レタッチ作業環境のおはなし。

 

こんにちは!
kotsumeです(・‿・)

ここのところ肩こり、首痛からくる
頭痛があまりにひどかったので、
急遽マッサージを。
たった20分だけど、救われました…

実は下積み苦労時代から酷使して
身体を壊しまくり、20代前半にして
” おばあちゃんの身体 “ と呼ばれた私。
様々な整体やマッサージを転々とし、
最終的にご縁でずーっとお願いしている、
ゴッドハンドの持ち主がいるんです。
( 人気爆発でお願いできなくなると困るのでナイショ )

ほんと、定期的に身体もメンテしないとダメなんですね。。

というわけで本日は、
そんな身体にとってとても大切な、
レタッチの作業環境について。 

皆さん、レタッチをしていると、スタンプとか楽しくなって、( もしくはやらなきゃいけなくて… )、ついつい何時間もやっちゃいませんか?

モニターを見ながら何時間もかじりつくと
どんどん姿勢が悪くなって身体はガチガチ、
まばたきも減って目も疲れるし、
たまに息することを忘れちゃうことも(  ←意識してないとほんとに息止まります私 )。

レタッチャー( 特に会社 )は、朝から晩まで、何なら朝から朝まで途切れることなく、ずーーーーーーっと、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっと、画面とにらめっこしています

よくサラリーマンやOLの方がデスクワークが辛くて疲れる…と言いますが、間違いなく、レタッチャーの方がPCにしがみついて仕事をしています。 ( 言い過ぎだったらごめんなさい )

しかもレタッチの仕事はピクセル単位、トーンカーブなども時に1%の差だって使い分けるほど繊細な作業ばかり。さらに出力(プリント)して色を確認したり、とにかく”目”をよく使い、ひたすら”手”を動かし、デスクから殆ど離れません。

 

それでもレタッチャーが、毎日長時間
仕事を続けられるのはなぜか?


その答えは、いたってシンプル。

作業環境が整っているから
です。その作業環境とは主に…

1.モニターのキャリブレーション( 画面の色調整 )が出来ている
2.長時間座っても疲れない椅子( 大体10万以上するものが殆ど )を使っている
3.適切な環境光である ( 作業する部屋の電気のこと )
4.マウスではなく、ペンタブレットを使用する

——————————————————-

1については、ちょっと専門用語で書きましたが、簡単に言うとレタッチに適したモニターを使っているということ。表示画面の色調整、明るさ等々がきちんと数値で調整・管理されているモニターですね。( とても難しいので、今回は詳細は割愛 )
通常のPCモニターやテレビなどは輝度(明るさ)が高く、派手めな色再現がされているため、長時間見続けると目がとんでもなく疲れます。

また、一般的に売られているモニターは細かい色調整は難しく、別売りでキャリブレーションをとる( = 色調整をする )ための機材ももちろんありますが、写真・広告業界で使用されている筆頭格といえば、EIZOのColor edge
中古であっても新品の他メーカーより高いですが、もう、これがないと全く仕事になりません!

——————————————————-

2について。椅子も、
ハッキリ言ってお金がモノを言う世界。
有名なところでいうと、こちらでしょうか。疲れが全然違います。
金額が高い上に、ひとつ20キロ以上( 2017年1月現在 )とかなり重いので個人で持つにはなかなかですが、業界のレタッチャーが何年働いても倒れないでいられるのは、間違いなくハイクラスな椅子のおかげだと思います。

——————————————————-

3、環境光。部屋の電気なんてなんでもいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、煌々と照っている光のもとで長時間作業するのは意外と疲れるもの。色を見なければいけない時はきちんとしますが、たまに私も暗めの部屋で黙々とレタッチしていることがあります。

もっと細かい話をすると、色を正確に見るための色評価用ライトと呼ばれるものがあったり、部屋の色温度( カメラの色温度の概念と同じ )はこれぐらいがベスト、という基準があったりします。( これもとても難しい話 )

——————————————————-

 そして、最後に忘れてはいけないのが4のペンタブレット。言わずもがな、レタッチャーはマウスは使いません。


 

私自身レタッチの会社に初めて勤めたとき、多くの方が裸眼( 勝手にメガネが多いと思ってました )で、さらに腱鞘炎になることもなく、来る日も来る日もひたすらレタッチしている姿を見てとっても驚いたこと、今でも鮮明に覚えています。

その後実際に自分も同じ環境で働き初めて、
作業環境の大事さを思い知らされました。

今日みたいにマッサージに駆け込んだり、まばたき不足?によるドライアイで眼科に行くこともあるし、太陽の光が辛くて夏場はサングラス必須、携帯の画面も1日中ナイトモードでないと光が強くて見ていられない…くらいには長年にわたって身体張ってます。。

それでも視力は裸眼で両目共に1.2!
絶対に作業環境のおかげだと思います。

ご紹介した全てを実現することは難しいと思いますが、作業環境を侮って長時間作業し続けるのは、本当に気をつけましょう。

では、今日はこのへんで。

 

kotsume 🙂 


>> Today’s Retouch !

