの合っている場所をぼかすのは簡単ですが、ピントの合っていない場所をシャープにするのは難しい、ということも覚えておきましょう。

 

2.   光源の位置、光の当たる方向や影などが2枚の写真で異なる
1と同じ理由ですが、もちろん撮影された場所や角度が違えば、光が違います。光源のある位置が変われば影の出方も変わりますし、その光の強さによって影の鋭さや明るさなども違ってきます。

 

3.   写真全体のトーンや素材感、質感が異なる
光源が違えば、光の色も同様に変わります。いわゆるホワイトバランスです。太陽光なのか蛍光灯なのか…パッと見た感じ同じだろうと思って合わせても厳密には違ってくるので、どこか違和感を覚えることも。

さらに素材感、というのはノイズの出方やシャープネスの強弱の違いなどが挙げられます。ノイズは撮影時の感度によって変化しますし、シャープネスは撮影時の設定によるところも大きいです。

 

このような3つのポイントに気をつけて、境界線や影などを調整すれば、



           ↓↓↓

このように、自然に仕上げることができます。

 



②切り抜いたまま ( バナーやチラシ用として、白黒やカラーの背景に合わせる )


デザインの一部として使用する場合、切り抜き画像の背景はおそらく色のベタ塗り、つまり一色で塗られたもの、もしくはイラストや模様などになりますよね。

このとき、ピントがどこに合っているかや、①で述べたような光の位置や方向などはあまり、問題にはなりません。

じゃあ切り抜いたそのままでいけるんじゃないか、と思ってもなんだかイマイチになってしまうのは、なぜでしょう?

 

その画像には、

切り抜く前の背景がエッジに残っていませんか?

先ほどのハリネズミを切り抜いて、Photoshop上で白い背景に載せてみると…



背中の針や耳のあたりなど、エッジがおかしいですよね。このエッジにある、切り抜いた針の周辺の色は、ハリネズミの背景の色が残っている状態。

そう、結構キレイに切り抜いた “ つもり ” でも違和感があるとき、そのほとんどがこのように背景の色が少し残ってしまっているというケースが考えられます。

この残った背景の色がなくなるだけで、こうやって、綺麗に見せることができます。

このような状態にしておけば、

 

白でも黒でも、他の色でもイラストでも。。綺麗に合成ができます。


パッと見た感じ切り抜き自体は綺麗なのに合成がうまくいかない、
というのは、実はプロであってもよくあること。

切り抜いた画像のエッジをぼかして背景となじませましょう、影をつけましょう、というだけの説明を多く見かけます。

でも、

本当に綺麗に合成をしたいのなら、大切なのは、合成をしたあと、しっくりこない違和感がどこにあるのか?をきちんと探ること。

いくら切り抜きの方法だけ知っていてもダメ。写真についての知識や見極める力も必要です。

というわけで、私がどのようにエッジをなじませて完成させたのか、それはまた別の機会に。。

 

kotsume 🙂 

All photo by Adobe stock & Retouched by kotsume


>> Today’s Retouch !
  + 
↓↓↓



>> 
kotsumeのインスタはこちら🙂


PHOTOSHOP写真加工の基本2-1 5分でわかる!マスクの仕組み

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

今回のテーマはこつめ的Photoshop3つのポイント2。
( 遅くなってすみません )

『マスクの仕組みを理解する』というお話。

Photoshopについて学び始めて色んな書籍やWebサイトを巡っていると、レイヤーとほぼセットで出現するこの「マスク」という言葉。

皆さん、マスクってどのように理解していますか?

レイヤーと同じように○○マスク、○○マスク…と語尾に「マスク」とついた色んな名前で登場してきて、?????ってなってる方も多いかもしれません。

でもね、でも・・・・

マスクの考え方は、全て同じです。

今みなさんが知っている各マスクの名前、そのマスクの前についている”○○”、一旦全部忘れましょう!!

そこで今回はまず、マスクっていったいどんなモノなのか超基本的なところから解説してみたいと思います。


解説の前に、マスクを使用したシンプルな例をひとつ。

画像①


画像②

マスクを使って、この2枚の画像をこのようにすることができます。
↓ ↓


さて、なんだか間違い探しのようですが笑、画像①をベースに、画像②のマウスを合成しました。

これは、ごくごくシンプルにマスクを使用した合成の一例。今回はこの画像を元に、話を進めていきたいと思います。

マスクとは、簡単に一言で説明すると、このように各レイヤーを目隠ししたり見えるようにしたりできるもの、です。

レイヤーは通常、常に一番上にあるレイヤーの表示が最優先になっています。例えば全く同じサイズ、同じ画角の写真を2枚レイヤーで重ねると、上の写真を非表示にしないと下の写真は見えません。