インスタ風に、おもちゃっぽくしてみました〜

>>  kotsumeのインスタはこちら🙂

フリーランスの心得。

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

師走。

突然ですが先日、わたくし派手にお腹を壊しました。病院では胃の風邪、とも言われたしノロの疑いがある、とも言われました…

ちょうどクリスマスのご馳走を終えたその晩に胸やけと吐き気で夜中に目が覚めるという最悪な状況…

相当しんどかったですorz

クリスマスがちょうど日曜日、そして年末ということもあって駆け込み仕事やら大掃除やらでバタバタだったタイミング。

とはいえ会社への連絡、通勤できるか等々、現場の仕事や約束事がなければそんな悩みは皆無なのがフリーランス。

これはとてもありがたいことで、フリーランスにとって最大のメリットですね。ちょっとお腹痛いとか具合が悪くて動けないとき、朝はわりと自分のペースで良いので、フリーランスでよかったなって思うことがよくあります。

ですが今回は、、、
どうしても、送らなければいけない
データがあったクリスマス明けのその日。

先方にメールを送るくらいのことは寝ながらでもできますが(すみません笑)、体調は最悪。

朝起きた時点でレタッチどころの話ではない私。

幸い、クリスマスの週末で作業時間が取れそうにないと見込んで月曜日のための仕事をほぼ終わらせていたので、力を振り絞ってデータの確認だけしてメールを1通送信完了、事なきを得ました。

これでもし、月曜日のチェックだから月曜日にはじめよう、と出来る作業を後回しにしていたら…先方に何かしらことわりのメールを入れていたかもしれません。
運良くデータチェック日を延長できたとしても、おそらく1日が限界でしょう。

いろいろ想像するとぞっとしました。


そう、仕事のON / OFFが自分次第なのは最大のメリットであると同時に、それは“代わりがきかない”という最大のデメリットでもあります。

 

自分が抱えている仕事を完了できるのは、自分だけ。ちょっと具合が悪いからといって他の人へ引き継ぐことはできません。

 

緊急を要する事態ならば多少スケジュールの調整くらいはできるかもしれませんが、、そんなことばかりしていたら、おそらく仕事がなくなります。今回は珍しく完全にダウンしたので、改めて代わりのいないツラさを痛感しました。

と、いうわけで。
今回のことで再度、改めて誓った教訓をまとめておきます。
( 半分は自分のために )

 

その①
出来る仕事はできる時に終わらせておく。
まぁ、未来の自分への保険みたいなものでしょうか。

その②
日常の健康管理を怠らないこと。
これはもう会社員よりも必須。絶対。
うっかり夜更かししたり、朝寝すぎてしまったり、、、我が家の場合は旦那さんも毎日きっかり定時に出るというサラリーマンではないので、結構朝の自由度が高く…ずぼらな私にとっては毎日同じ時間に起きるのもなかなかタイヘン。

でも、結局はこれに尽きますね。
毎日を大事にしましょう。

 

そんなこんなで、最終的に発熱までありましたが、ノロというよりはただの食アタリだったようで…2日ほどゆっくりしていたら随分良くなりました。
無事に実家に帰省して年が越せそうでほっとした。。

皆さまも、食アタリにはくれぐれもご注意くださいね。
良いお年を!!!

kotsume 🙂

 


> Today’s Retouch for instagram.
kotsumeのインスタはこちら🙂

フリーランス → 主婦兼業になって気付いたこと

 

こんにちは!
kotsumeです(๑・‿・๑)

私はこれまで、レタッチ専門の企業で働くごく普通の会社員でした。
とはいえ広告業界という超多忙な世界において、勤めてきた会社でビシバシ鍛えられ、ほぼ休みのない業界特有の激務に敗れ、、、
数年にわたり紆余曲折。

結果、フリーランスという道を選択しました。

もちろん自分がまさか事業主になるなんて夢にも思わなかったですが、周囲からの後押しもあり、半ば勢いで一人で飛び出しちゃったんです。

今でこそ大きな街頭広告や、大手化粧品メーカーやアーティスト写真など様々なお仕事を頂いている私ですが、もちろん最初から仕事があるわけもなく、貯金は皆無。
フリーランス生活はめちゃくちゃ苦しかったです。。。

しかし、試行錯誤しながらの生活の中でめでたく旦那さんに巡り会い、あれよあれよと結婚に至ったとても強運な私。今はとても自由に、やりたいように働かせてもらっています。

旦那さん自身も会社員であり事業主という顔も持って特殊な働き方をしているので、時々仕事が立て込んで徹夜になったり、逆に時間を持て余して呑気に過ごしていたりという妻の自由奔放な生活っぷりを、何も言わずに認めてくれています。

( 自分の環境って本当にものすごく恵まれていると思う。。。)

さて、ここまで「自由」「自由」と書きましたが、

フリーランスという働き方は、決して「=自由」ではありません。

特に私の場合は基本的にクライアントありきの仕事なので、スケジュールのコントロールの自由がきかないこともたくさん。

スーパーで仕事の電話を受けて慌てて自宅へ戻ったり、晩御飯の支度中に急な修正依頼が来てご飯はそのまま放置…なんてしょっちゅう。仕事とプライベートのON / OFFはかなり難しいです。

そんなわけでフリーランスになって間もない頃、空き時間に買い物へいきたい、でも急ぎの案件、修正の返事を待たなきゃ…

ああああ、、、家から出られない!!!

とモヤモヤしっぱなしでした。
その後取引先や自分の作業のパターンや状況を把握して判断できるようになり、大分マイペースを保てるようになってきたのも束の間…

結婚したら、さらに『 主婦 』という肩書きが増えました。

一人暮らしの頃のように仕事がなければ朝はのんびり、ご飯は適当、お洗濯もお掃除もそこそこ、なーんてさすがにそんなわけにもいかないので、二人きりとはいえ、これがまたなかなか忙しい….。

それにまだ新婚なので笑、料理も手を抜かず修行中、インテリアもキレイに素敵にしたいし…と過ぎていく毎日…。全然ダメだなーと思いながら母、そして世の全ての働く主婦、ママさんたちは本当に偉大だ、と身に染みて感じています。

主婦って、すごいです。

特に家事をこなしがら頑張っている事業主の方、本当に自分で自分をコントロールしないといけないわけですから、会社に働きに出る方よりもある意味大変。

朝起きる時間
仕事を始める時間
旦那さんのためにご飯を作る時間
買い出し( 食料品だけでなく日用品を買い足すのだって一苦労! )
お掃除
お洗濯…

フリーランスなんだから、自由でしょ?好きな時に行けるでしょ?って思っているあなた、大間違いです。特に私のように対クライアントさんのお仕事をしていて、いつどのタイミングで仕事の連絡がくるのか、全く予想もつかない中での主婦業は、思っているよりも大変。

私の場合仕事も大好きだけど、プライベートはきっちり確保したいと思うタイプ。
なので家事をこなしている時や遊んでいる時くらいは、仕事の連絡は受けたくない。

けどそうもいかないわけで。


家にいる間は” プライベート ” と割り切れる会社勤めの方が、ちょっとだけ羨ましくなる時もあります。


でも、モヤモヤする時は、好きなことを仕事にしていること、そして仕事ができることが幸せだ!と思って日々頑張るだけ。

まぁ自分が選んだ道なので当たり前ですね。



最終的にフリーランスで働く上で最も大切なことは、きっと自分の仕事にやりがいや誇りを持つこと。それが一番のモチベーションなんです。

と、日々、自分に言い聞かせてやっています。( 私は自分に弱いので、何もできていない時=やる気がない時なのでとってもわかりやすい…笑 )

なんだかとりとめもなく想いを書きましたが、これからこのブログを通して、自分がフリーランスになってみて感じた不安とか、女性ならではの想いとか…他の人ってどうやってるんだろうな、みたいなものを共有していけたら嬉しいです。

実際色々な局面で困った時にググってみたこともあったのですが、なかなかクリエーター × フリーランス × 女性 or 主婦の方って、想いを発信されている方が少ないみたい。

フリーランスに憧れている方や、まさに今現在フリーでお仕事を頑張っている方。
特に、女性フリーランスの皆さんへ向けたお話もしていけたらと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

kotsume 🙂

>> Today’s Retouch !
img_3523_b 

img_3523_a

*ちょっと大げさですが美味しそうに。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-22-50-36