ここからレイヤーの仕組みについてすこーし、寄り道しますので、説明不要の場合はこちらから^^

例えば下記のような場合。

レイヤーAの上に、全く同じサイズのレイヤーBがのっていますね。

これは単純に、レイヤーA( 例えば紙だとしましょう )の上に、ぴったりレイヤーB( 別の紙 )が重なっているだけ、と考えると理解できるでしょうか。

この、レイヤーBを非表示にして下記のような状態にすると…

レイヤーAのみが表示され、下のように。

 

そしてレイヤーBを表示している ( = 目のアイコンがついている )下記のような場合、

今度はレイヤーBのみが表示されます。
 

 このように、上にあるレイヤーが不透明度100% ( = 透けないので下のレイヤーが見えない※1 )だった場合、上のレイヤーを削除、または非表示 ( ※2 ) にしない限り、下のレイヤーは全く見えません。

*****補足************* 
( ※1 ) 例えば 、今回のように写真や、べた塗り( =色で塗りつぶした )レイヤーなどが挙げられます。
( ※2 ) 各レイヤーの一番左にある目のアイコンをクリックで切り替えます。
→ 

▼『レイヤー』についての関連記事はコチラ 
Photoshop写真加工の基本1-1 レイヤーを侮るべからず
Photoshop写真加工の基本1-2 プロはレイヤーをこう使う

***********************

 

でも。
背景レイヤーAの写真に、上に乗っているレイヤーBのマウスだけをのせたい、一部だけを表示したい、つまり、合成したい!

と思った時。

レイヤーBにマウスの形に沿ったマスクをつけてあげると、レイヤーAの上に、レイヤーBのマウスだけを表示することができます。

下記のようなレイヤーの状態で…

じゃんっ!合成が完了します。

全てのレイヤーの一番左にはアイコンや画像が表示されています。

そしてそのレイヤー( ここではレイヤーB )にマスクを作成する( やり方はここでは省略 )と、その右側に真っ白真っ黒、はたまたその2色で描かれたアイコンが表示されるようになります。

そう、この右側に出来るアイコンこそが、マスク。

マスクは全て、白と黒のモノクロで描かれています。

そのモノクロのマスクがついているレイヤーBに対して

黒い部分が、レイヤーBを隠している箇所 = 下のレイヤーが透過して見える
白い部分が、レイヤーBが “見える” 箇所 = 下のレイヤーの上に重なって表示される

全面真っ黒なマスクになっていればレイヤーBは視覚的には全く見えない状態。
逆に、真っ白なマスクになっていればレイヤーBが全面に表示される状態。

さて、先ほどの合成に使用しているマスクがこちらです。

真っ黒、真っ白という言い方をしているのは、この白と黒の濃度を調整することによって重なり方、見え方が変わってくるから。上の画像のように白い部分が完全に 100%真っ白の場合、下のレイヤーの上に画像( レイヤーBの一部 )を貼ったようになります。さらに、少し透けていたりすれば、その透け具合によって下のレイヤーが透けてくる、というわけです。

具体的には、

このマスクの白い部分を上記のように、真っ白ではなく、うっすら黒で塗ると・・・

このように、マスクの濃度が変わって半透明になります。もちろん、ブラシでいかようにも調整が可能です。

※実際このように透かしてのせたい場合、様々な方法がありますが、今回はマスクの説明なのでマスクで調整。

このように、見せたい部分だけを見せる、不要な部分を隠す。これが、マスクの基本的な仕組みです。


さて、ここまででいかがでしょうか?
初歩的なところから説明させて頂きましたが

この概念こそ、○○マスク、○○マスク、
全てのマスク共通の考え方なんです。

今回のマスクは厳密にはレイヤーマスク、と呼ばれるものですが、その他にもベクトルマスクやクリッピングマスクなど様々な特徴を持った ” マスク ” が存在します。ただ、見せたい部分と隠したい部分を調整する、という意味では考え方は同じ。

きっと、今まで色んなところで色んな名前であなたの前に出てきた “マスク”達。ちょっとややこしいな〜と苦手意識を持たれていた方も、名前にとらわれず、まずはこの基本的な考え方を頭に入れておきましょう。

この考え方、やり方を様々な場面で応用するため、私は、マスクを使わないでレタッチすることは99.9%ありません!

絶対になくてはならない、皆さんにもガンガン使って頂きたい必須ツールのマスク。次回はその便利な使い方について、もう少し詳しくお話ししていきたいと思います。
 

では、今回はこの辺で・・・・

 


kotsume 🙂 

 



>> Today’s Retouch !

      +

   ↓ ↓


 >> kotsumeのインスタはこちら 🙂